読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

人を思いやる気持ちだけは忘れずにいたい。

ニートの思考、考え

f:id:reon5653desu:20161003171451j:plain

 

いまさらだけれど思いやりって大事なだなぁと思います。

 

 

自分が落ち込んでしまったりへこんでしまった時に誰かからかけられた優しい言葉。励ましの言葉。

 

 

そういうものを受け取ると自然と心が温かい気持ちになります。そして感謝の気持ちがわいてくるし「自分も誰かに対してそうしてあげたいな」と自然と思います。

 

 

思うにみんながみんなそうやって誰かを思いやることができたのなら、そうとういい世界が出来上がるんじゃないかな?うまくいっている人、そうではない人、強い人、弱い人、性別、国籍とかそういうものを飛び越えて誰かが誰かを思いやる。

 

 

自分自身を大切にするのはもちろんだけど、同時に他人についても思いやることができる。相手の立場になって物事が考えられるとでも言えばいいのでしょうか?そういうことができたのならみんなが生きやすい世界になる。当たり前だけどそんな世界の方が僕はいいです。

 

 

そのためには自分のことだけを考えない。自分と相手の意見が違っても、自分と相手の立場が違っても、自分と相手が競争相手であったとしても相手のことを想像することが大切なんじゃないかな。ビートルズのジョンレノンが「イマジン」って歌を歌ってたけど、まさにその想像することっていうのが僕らには問われてるんじゃないだろうか??

 

 

ネットだから顔が見えないからといって簡単に「死ね」と言ったり、自分には関係ないからと言って相手を傷つけたり貶めたりしちゃいけないよね。だって目の前にその人がいたら言わないでしょう?そんなひどい言葉。どこかのフリーアナウンサーが「○○患者は殺せ!!」みたいなことを言ってて後になって弁明してたけどけっきょく番組降板させられたりもしてましたね。彼なりの考えがあったかもしんないけど、ちょっと想像したらどうなるかぐらいわかるじゃないか。

 

 

もし自分の家族や友達、親戚、知り合い、仕事仲間、仕事仲間の友達や親せきの中に同じような病気を患っている人がいたらどう思うんだろうって想像しませんか?自分の意見を表明するのは確かに大事。人に気を使いすぎて何も言えなくなってしまうっていうのは本末転倒だと思います。気を使いすぎるのも良くはないのかもしれない。

 

 

でも「殺しちまえ!!」っていうことでどれだけの人が救われるのだろう。どれだけの人が励まされるのだろう?どれだけの人が優しい気持ちになれるのだろう?そんなことは想像すればわかることです。誰も救われないし、誰も励まされないし、誰も優しい気持ちにはならない。

 

 

まぁ、そんな偉そうなことを言いつつ僕もまだまだ思いやりが足りないなと思います。人が苦しんでいる時、困っている時、つらく落ち込んでいる時声をかけてあげられているか、思いやりを持って接しているのか?と問われるととても自信がありません。まだまだ僕も思いやりの心が足りない人間であると自覚しています。

 

 

 

「思いやりをもって人に接する。他人のことを想像する。」

 

 

シンプルだけどこれは言うほど簡単ではないと思います。ついつい僕らは自分のことを優先し自分のことだけを考えがちです。もちろん自分のことを大切にするっていうのも大事なんだけど、そこにちょっとだけ「人を思いやる」っていうことを意識できたらいいですよね。ほんのちょこっとでもそれができたらそんだけでも劇的に世界は良くなると思う。

 

 

きれいごとかもしんない。でも僕みたいなダメ人間でダメな状態でも「人のことを思いやる」っていうことだけは忘れないようにしていきたい。もうちょい他人や周りを思いやりたい。人が勇気づけられたり、励まされたり、前に踏み出す時の支えになるような言葉をかけたい。そんなことを考えています。思いやりの連鎖が起これば絶対にいい世界になるんじゃないかと思っています。

 

 

あー、完全なひとりごとっぽいですね(^^;もうただのポエムや(笑)でも思いついちゃったのでバーッとそのまんま勢いで書いちゃいました。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!!