読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ひきこもりのノンフィクション 家族幻想「ひきこもり」から問うという本を読んでみました。

 僕自身、大学を卒業して家から出ることが出来ないような状態にあったので、「ひきこもり」という言葉に対しては興味や関心を持っている。そんな時に興味深いタイトルの本を発見したので読んでみることにした。その本がこちら。

 

 

目次

第一章 ひきこもり七〇万人の時代ー閉じてゆく核家族

第二章 家族という幻想―近代日本のイエ制度

第三章 私の中のひきこもり―内在的に問う

第四章 家族の絆という神話ー価値を継承する装置

第五章 親たちの苦悩ー親を降りられない父と母

第六章 見えないイエ制度ー自己卑下という地獄

第七章 ひきこもりの女性たちー家族が解体されるとき 終章 家族をひらく―自分の場所を社会につくる 

 

 

 

ここからは本書の中で僕が印象に残っていることを中心に書いていいこうと思う

 

 

ひきこもるのは価値観による縛りから 

ここで、まずは筆者はとても印象深い事を話していた。ひきこもる人達を追いつめるものは何かというのを分かりやすく説明していると思う。

 

ひきこもる人達を追いつめているのは、その人を縛る内面化された価値観だ。内なるその人の価値観を作り上げるのは、時代の常識であり、それぞれの家庭が引き継いできた価値観でもある。

さらに、いじめを体験するなど、自分が学校という共同体に受け入れられないと言う体験を重ねれば、自分を変形させなければ社会には受け入れられないと実感して育つ。

今のままの「私」では、家の外に出ていけないと感じている人たちは自分自身の本音を隠す。時には、自分自身、本音を隠していることにすら気が付かないまま、マイナスな自分を人に見せようとはしない。

引用元:家族幻想: 「ひきこもり」から問う (ちくま新書)

 

 

 この価値観は非常に厄介だと思う。「こうでなければならない」という価値観に縛られるとなかなか動けない。僕にも経験がある。そういう価値観から外れてしまった自分を凄く否定してしまうのだ。「親のように立派でなければ」とか「社会に適応してちゃんと仕事に就いてなければだめだ」みたいな価値観はかなり引きこもり当事者を苦しめているように思う。

 

 

その価値観からはずれた生き方をしている自分が恥ずかしい。恥ずかしいし人に見せたくないから引きこもってしまうというのは納得できる。僕も半分ひきこもっていたような生活の時は恥ずかしいとかそういう感情があったから、なるべく自分の存在を消すためにひっそりと生活するようにしていた。

 

 

僕の家は団地なのだが外に出るときも、まず玄関ののぞき穴から外を確認し人がいないことを確かめる。その後静かにドアを開き、階段を上り下りしている人がいないかどうかも確かめる。当然、人と会わないためだ。そして、その音がなくなったらようやく静かに家を出ていくといった感じ。それ位自分という存在を否定し恥ずかしいと思っていたのだ。

 

 

まず自分の存在を肯定することがひきこもりからの回復には欠かせないと思う。

 

 

実際に筆者が取材したひきこもりのと家族の話

親の思いを実現するために生きているような心の在り方がある。親の価値観をそのまま生きようとして、生きられない自分を激しく責め、痛めつける。

 

そうして、親の期待に応えようとすることで、 自分の中の感情を殺してしまうことがある。「親の期待を裏切れない」「親に心配をかけてはいけない」

 

そういった抑圧のなかで当事者は感情を殺すことになる。他者の感情を優先して生きるようになってしまう。それが主体的な生き方を難しくさせることにもつながっていく。つまり他人からどうみられるかとかいった「他者からの目線」を常に気にするような生き方になってしまうことになる。

 

他者からの目線を常に気にしていると社会に出るのがしんどくなる。常に誰かの評価とかが気になってしまうし、「こういう風に思われているんじゃないか」といった余計な不安まで抱えてしまうことになるからだ。

 

またひきこもっている人の親の話も印象的であった。

 

子供が動けなくなった時、私は自分の責任だと感じた。母親が正しく育てれば普通の子供は学校に行けるはずだ。息子が学校に行けないことに、自分を責めるような、恥ずかしいような気持ちがあった。

 

親の立場になったことがないので、仮に自分の子供が不登校とかひきこもりになるとどう思うのか想像したりもする。先述したひきこもり当人が「ひきこもることは恥ずかしい」と思ってしまうのは、親世代もしくはもっと前から脈々と受け継がれてきた価値観なのかもしれない。ひいては、親自身が世間体とか社会の常識みたいなものに縛られているようにも感じる。

 

 

だが、その価値観は時代にそぐわなくなってくる。時代はすぐに変わってしまうからだ。自分たちの価値観はやがて現実とはズレてくることが多々ある。それでも自分は自分の両親やその家族の価値観に従って生きようとする。そこから色々な問題が噴出してくるのではないか。

 

 

 長期間子供が引きこもっている親御さんの話。

「親も子も取材を受けられない。自分の存在を知られたくないというのが、この問題の本質なんですよ」

 

 

ここでも、また恥ずかしいとか存在を知られたくないっていう考えみたいなものが蔓延しているように感じる。ひきこもることは果たして恥ずかしいことなのだろうか?ひきこもっている本人や家族自信が姿を隠してしまうので、なかなか支援を受けられないという現実もあると思う。そしてひきこもるという事は別に恥ずかしい事ではないという社会的な認識を広げる事も大事だと思った。

 

 

ひきこもっている本人も苦しいが親御さんも苦しい。家庭内暴力、親を責めるなどなど。さらに自分が死んだ後どうするのか?そういった親の悩みというのも本書ではかなりしっかりと書かれていた。

 

自分の場所を作るのが大事

この本を読んでいるとかなりしんどい部分もあるのだが、最後に筆者はどのようにしてひきこもりと向き合うのか、あるいはどのように解決していけばいいのかという点についても述べている。ここに救いがあると思う。

 

ひきこもりの背後には「自分に課す規範から自由になれないことがある。その規範が与えられるのは、多くの場合家庭=イエである」と私は書いてきた。

規範を求めるのは高度化した産業社会だ。人の能力を計り、選別し、社会に配置するシステムを持つ。

 

規範とは「こうでなければならない」とか「こうあるべき」という固定観念のようなものだ。社会全体で求められているものが当然であると思いそれを自分の家全体に当てはめようとしてしまう。ただ、この本の中でも出てくるように親世代の規範と子世代の規範というのは全く違うものなのだ。

 

 

その違いに気づかない親は多い。「私たちはこうやってきた。だからあなたもこうしなければならない。」といって、子供をしばりつけてしまう。その規範に従う事を子供に望んでしまう。親自身はそれでいいと思っていうが自分たちの時代と何もかもが変化していることに気づかないから、それを押し付けられる子供たちはそのギャップに苦しむことになってしまうのだ。

 

 

とはいえ、本書でも言っているように親自身が自分自身が生きてきた規範から自由になることは難しいのだ。自分が生きてきた生き方が正しいと思っている人もいるだろうし、そういう生き方しか知らないし知ろうともしない人もいるだろう。

 

 

そこで、行き詰ってしまった時には、家族を開くこと、そして社会に繋がることが重要だと筆者は述べている。

 

 

そうなんだ。そこでは「子供や自分の家族をさらすのが恥ずかしい」と閉じてしまえば問題は先送りされさらに深刻化する恐れもある。恥ずかしくなんかない。時代の流れは速い。自分が生きてきた時代の規範と子供たちの時代の規範は違う。どこの家庭だってそのズレから問題が起きることもあるはずだ。何も恥ずかしくなんてないのだ。どこの家庭にでも起こりうること。社会全体がそんな認識を広げるといいと思う。

 

 

そして、そんな規範や価値観のズレに悩んでいる家庭を受け入れてくれる相談場所や、ひきこもり本人が家庭以外の誰かと繋がれるような居場所が沢山あれば少し気持ちも楽になると思う。

 

 

そして、公的にも自助団体のようなグループも意外とあるとのこと。本書の中では実際にそういった機関を利用しながらひきこもりと向き合い仕事を始めたり生活を立て直そうとしている人達の事も紹介していた。

 

 

そういった外の世界のサポートも受けることで、一人では難しい部分だったりつまずいてしまう部分でも乗り越えることが出来る。

 

 

「閉じずに繋がる」

 

 

狭い家庭の中では狭い規範に縛られてしまって本人も家族も苦しんでしまう。そこに縛られないためには外とつながる事。それが大事なのだと思う。

 

 

今はネットを通じて外とつながりやすくなっている。当事者もその家族もそうした支援をしてくれるところを探して行動してみるといいと思う。

 

 

いつからでもやり直せると思うし、そしてやり直したい、どうにかしたいと思った時に支えてくれる、サポートしてくれるところはあるし、あるべきだと思う。実際引きこもっている人に対して暖かいまなざしを向けてくれる個人や団体などもあるはずだ。

 

 

そんな暖かい支援の輪が広がってもう一度社会でやり直そうと頑張る人達を受け入れてくれる社会であればほんとにみんな生きやすくなると思う。何度も言うがひきこもったりするのは恥ずかしいことなんかじゃない。誰でもなりうることだ。恥じることなんてない。苦しい時こそ外とつながろう。

 

最後に筆者はこう述べている。

 

「この社会はあなたのそして、私の場所だ」

とまず、子供と若者に伝えなければならない。そして、他者からの評価、目線に合わせて揺れ動くのではなく、生きる主体としての自分を作り出す営みが不可欠だ。

 

 

この言葉を言いきれる社会であってほしいと思う。居場所がないと感じれば人は自分が安心できる場所つまり、自宅や自室にひきこもってしまうと思う。そうじゃなくて、社会に居場所があると若い人達が実感できる、安心して飛び込んでいける、そんな取り組みが必要だ。

 

 

本書を読みながらそんな事を強く思った。

 

長くなってしまいましたが、今回は以上になります。

 

ひきこもりの方やその家族の方の実態など詳細に書かれていて非常に勉強になりました。当事者の方、親御さんなどとても参考になる部分が多いと思いますので興味のある方はぜひ読んでみてください!

 

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!