読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ブログ初心者がブログに人を集めるためのシンプルな考え方【前編】

「ブログに人が来ないぞ!!」

 

 

ここに悩んでいる方って多い気がします。特にブログ初心者の方にね。それで色々頑張ってみるんだけどなかなか人が来なくて「つまらん!」ってなってブログをやめてしまうというもったいないパターンが見受けられますね。まぁ、確かに人が来なかったり反応がないとつまらないよね。特にブログとかさ。

 

 

僕の個人的な感想ですけどそういう方って人を集めることに関して難しく考えてしまっているんじゃないかと。実はブログだろうがリアルだろうが人を集めることに最初に考えるべきことはそんなに多くはありません。すごくシンプル!!その辺りの事を今回はニートブロガーの僕がお伝えしてみようかなと思います。

 

 

人を集める時に意識するべきことは?

f:id:reon5653desu:20160629204104j:plain

 

ブログとかネットだからとか難しく考えないでくださいね。まずはシンプルに「どういうところに人が集まるのか?」っていうのを考えてみましょう。オフラインでもいいしオンラインでもいいです。1つや2つすぐに思いつくでしょう。

 

 

あなたがパッと頭に思い浮かべた人が沢山いる場所ってものすごーく大雑把に考えるとこんな感じで分けることができると思います。あくまで大雑把にね。

 

  1. おもしろいところ
  2. 役に立つところ

 

 

どうでしょうか?あなたが考えた人が集まるところって1か2どちらかに当てはまりませんかね?細かく言うと「ちょっと違うかも」っていうところもあるかもしれませんが、とりあえず人が集まりやすいところって考えると上記の2つを意識すればいいと思います。1つずつさらに詳しく説明していきましょう。

 

 

面白いところに人は集まる

 

 

例えばですが街中でカップルが喧嘩をしているとしましょう。お互い激しくののしりあっていて一触即発の雰囲気。「なんだ?なんだ?」と周りに人だかりができます。こういうやじ馬ができるのって大体「なんか面白そうなことが起こってるぞ」って思うからじゃないですか?普段めったに見れない男と女のガチバトル。物凄い剣幕で怒鳴る彼女。それに負けじと応戦する彼氏。この後一体どうなるのか‥‥‥。「面白そー!!」ってなりますよね?そういうところに人は集まるもんなんです。

 

 

別の例をあげると僕がこの記事に載せてるのって渋谷のスクランブル交差点の画像なんですが、あの街ってメチャメチャ人集まりますよね??あれって、何でかっていうと「渋谷が若者にとって面白い街」だからじゃないですか。

 

 

もちろん会社とかもあってサラリーマンとかも多いし、路線の乗り換えとかもあるけど基本的には若者が楽しめるファッション系のお店だったりクラブがあったり飲み屋があったりして刺激的な街だからなんですよね。だから時代が変わっても毎日のように若者が渋谷に集まるわけです。いつ行ってもウザったいぐらい人いる街ですからね(笑)人ごみ苦手‥・。

 

 

逆に人が集まらない街ってこういっちゃなんだけど「面白くない街」が多いですよね??遊ぶ場所もなければ居酒屋みたいなところもないし人気のお店とかもない。そういう街に「行きたいなー」って思いますか??多分おもわないはずです。いやっ、住むとかだとまた別ですよ?住むのは別に面白くなくてもいい。むしろ、静かだったり公園があったりとかを望むはず。落ち着いたところね。でもそうじゃなくて、遊ぼうとか出かけようってなった時ってやっぱ面白かったり自分にとって魅力がある街に行くわけじゃないですか??

 

 

これってリアルもそうだけどネットとかでも同じなんですよ。例えばサイトもそうだし、ブログもそう、YouTubeだってTwitterだって今じゃいっぱいありますよね?メチャメチャ選択肢がある中でみんな「何を見に行こうかなー」ってなってるんですよ。選んでるわけです。そんななかでどういうのが人集めてるのかっていうと一つはやっぱ「面白いことやってる」サイトなんですよ。

 

 

例えば人がやらなそうなことやってるとか。ユーチューバーとかだってそうじゃないですか?あれ、単純に面白いと思ってるから見るわけですよね?つまらないチャンネルは残酷なくらい登録数が低いし再生数も低いんですよ、やっぱ。まぁ、見せ方が下手とか広め方が下手っていうのもあるとは思うけど。

 

 

でも、人気ユーチューバーの動画とかって冷静に考えると「別に役立つ内容ではないよな」っていうものが多いんです。でも、面白いから人がくる。笑えるから人がくるわけです。

 

 

あと言い忘れてましたけど一番わかりやすいのはテレビでしょうね。テレビってはっきりしてるじゃないですか?人が直接集まるわけじゃないけど視聴率っていう数字でどのぐらい人を自分の番組に集められているかを測るわけですよね。じゃあどういう番組が視聴率とれるのかっていると「面白い」っていうのは超重要なわけです。だから笑いが取れるタレントとかお笑い芸人の方が重宝されるわけですよ。彼らのトーク力とか瞬時のコメントが人笑わせて「この人の出てる番組面白いから見たい!!」ってなるからその番組を見に来るわけです。すんごいシンプルなことだと思うんですよ。

 

 

もちろんブログだっておんなじです。「このブログ面白いなぁ♪」って思ってもらえたら人は来ます。そんで面白さはその辺に転がってます。テレビとかユーチューバーを参考にしてもいいでしょう。面白いと思うブロガーの文章やサイトの構成、画像の使い方なんかを参考にしてもいいと思ってます。全部パクるのはNGだけどエッセンスを取り入れるのは全然問題なし!!っていうかみんな誰かしらのいいところ参考にしてるのでね。そこ躊躇する事はありません。そういうところから自分なりに「面白いと思うブログを作ってみる」そしたら人はきますよ。

 

 

なので、まず一つ目人を集めるための一つの考え方として

 

 

「人が面白いと思うブログを作る」

 

 

っていうのを意識してみましょう♪

 

 

だれに面白がってもらいたいのかを意識する

 

 

あとこれは、一つ注意というか意識してほしいところなんですが、

 

 

「だれに自分のブログを面白がってもらいたいか?」

 

 っていうことです。ここ意識しないと人は集まりにくいでしょう。

面白さって人によって変わりますからね。万人がみんな「おもしれぇ!!」と思うものってなかなかありません。っていうかほとんどないです。年齢、性別、職業、趣味嗜好、みんながみんな違いますしどこを面白いと思うかは人それぞれ。欲張ってみんなを面白がらせようとすると誰も面白がってくれない可能性大です。そこは要注意。

 

 

なのであなたのブログが誰に向けてのものなのか?そこはめっちゃ意識するといいです。いい大人向けのブログなのに幼稚園児が面白い!!と思うような内容のブログじゃ大人は面白いとは思わないし去っていってしまいますからね。そういうところも考えながらブログを書いていくといいんじゃないかなーと思います♪

 

 

というわけで、続いて「役に立つ」っていう観点から人を集めることについても書こうと思ったんですが、思ったよりも長くなりそうなので、続きはまた明日以降に書いていきますね♪

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!