読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

スマホ歩きもここまで来たか!!

水曜日!!

 

自宅のリビングでブログを書いていたところ、ベランダで洗濯物を干していた母が小声で僕に声をかけてきた。

 

「ラッキー、ちょっとこっち来てみて。」

 

母は声のボリュームをかなり下げて僕をベランダに呼びつけた。せっかくスランプから脱出し、さぁこれから1時間で記事を10本書くぞ!!と現実と妄想の区別もつかないぐらいハイになっていた僕は、母の一言で現実へと引き戻された。

 

「何?どうしたの?」

 

怪訝な顔で母を見る僕。母は声を出さずに僕に手招きをしている。

僕の家は道路に面した団地の3階にあるのだが、どうやら母はその道路の方に何かがあることを伝えたいらしい。

 

「あれ、見てみてよ。あれ。」

 

ガラガラと音がする方を指さす母。おそらくトランクケースでも運んでいる人がいるのだろう。何をそんなに見ろってんだ。トランクケースの柄がおかしいのか?めっちゃ派手なのか?それとも全裸の淑女でも歩いてるのか?ヤッホー♪

 

どちらにせよ、大した驚きはないだろう。全裸だったら多少驚くがそれもマイタウンではごく普通の光景だ。嘘です。天変地異がひっくり返るぐらいの驚きです。

 

音のする方に視線を向ける僕。まず目に入ってきたのはトランクケース。特に変わりは‥‥‥あった。

 

??????

f:id:reon5653desu:20160302202044j:plain

 

歩いていたのは若い女性だった。旅行にでも行ったのだろう、大き目のトランクを使っていた。その女性はイラストのようにトランクに手を置きスマホを操作し、身体全体でトランクを押していた。

 

お年寄りが買い物かごを支えに同じような姿勢で歩いているのを見たことはあるのだが、ナウでヤングな若い女性がこのような姿勢をとっているのを初めて見た。そんなにスマホをいじりたかったのだろうか??あるいは新手のストレッチ??最近○○ストレッチみたいなのはやったっけ??まるで何かの動物のようなフォルムをしている。

 

彼女はしばらく同じ姿勢だった。僕と母はしばらく何も言わないまま彼女の姿を目で追った。彼女はスマホをいじりながらトランクケースと共にノロノロと進みやがて僕らの視界から姿を消した。

 

普段から彼女はああいう姿勢なのだろうか?友人たちの前ではどうなんだろう??

 

あれこれ想像してみたが答えは出ない。でも僕の前に彼女がいたら確実に笑う。それは確かだ。そして一緒に歩きたくない。それも確かだ。

 

そんなエキセントリックな彼女の姿をしっかりと目に焼き付け、僕はベランダの窓を閉じた。

 

彼女の未来に幸あれ。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪