ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

生産性が高い人だけが価値ある社会だとみんなしんどいんじゃないの?

f:id:reon5653desu:20170803004153j:plain

雨宮処凛さんの自己責任社会の歩き方: 生きるに値する世界のためにという本を読んでいたところ、本の内容にも関連することをジンジャーさんがブログに書いていました。

 

www.ginger-yell.com

それにしてもプロの社会人戦士とか「ネタじゃなくて本当にこんなことを言う人がいるのか?」なんて思ってしまいましたね。匿名のコメントとはいえこんなこと書ける人がいることにも驚くんだけど、利益を出しているとか生産性の多寡のみで人の価値を判断しようとしていてそれって非常に視野が狭いんでないの?なんて思ってしまいます。

 

なんで生産性のみで人の価値を測ろうとするの?

障害を持っている方をディスる人の中には「障害を持ってる人は生産性がないから存在する価値がない」みたいなことを言う人がいます。

 

でもジンジャーさんが↑の記事でも書いているように、障害者の方の中にも生産性が高い人だっているでしょう。障害を持っている=生産性が低いという考えは決めつけも甚だしい。だけど僕がもっと強く言いたいのは、

 

「そもそも何で人の価値っていうのを生産性のみで測ろうとするんだよ?」

 

ってことです。

 

いつからその人の中ではそんなルールになったんだろうか?生産性が高いか低いかが人の存在価値を決めるって、何その縛りプレイ?何で自ら首を絞めるようなルールを勝手に設定してみんなが苦しくなるようにしちゃってんの?なんて思っちゃうわけです。

 

これもジンジャーさんのブログに書いてあってその通りだなと思うんだけど、

 

「おそらく生産性がうんぬんってことで障害者をディスってる人ってそこまで生産性たかくないよね?」

 

って思うんですよ。だからジンジャーさんが言ってるように生産性が高い低いだけを人の価値の指標にしちゃうと「あなた自身の首を絞めることになる」わけです。

 

だって超利益出しまくってる企業の経営者とか、月数千万稼ぐような人から見たら多分だけど、あなた生産性低いわけだから。自分で自分をディスられるようなルールを声高に叫んじゃってるわけだ。「わたしをディスってください!!」って言ってるようなもん。これってなんだか滑稽じゃない?どMなんだろうか?

 

たぶん反論として「いやっ、俺は月に数千万円稼いでいる生産性の高い人間だ。だから俺には生産性の低い人間をディスる権利がある。」なんて人も中にはいるかもしれない。(いたらビックリだけど)でも、世の中上には上がいますよね?

 

たとえばマイクロソフトのビル・ゲイツさんなんて株の売却益も含めてだけど全盛期の年収は1兆円越えだそうです‥‥‥。(頼む10億おくれ!!)

 

そういう人からするとさ、年収数千万円稼いでいようがその人の生産性なんて「いやいや、あんた全然生産性低いですやん‥‥‥。」ってレベルじゃないですか?

 

ここで人の価値を生産性のみに求めるとするとさ、ビル・ゲイツはあなたにこう言えるわけですよ。

 

「あなたの生産性は私の数万分の1以下だ!!つまりあなたは私の数万分の1以下の価値しかない人間だ!!」

 

ぐぅの音も出なくないですか?生産性のみを人の価値として考えたら、ビルさんの数万分の1以下の人間なんだって。それがあなたという人間のそのままの評価になるんですよ?それって辛くない?

 

それとも何?あなたは上は見ないけど下を見下ろして自分の価値を見出すタイプなの?だとしたら言うことはない。でも、その自分ルールを他人に押し付けないでくださいね(^^)/

 

あなたももしかしたら障害を抱える立場になるかもしれないよ?

そんでもう一個障害を持っている人を含め弱者をディスりたがる人に足りないなーと思うのは

 

「もしかしたら自分も障害を持つことがあるかもしれない、弱い立場に陥るかもしれない。」

 

という視点なんですよね。何で自分はそうならないって自信を持って言えるんだろうか?

 

だって、わかりませんよ?もしかしたら突発的な事故にあうかもしれない。病気で倒れて半身不随なんてことだってないわけじゃないですよね。日本は地震国なわけだから、地震で大けがすることだってあるじゃないですか?

 

じゃあ仮にあなたが今までバリバリ生産性高めで社会に貢献してる人だとしましょうよ。んである日突然大けがを負って、どうやら下半身が動かせないなんてことになったらその日から障害を抱えるわけですよね?その時障害がないころのあなたが声高に叫んでいた言葉がそのまんまブーメランで返ってくるわけですよ。

 

「生産性の低い人はこの世から消えてください。」

 

どう?これ?自分が障害を持つ立場になった瞬間にこんな言葉を投げかけられたらショックじゃないの?生産性が低くなったとたんに自分の存在価値なくなっちゃうんだよ?ふざけんな?ってなりません?でも、そういう自分自身の首を絞めるようなことを言ってたのは自分自身なんだよ‥‥‥。

 

ちなみにあなたが障害を持たなかったとしても家族、友人、友人の家族、知人、会社の同僚、学校の先輩、後輩などなどありとあらゆる人が障害を持つ可能性がありますよね?じゃあ、その人が仮に障害者になったとしたら

 

「あなた生産性ないから価値ないですよ。」

 

っていうんですかね?生産性のみを価値にすると、こんな冷たい社会が出来上がっちゃうけど、それでいいんだろうか?いやっ、僕は自分のことを温かい人間だなんて思わないけど、これじゃああんまりにも多くの人にとって冷たすぎる社会になりやしないかい?生きにくい社会になりやしないかい?なんて思うわけです。

 

最後に

とはいえ僕がはてなの片隅でこんなことを書いたところで、そういう人には届かないだろうしやっぱり世の中には生産性のみで人の価値を判断する人もいるんでしょう。無理やり変えることなんてこともできないだろうし。

 

でも、冷静に考えてみても生産性のみにしか価値がない社会って皆が超生きづらい社会だと思うし、僕はその社会はやっぱりいやだなぁ‥‥‥。

 

個人的には生産性が低かろうが高かろうが、お互いがうまく支え合って社会がうまく回って「自分は生きていていいんだ。」なんてみんなが思えればそれでじゃんなんて思うんだけどねぇ。別に理想論を唱えるわけじゃないけど、そっちの方がよりベターな社会なんじゃないかなと思っております。

 

以上、超生産性の低い男の考えでした!!

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。

 

 ちょっと前に書いた価値についての話もあわせてどうぞ♪

reon5653desu.hatenablog.com