ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

明日の心配は明日のあなたに任せましょう。

どうも、ラッキーマンです。

 

これは僕がニートで毎日が不安で不安でどうしようもなかったころの話。

 

当時の僕は、自分を責めている時間が多くて、

自己否定ばかりの日々を送っていたのですが、

特に夜になると不安というものが増大してしまっていました。

 

夜になるという事は一日が終わりに近づくという事ですからね、

どうしてもその日自分がどうだったかというのを振り返るわけなんです。 

 

『今日も一日何もできなかった』

『明日何が出来るんだろうか??』

『明日の自分はどうなっているのだろう??』

 

とこのように自分を否定したりまだ見ぬ明日へ不安を募らせていたわけです。

 

『でもちょっと待った!!』

まぁ、今日何もできなかったのは反省するべきかもしれない。

もしかしたら何かしら改善点はあるかもしれないですよ。

 

でもね。

『明日の事を考えて不安を募らせる』っていうのは違うんじゃない?

って当時の自分に言いたいわけです。

 

だってね、

『明日の事なんて誰にもわからないわけですよね?』

自分もそうですし、周りもそうですし。

誰も明日の事なんて予想できないわけです。

 

もしかしたらね、何かのきっかけで動き出せるかもしれない。

動き出すとまではいかないけれど、ちょっとしたヒントを見つけることが出来るかもしれない。

もちろん、何もない事もありえますが、それも含めて

『明日何があるかなんて誰にもわからない。』わけです。

 

それこそ、

明日は明日の風が吹く』じゃないですが、

明日吹く風の事を今心配しても仕方がないんですよ。

 

それを不安に思う必要なんて全くありません。

よく明日の問題は明日のあなたに任せればいいなんて言いますが、

『まさにその通り!!』

 

あなたがその日の終わりに自分にしてあげることは

『今日の反省とt次への改善点を見つける事』そして

『今日一日頑張った自分をねぎらう事』ですよ。

 

明日という未知の物におびえて今日の自分を疲れさせてしまうなんてもったいないです。

 

『明日の心配は明日のあなたに任せる』

そう思ってスパッと寝ちゃいましょう!!

f:id:reon5653desu:20151006113933j:plain

それが明日を良くするために必要なことだと思います。

今日の自分をねぎらうことも忘れずに(^^)

 

当時の自分への戒めも込めて

 

それでは次回もよろしくお願いいたします。