読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

歯医者の定期検診 何も異常なしかと思いきや‥‥‥。

f:id:reon5653desu:20160415134758j:plain

以前検診を受けた歯医者から、はがきで定期検診のお知らせが来ていた。

 

確か来たのはもう一か月前。しばらく放置していたのだが、「ちょうど髪切ろうかなー」なんて思っていて「じゃあ、ついでに歯医者でも行っとくかー」という感じになった。インドア派の僕は2、3個目的がないとあんまり外に出る気にならない。うん、社会に不適合な男である。

歯医者に予約の電話をかけたところ「明日、午前9時からでしたら空いてますがいかがでしょうか?」 と言われた。バリバリ働いているサラリーマンならその時間は論外なのだろうが、何を隠そう僕はニートちゃん(隠されてないが。)朝、早かろうが夜遅かろうが基本的に問題なし!!

 

間髪入れず「その時間でお願いします!!」と予約のお願いをし電話を切った。こういう時には予定がないというニートの特性をフルに活かすことが出来る。

 

次の日

僕は指定された午前9時に歯医者に到着した。受付には2人のおねえさん。片方の人は新人さんだろうか。何となく初々しい感じ。もう一人の方も僕よりは若いと思う。

 

「9時から予約していたラッキーマンです。」

 

「はい、お待ちしておりました。そちらでおかけになってお待ちください」

 

受付を済ませた後、席に着くとほどなくして診察室に呼ばれた。

やはり予約していると待ち時間は短い。

 

「こちらへどうぞー」

歯科衛生士の方に促されるままに診察台に座る。

 

「○○といいまーす。今日は歯のクリーニングと、虫歯の検診をしますねー。」

 

そのまま診察台を後ろに倒して診察開始。

 

「口を大きく開けてくださいねー。」

 

ガバッと口を開くと、歯科衛生士さんは奥歯から順に僕の歯の状態を確認していった。

全体を見終えた後に衛生士さんから思わぬ言葉をかけられた。

 

「右上の裏側の方がちょっと黒くなってますねー。あと左側の上の奥の歯に小さな穴が開いてます。右上は虫歯ですねー。」

 

「なんだと‥‥‥!?」

 

僕はずぼらで飽き性でだらしのない人間だが、歯を磨くという行為だけは真面目にやってきたと自負している。寝る前にしっかり時間をかけ、歯をあらゆる角度から磨き上げる。たとえベロベロに酔っぱらって帰ったとしても歯磨きだけは欠かさない。そんな時は大抵歯ブラシをくわえながら眠ってしまっているのだが。(危ないこと極まりない)

 

「そんな俺が虫歯だと!?」

 

僕の努力は何だったのだろうか?他の全てに関して意識が低い僕でも歯磨きに関しては意識が高い状態を保ってきたのに。そんな僕が虫歯に侵食されるとは。どうやらこの世には神も仏もないようだ。

 

実際この目で見るまで信じない!!僕はそんな事を思っていたのだが、衛生士さんから鏡を渡され、「この部分見えますかー??黒くなってますよね?ここが虫歯ですからねー。」

 

「‥‥‥ほんとだ、黒くなってますねー。」

 

完敗である。僕の歯は虫歯に浸食されていた。残念。

 

「クリーニングをしてから、先生に実際に治療が必要かどうか判断してもらいますからねー。」

 

そういうと僕に歯科衛生士さんは僕にうがいを促した。うがい終了後もう一度診察台に深く座り直し、椅子を後ろに倒す。

 

再び口を大きく開けて隅から隅まで歯垢をとったりプシュと風を当てたり、糸ようじで歯の間にある歯垢をとっていく。ちょっと汚れがあるようなところは削ったりもしたようだ。人によってはやたらと痛かったりすることもあるのだが、今回の衛生士さんは腕が良かったようでほとんど痛みもなく歯を綺麗にしてもらうことが出来た。

 

一通り歯をクリーニングした後今度は先生が僕の診察台の近くに来た。メガネをかけた女性の歯医者さんだった。

 

「それじゃあ見ていきますねー。」

 

先生はあらかじめ衛生士さんから伝えられていた部分を中心に僕の歯を見ていった。

 

「あーっ、こことここね。虫歯ですねー。」

 

虫歯確定‥‥‥。

 

僕の左上の黒くなっている部分は完璧に虫歯のようだった。これは要治療。放っておくと広がっていくかもしれませんねー。とのこと。

 

もう1か所、ちょっと穴が開いている部分については何層かある中の一番表層の部分なので、上手くケアしていればなんちゃらかんちゃら。とりあえず今すぐどうのこうのっていうわけではないけど、放っておくと虫歯になる可能性が高そう。やれやれだぜ。

 

「どうします?両方とも治療しますか?」

 

歯医者さん曰く、黒くなっている方が治療しないとだめだけどもう1個の穴ちょっとあいてる方は様子見でもいいらしいんだけど、どうせならまとめて治療したいという事で、「両方とも治療してもらっていいですか?」とお伝えした。

 

歯医者さんは

「分かりました。では2回に分けて治療していきましょうね。」と言って今回の診察は終了となった。

 

診察終了後、受付にて次回予約。

 

「来週の同じ時間が空いてますがいかがですか??」

 

正直、予定なんてスッカスカの僕だが即予約OKと回答するのは何だか恥ずかしい。演技派の僕は持っていたバッグから手帳を取り出し予約を確認する振りをして、「ああ、そしたらその時間でお願いします。」と次回の予約をお願いした。しなくてもいい演技であった。

 

歯医者での診察を終えた後1000円カットにて髪も切ってきた。くせっ毛でうっとおしくなっていたのでソフトモヒカン的な長さにしてもらった。だいぶサッパリ。

 

ただ、今回の歯医者のお金と1000円カットで一気に3000円近くの出費となった。オーマイーガー。厚みのない僕の財布が僕の人生のようにペラッペラになっていく。風が吹いたら飛んでいきそうなレベル。軽い!軽すぎる!!重たくするために使わないポイントカードでも突っ込んでおこうか。

 

しかも来週もまた虫歯の治療。痛い。歯の痛みじゃなくて心が痛い。とはいえ、虫歯が悪化する前に検診をしてもらってよかったとも言えるだろう。これがもっと悪化していたらさらに治療費がかさむことになったかもしれないからね‥‥‥。

 

まぁ、ツラツラと書いてきたが結局のところ

 

「予防が大事!!」

ってこと。歯でも何でも治療する前に検診するなりして予防しておいた方が結果として時間もお金もとられない。

 

僕ももうちょい早く定期検診に行けばよかったとちょっぴり後悔している。歯は大切だ。ぜひこのブログを読んだ方もたまに歯医者で検診を受けてみてほしい。自分の歯を大切に。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!