ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

母の雷警報発動中。父への雷雨の確率90%!!

 

f:id:reon5653desu:20160328213839j:plain

 

母が父に怒ってます。僕の家ではたまにある事なんですが、些細なことから母は父に苛立ちを覚え拒否感を示すようになります。

 

今回もいつの間にやら父が何かを言うたびに「うるさいな!」とつぶやくようになったり、リビングでテレビを見ていて父がテレビに向かってコメントなのかぼやきなのかわからないような言葉を発すると、「あー、もうほんと静かにしてほしい」眉間にしわを寄せながら文句を言っています。

 

僕も一応同じ家に住むものとして、あまり両親が険悪でいるのも良くないなーと思うわけで一応母に聴くんですね。「どうしたの??なんかあったの?」ってね。

 

そしたら母がこう言うんです。

 

 

「私が食べようと大事に取っていたせんべいの袋を勝手に開けて食べた。(地域限定のやつ)しかもさしけっちゃうのに開けっ放しでそのままその辺に放置してある。もうありえない!!」

 

「くだらねぇー!!!」

f:id:reon5653desu:20160328224110j:plain

 

読者の方の99%がそう思ったでしょう。僕も母のこのコメントを聞いたとき素直に共感できず「ああ、そうなんだ‥‥‥。」と思わず苦笑いしてしまったほどです。

 

ですが、早とちりするのはまだ早い!!母は別に袋を開けっぱなしにしてたことにガン切れしてたわけじゃありません。母が怒っているのはそれとは別のところにあったんですね。それは‥‥‥。

 

「父が謝らない」

 

ここに全ての原因があったんですね。そのため母は父の言葉や態度に苛立ちを覚えてしまっているという事なんです。

 

以前⇩の記事でも書いたのですが、僕の父は何か過ちを犯したり口が滑ったとしてもなかなか謝りません。かるーく冗談のように謝ることはありますが、真剣に謝っているところをちゃんと見たことがないような気がします。まぁ、見せたくないのかもしれませんが。

reon5653desu.hatenablog.com

 

まぁ、それも一度や二度なら我慢できるのかもしれません。ですが、僕の父と母はもう結婚して45年経つわけです。相当長い年月一緒にいます。それまで僕の知らないところで母もいろいろと我慢してきたのでしょう。もちろん父もそうかもしれませんが、家庭内ではやっぱり母の方が色々と我慢をしてきたように僕は思います。過去には結構ひどいこともありましたから‥‥‥。

 

それが積もりに積もって母の中でいつ爆発するかわからない火種になってしまってるんです。。いい積み重ねじゃなくて、悪い積み重ね。父が母にきちんと謝ってこなかったという悪い積み重ねです。それがあるから今回のようなジャブレベルの軽ーい出来事でもくすぶっていた母の中の火種に着火してしまうのでしょう。

 

父ももう60代後半です。今まで謝ってこなかったなかなか謝れなかった歴史からするともう素直に謝るという事は出来なくなってしまったのかもしれませんね。まぁ、世代的なものとかも関係してくるのかな。

 

ですが、僕はこうやって母と父が喧嘩をしていたり、仲が悪くなっている姿を見るといつも思うことがあるんです。それは

 

「悪いと思ったらすぐ謝りましょう!!」

ということ。

 

これはね、もう何度でも言いたい。僕の家では父ですが、両親でも兄弟でも悪いと思ったらすぐに謝るのが一番です。

 

多分、今回の件も父がすぐに母にちゃんと謝ってたらここまで母の態度が硬化する事はなかったと思います。ちなみにこの記事を書いている時も母の気持ちは荒れ模様。いつ雷様が父に直撃するかわからん状態です。

 

こうなるとかなり関係修復は難しい。まぁ、時がたてば多少は母の怒りも収まるでしょうが、それでも根本的な解決ではありませんからね。『父が謝らなかった』という事実は母の中にずーっと残ります。

 

一時的には落ち着いた空模様になったとしても雷雲は残ったままです。それがまた何かのきっかけでドカーン‥‥‥。

 

やっぱ、同じ屋根の下にいるものとしてはこういう雰囲気っていうのは過ごしにくいことこのうえないんですよね。母は父と直接言葉を交わしたくないがゆえに僕を通訳として使ってきますし。両方日本語だろーが(笑)

 

父が何か言っても母は聞いてない振りするから僕がまた言い直してようやく反応するっていう感じなのでね。喧嘩している両親の間にいるニートちゃんも楽ではないのです(^^;

 

なので、僕の家族のようなことにならないために何度でも言いたい。

 

「悪いと思ったら素直に謝る!!」

これは常に意識しておいてください!

 

そして、僕からもう一言!

 

「頼む親父!素直に謝ってくれ!!」

まぁ、ここで言ってもしょうがないんですがね(>_<)

 

前回は一か月近く冷戦続いたからなー‥‥‥。今回はどうなる事やら。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪