読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

澤口俊之先生の『やる気脳の育て方』という講演会に参加してきました。

お出かけ、旅行 ニート日記

どうも、ラッキーマンです。

 

先日、ホンマでっか!?TVに出演されている『澤口俊之先生』の講演会に行ってきました。講演会のテーマは

www.fujitv.co.jp

『やる気脳の育て方』

まさに怠惰な僕にピッタリだ!!これは僕のための講演会に違いない!!という勝手な思い込みから参加することにしてみました。それに無料でしたからね。無料ってほんとにありがたい(>_<)

 

会場の様子

会場は300人ほど入るところだったんですが、結構盛況でしたね。

 

年齢層は割と高めでしたが若い人の姿もちらほらと。

またテーマがやる気脳の育て方という事もあり、小さいお子さん連れの家族とかもいたようです。みんなやる気 出したいし出させたいんだなぁ。

 

そんなこんなで澤口先生が登場。まぁ、テレビに出ているそのまんまの方ですよ。メガネかけて細身の感じのね。ただね‥‥‥

 

「早口&滑舌悪くて聞き取りづらかったなー(>_<)」

 

ご自身でも滑舌が悪いんでみたいなことをおっしゃっていたんですが、想像以上に滑舌が悪かった。正直途中全然聞き取れなかったぐらい。こうなんか『ボソボソボソ』と喋っているんだけど何言ってるかわからん!!っていう場面が結構あったんですよね(>_<)

 

テレビでコメントがちゃんと聞きとれるのは、やっぱマイクの性能がいいからなんだなーなんて思いましたね。会場にいた人で全部聞き取れた人いたんだろうか??

 

講演内容

講演内容は『やる気脳の育て方』という事で、まずどういう人がやる気が高いのかという事からおっしゃっていましたね。澤口先生曰く、

 

『人間性知能(HQ)が高い人がやる気が高い』

とのことでした。

 

、人間性知能とは?

A、脳の前頭前野が持つ人間らしさを担う機能の事です。未来志向的行動力(目標や夢に向かって計画し、努力する)を高めるためには人間性知能を高めることが必要

 

脳をサッカーチームに例えると、サッカーが選手のポジションごとに役割が違うように脳も場所ごとに役割が違ってきます。

 

その役割が違う機能を監督し、コントロールするのが前頭前野であり、これがきちんと働くことでより脳の働きはよくなり、人生がうまくいく可能性が高いとのこと。それは主観的にもそうだし、年収や社会的など客観的な部分もだそうです。

 

つまり、やる気を高めその他の脳機能をしっかりと働かせるためには脳にある前頭前野の部分を鍛える事が大切であるというのが澤口先生の考え方です。

 

ℚ、逆に人間性知能(HQ)が低いと?

A、一流企業や大学に入ってもドロップアウトしたりニート化する可能性がある。

 

ニート化する可能性があるって聞いたときにドキッとしましたね(笑)もしかしたら僕も人間性知能が低いのかもしれない。まぁ、確かに夢とか目的みたいなものが明確じゃないから高いとは言えないけれども。

 

HQの伸ばし方は??

著書をご覧ください!!と言われてスライドに澤口先生の本が紹介されたときは会場中が笑いに包まれていましたが、ちゃんとHQの伸ばし方についても教えてくださいました。

 

子供の場合

 

特にHQに効果的と言われているのが『ピアノのお稽古』だそうです。

ピアノのお稽古をする上で、言語能力が高まるという結果が出ていたりもするそうです。ただ、その理由は今回の講演ではよく分かっていないとおっしゃっていました。

いずれ、その理由も明らかになるのでしょう。

 

ちなみに、東大などに多くの学生を送り込むことで有名な開成中学では、この事を知ってか知らずかピアノの授業を取り入れているみたいです。やっぱピアノっていいんだろうなぁ。

 

まぁ、現実問題ピアノのお稽古なんてお金もかかるし、家にピアノ置けないとかありますからね。皆がみんな取り入れるのは難しいかもなんて聞いていて感じました。

 

成人の場合

 

これはすごーくシンプルなんですが、

 

『有酸素運動をすること』

だそうです。

 

脳は小さいにもかかわらず全体の20%程度血液がいくので、しっかりと血液が供給される必要があります。

 

有酸素運動を行えば全身の血流が良くなるし、前頭前野も大きくなっていきます。さらに記憶力を司る海馬を大きくし、記憶力や方向感覚を高めてくれるとのこと。

 

※ただし激しすぎる有酸素運動はNGで、1日20分間程度のウォーキングなど軽めのものでいいみたいです。かるーく息が上がるぐらい、無理がない運動がベターといえるでしょう。(自転車とかでもいいみたいですよ。)

 

その他にも栄養の話や、ストレス解消法など色々とお話をしていただきました。ただ、やる気の部分とはやや主旨が異なるのでここでは割愛。公演時間は合計1時間半程度でその後の質問コーナーも含めて2時間ぐらいでしたね。結構あっという間だったなー。

 

あとはやっぱり

 

好奇心をもつことだとか、夢や目的を持つっていうことが

人間性知能(HQ)を高める上で最も重要なことのようです。

 

残念ながら、夢がない人とか目的がイマイチはっきりしない人はどうすりゃいいねんっていう僕の疑問は解消できなかったのでやや消化不良ではあるんですが、とりあえず最近はあんまり歩いていないのでウォーキングなどの有酸素運動をちょこちょこやっていこうかなーと思います。

 

なんか夢持たなきゃなー‥‥‥

 

それでは今回はこの辺で(^^)/

 

澤口先生の著書はこちらから♪

 

 最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪