読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界に行ってきた!!

お出かけ、旅行

2016年の夏。僕にはどうしても行きたいイベントが一つだけあった。それが

 

 

「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」

 

 

である。尊敬する今は亡き水木しげる先生の妖怪の世界を再現したこのイベント。2012年に台湾、2013年には大阪で開催されなんと合計58万人もの人が見に来たらしい。そのイベントが東京で開催されるのだ。

 

 

「これは行くっきゃない!!」

 

 

普段インドア派であまり外出をしない人がゴミのように見える人混み嫌いの僕だ。でもこのイベントに関しては絶対に行こうと決めていた。そして先日ついに行くことができた。

 

 

そこで今回は「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」のイベント内容とその見どころについてご紹介しようと思う。ぜひこれから見に行こうと考えている方、水木先生や先生の作品が好きな方、ちょっと気になるイベントだなーとお考えの方には参考にしてもらえればと思う。

 

 

f:id:reon5653desu:20160816224419j:plain

 

 

チケットを購入し中に入るといきなり見えるのが特大の水木スマイルだ。いやぁ、やっぱ先生の笑顔はいいなぁ。晩年はあまり先生のお姿をテレビで見ることはなかったけど、元気な時にはこの無邪気な笑顔を振りまいていた。きっと会場が親子連れでにぎわう様子を見ながらどこかで同じようににんまりとしているに違いない。

 

 

f:id:reon5653desu:20160816232517j:plain

 

 

水木スマイルの後には「鬼太郎コーナー」が設置されている。写真は墓場から這い出してくる鬼太郎。若い読者の方の中には鬼太郎と言えばカワイイポップなイメージを持つ方もいるだろう。でも、元々の鬼太郎は結構不気味でとても子供受けするものではなかった。

 

 

なんせ最初のタイトルは「墓場鬼太郎」だったのだから。墓場なんてまずいということで、後に先生のあだ名であった「ゲゲ」をくっつけて「ゲゲゲの鬼太郎」となったというわけだ。そこから悪い妖怪を倒す正義の妖怪という設定になり人気となった。なんて雑学をドヤ顔で語ってみたが「そんなもん知ってるわ!!」と突っ込まれそうなのでこれぐらいにしておく。

 

 

f:id:reon5653desu:20160816233657j:plain

 

鬼太郎のドアップ。かなり不気味である。ちなみに片目がつぶれているのは生まれてすぐ人間に墓に投げつけられて失明をしてしまったからである。しかも母親は生まれた時には死んでいて、父親は目玉‥‥‥。実は生まれた時からすでに大変な境遇だったりするのだ。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817090745j:plain

 

 

さらに進むと先生の漫画のキャラたちが描かれた妖怪画をいくつか見ることができる。水木先生の作品が好きな方にはたまらない作品たちだろう。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817092733j:plain

 

 

ここからは「日本の妖怪たち」というコーナー。水木しげるロードの妖怪像がライトに照らされている。スクリーンに映し出される影の形がとても不気味である。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817091632j:plain

 

 

これは油すましという妖怪。こんな悪そうな顔をしているのに、漫画では鬼太郎の味方で、アドバイスなどしてくれるいい妖怪なのだ。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817092520j:plain

 

 

壁にはこんなに恐ろしく巨大な妖怪画がいくつも設置されている。こ、怖すぎるやろ‥‥‥。

 

 

 

f:id:reon5653desu:20160817093541j:plain

 

 

ここからはまた違うコーナー「妖怪屋敷」に足を踏み入れていく。妖怪屋敷は照明が赤く不気味な世界を演出。曲がりくねっていてどんな妖怪が出てくるかわからない。写真は疫病神たち。コミカルでもどこか憎めない表情が特徴的だ。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817094404j:plain

 

 

こちらは住みついた家に幸福をもたらすと言われる座敷童。僕の家にも来てほしい‥‥‥。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817095714j:plain

 

 

さらに進んでいくと天井と床が鏡張りの不思議な空間へ。まるで万華鏡を見ているようで思わず見とれてしまった。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817100218j:plain

 

 

まだまだ水木先生の世界は続く。ここからは「妖怪の森」

写真は鬼太郎でおなじみのぬりかべ。大きな体につぶらな瞳のアンバランスさが面白い。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817101520j:plain

 

こちらは巨大な骨の妖怪がしゃどくろ。かなりの迫力だ。こんな妖怪に出くわしたら大抵の人は腰を抜かすだろう。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817103641j:plain

 

 

妖怪の森を抜けるとここからは「水木しげるの冥界ワールドツアー」のコーナーへ。ここでは世界中の冥界からの使者があなたを待ち受けている。ぶっちゃけどの使者も怖すぎて絶対に迎えに来てほしくない。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817102918j:plain

 

近くで見るとかなり怖い。他の使者たちももれなく目が光っているのでぜひ直接確認してほしい。ちなみに僕が一番怖いと思ったのが次の写真のやつ。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817102126j:plain

 

 

怖すぎるやろ!!!説明によるとこれはカナダのエスキモーの人たちが死んだ後に出会う「精霊」らしい。これが精霊だと!?化けもんやないか!!!

 

 

という僕の声はさておき世界にも精霊とかあの世の話とか色々な話が伝わっているんだなーというのを知ることが出来て興味深かった。誰が最初にあの世や妖怪の事を語り出したのだろうか??そんなことをつい考えてしまう。

 

 

ワールドツアーを抜けると「妖怪広場」に出る。ここは物販コーナーがあって鬼太郎や悪魔君を始めとした水木先生関連の商品を買うことができる。

 

 

f:id:reon5653desu:20160817114125j:plain

 

 

ちなみに僕が買ったのはA4のクリアファイルと限定のクッキー。個人的にはこのクリアファイルがお気に入り(^^)他にもマグカップやTシャツ、マシュマロなど大妖界でしか買えないものもあるので、水木先生ファンの方はイベントに参加してぜひゲットしてほしい♪

 

 

イベント情報

名称:「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界」
会期:2016年7月26日(火)~ 8月29日(月)会期中無休
会場:池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4F 展示ホールA
   東京都豊島区東池袋3-1(東京メトロ有楽町線 東池袋駅直結)
時間:午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
主催:バンダイ、朝日新聞社
企画協力:水木プロダクション
協力:サンシャインシティ
後援:TOKYO MX
お問い合わせ:イベントダイヤル 0570-06-1234
   (案内日時: 4月5日~8月29日 午前9時30分~午後6時30分)

引用元:開催概要・アクセス | 体感妖怪アドベンチャー GeGeGe水木しげるの大妖界

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!