ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ほんとにやばかったら助けてくれー!!って叫ぼう

f:id:reon5653desu:20160412222159j:plain

人生を語れるほど生きてもいない僕だが、それなりにピンチみたいな状況に陥ったことはある。今振り返ればなんてことないことだったのかもしれないけれど、その時の僕からしたらかなり追い詰められた状況。精神的にかなり参っていたように思う。

 

そんな時って人からのアドバイスとか冷静に聞くことが出来ないんだ。

 

たとえば、海でガボガボと水を飲んでしまっておぼれている人に対して岸にいる人が冷静に「そこは浅瀬だ!!足つくぞー!!」とか「慌てるな!まずは呼吸をしっかり!!」みたいなアドバイスをしたとしても、それは届かない。本人からしたら軽くパニック状態に陥っていて状況を把握することが出来ていないからだ。

 

客観的にはなんてことない状況でも主観的に見ればピンチ!ヤバイ!!どうしようっていう感じ。じゃあ、どうすればいいのよ?ってなると思うんだ。まぁ、一番いいのは「自分で対処する事」だと思う。

 

先ほどの例で言えば溺れている今の自分が浅瀬にいることに気づき、冷静に呼吸を整えて足を海底につける。まぁ、これが一番ベストじゃないかな。

 

でも、実際問題難しい。先ほども言ったように本人はパニックなのだ。何が起きているかは分からないし、周りを見渡す余裕なんてない。視野狭窄で冷静に何かを考える余裕なんてないのだ。

 

「ヤバイヤバイヤバイヤバイ!!どうしよどうしよどうしよどうしよ!!」

みたいな感じ。うん、パニックだ。

 

じゃあどうすんの??ってなった時これはもう簡単。

 

「助けてくれー!!」

って叫べばいい。

 

そんで安全な場所まで引っ張り上げてもらえばいいのだ。ヤバい時はまずその場所から抜け出すことを考えればいい。

 

テレビでギャンブル依存症から回復して今は、サポートする側に回っている人が日本は自己責任の気持ちが強すぎるし、ほんとにしんどかったら助けてもらえばいいみたいな内容の事を言っていた。(正確なコメントは覚えていないのでご容赦願いたい。)

まさにその通りだと思う。

 

依存症だろうが海でおぼれていようが借金苦だろうが死にたいぐらいしんどい精神状態だろうがひきこもていようが何だろうが、助けてもらっていけないなんてルールはない。やばいんだったらなりふり構わず助けてもらおう。恥ずかしさとか世間体なんて気にする必要はない。しんどさとかヤバい状況から抜け出す方がよっぽど大事だよ。

 

はたから見て大したことがないように見える問題も本人からすればどうしようもないことなんていくらでもあるものだ。そんな時一人で解決しようとするとかなりしんどいし、場合によっては立ち直れないぐらいのダメージを負ってしまうかもしれない。

 

そうなる前に、こう言おう。

 

「しんどい!!助けてくれ!!」

 

すぐには見つからないかもしれないが、一人も助けてくれる人がいないなんて事はまずあり得ない。最近は色々な問題に対して解決を目的とした団体も存在しているし、個人でそういう事をしている人もいるのだから。ネットを通じても探せるし、行政なんかを通じて探すことも出来るだろう。

 

とりあえずまずは助けてもらってそこからあれこれ考えればいい。溺れかけている時に明日の食事を何にしようかしらなんて考えられないように、まずはピンチから脱出することを考えればいいのだ。

 

そんで、できればというか可能であれば助けてもらった後に

「今度は自分も誰かを助けよう」

という気持ちを少しでも持てればいいと思う。今度は自分がしんどい状況にいる人を直接じゃなくてもいい、間接的にでも手助けしてあげよう。別に募金するのだって立派な人助けだ。そんなレベルでいいんじゃないかな。別に強制でもないしね。

 

そういう人助けの連鎖みたいなものが、網の目のように連なってしんどい思いをしている人のセーフティーネットになればもっと色々な人が生きやすい社会になるんじゃないだろうか。ちょっとの善意でも日本中からかき集めれば相当なパワーになる。まさに「善意の元気玉」(話が飛躍しすぎた(笑))

 

まぁ、でも行政とかの保護からこぼれ落ちてしまう人っていうのはどうしてもいるものだ。そんな時に民間だとか、僕ら個人でも助けあうことが出来たら今しんどい思いをしている人はもう少し楽になる気がしている。

 

うーん、完全な思い付きでここまで書いてしまったが、まぁしんどかったら周りに「助けて」って言いましょう。そんでまずはしんどい状態から脱出しましょう。そっから後の事は余裕が出来てから考えればいいんですよ。無理しすぎずマイペースで生きましょうね。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!