ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

死にたいと思って僕のブログを訪れた方へ。

f:id:reon5653desu:20170202183632j:plain

 

どうも、ラッキーマンです。

 

はてなブログの検索アクセス解析を見たら↑のような検索ワードがズラッと出てきたのでちょっと驚いてしまいました。

 

「僕のブログは死にたいと思っている人たちがたどり着く場所なのか。」

 

確かに以前にも何度か「死にたいと思っている人へ」なんて記事を書きましたし、先ほど「ニート 死にたい」というワードで検索したらなんと1位と2位が僕の記事でした。

 

f:id:reon5653desu:20170203114311j:plain

 

おそらく他にこういう記事を書く人があまりいないからだと思います。検索で1位を取るのはありがたいんです。でも同時に「もう死んでしまいたい」と思っている人が僕の記事にたどり着いたとして、はたしてその方達の役に立つ記事なのだろうか?とも考えてしまいます。

 

そんな疑問があったから今回改めてこの記事を書きます。まぁどこまでいってもあくまで僕の経験に基づく考えではあるので100%解決につながるかどうかはわかりません。読んでみて期待外れに終わることもあるかもしれませんが、ちょこっとでも参考になればうれしいです。

 

死にたいと思うぐらい辛いなら人を頼っていいんだぜ

 

たぶん別の記事でも言ってるんだけど僕が言えるのはこれしかない。というかこれが一番解決に繋がりやすい考えだと思っています。

 

自分なりに考えて悩んででも不安で足がすくんで動けない、絶望で明日が見えない。自分には未来がない。死んでしまいたい。

 

いったんそのループに入ってしまうとなかなかそこから抜け出すことって難しいはずです。

 

僕自身も10年ぐらい前にほぼ家から出れない時はそんな感じでした。自分に自信がなくて不安で行動できなくまた不安になって自分を否定してという負の無限ループ。これが本当につらいしこのループって自分じゃなかなか抜け出せないんですよ。これは実際なってみないとわからない。

 

f:id:reon5653desu:20170203120050p:plain

 

どんどんネガティブな感情が強化されてがんじがらめになるんです。もう思考が全てネガティブパターンになってしまっている。この状態から抜け出すのは容易ではありません。

 

やがて自分は何もできない、こんな状態じゃ生きていても仕方がないと思ってしまう。当時の僕は無力感でいっぱいでしたね。

 

じゃあそんな僕がどうやってそのパターンから抜け出したのか?っていうとそれは最初に書いたように人に頼りました。

 

カウンセラーさんにも頼って自分のネガティブに考える癖に気づかせてもらいました。話をしていくうちに少しずつちょっとずつ物事のいい面も見れるようになりました。

 

ネットでも自分のような存在を認めてくれるサイトを見て「ああ、自分でも生きていていいんだな」という認識を持ったりもしました。同じようになかなか動けなくて悩んでいる人のブログ読んだりとかもしたなあ。

 

同じような悩みを持っていたり頑張っている人のブログなんかを見るとすごく励まされましたね。

 

友人にも頼りました。さすがに「死にたい」とかは言わなかったけど他愛もない話をするだけでも間接的に救ってもらいました。ファミレスでただ話すだけ。それだけで気持ちが楽になりました。彼らには本当に感謝しています。

 

たぶん誰にも頼らず一人自分の部屋の中でウンウンと考え続けていたら僕はまだ死にたいと思っていたかもしれません。少なくともまだ負のループの中にいてさらに自信を失い家からあまり出られない状態が続いたでしょう。

 

このように僕個人の経験ではありますが人に頼ったこと。これが僕を負の無限ループから引っ張り出してくれた大きなきっかけになったのではないかと思っています。

f:id:reon5653desu:20170203122259p:plain

一人で抱え込む必要なんてないんだせ

 

では今のあなたはどうでしょうか?もしかしたら一人で抱え込んで一人で解決しなければならないと思い込んでいませんか?

 

そんなルールはどこにもありません。もちろん一人で問題を解決できるなら一人ですればいい。何でもかんでも人に頼るだけというのもアンバランスです。自分でできることは自分でやるという考えも必要です。

 

でも自分じゃどうしようもない問題、それこそ死にたいぐらいに悩んでいるのであれば人を頼っていいんじゃないでしょうか?

 

人を頼ってサポートしてもらってまずは今のしんどい状況から抜け出す。なりふり構わずまずは死にたいと思っている状況から抜けだす。

 

もしかしたら人に頼るのは迷惑なんじゃないか?って思う人もいるかもしれないけど、死にたいと思っている人が「助けてください。」っていうのって迷惑なことでしょうか?

 

もちろんいきなり赤の他人に「私は死にたいんです」って言ったら「えっ?」ってなるかもしれない。だれかれ構わず頼るっていうのは難しい。

 

でも今はそういうつらい思いをしている人をサポートしてくれる団体だって沢山あります。サポートすることを仕事にしている人も沢山います。

 

そういう人たちに「死にたいほどつらいんです。」と相談することはいけないことでしょうか?頼ることは良くないことでしょうか?僕はそう思いません。そういう人たちと積極的につながって頼って一緒に解決策を考えていく。まずはそれでいいと思います。

 

とまぁここまでなんやかんや書いてきたけど僕が言いたのはシンプルなんです。

 

「死にたいぐらいつらかったら他人を頼っていい。」

 

結局これなんです。一人で抱え込まないでください。一人で全てを解決しようとしないでください。誰かを頼っていい。誰かにサポートしてもらっていい。まずはその認識を持つことです。

 

死にたいと思った時には必ずしも自分だけで解決しようと思わなくてもいい。自分で無理なら他人を頼る、人と繋がること。そのことをお忘れなく。

 

とても抽象的で申し訳ないんだけど僕が言えるアドバイスは以上になります。この記事を読んでくれたあなたが辛い状況を脱し今より少しでもいい方向に向かうことを願っています。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。