ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

大金持ちをランチに誘え!を読んでみました。

どうも、ラッキーマンです。

 

最近はもっぱら読書をするかブログを書くか懸賞をするか時々筋トレをするかであっという間に一日が過ぎていきます。今日もまた図書館で6冊ほど借りてきまして、『本読めて楽しいぜ、ヒャッハーー♪』っていう気分ではあるのですが、一方でちょっと生活に変化を生み出さなきゃなーとも感じております。

 

さて、そんな人生迷い中の僕ですが、今日はそんな迷いを吹っ切るために読んだ本をご紹介してみたいと思います。それがこちら!

 

『大金持ちをランチに誘え!』

 最初に言っておきますがこの本は、大金持ちをランチに誘う方法を書いた本ではありませんので悪しからず!そんなもん、大金持ちと知り合ってランチに誘えばいいだけですからね。

 

簡単に著者の説明をしておきます。

 

著者のダン・S・ケネディはアメリカを代表するコンサルタントであり、講演家でもあります。ベンチャー企業から大企業まで約100の企業とコンサルタント契約を結んでいます。またそのコンサルティング経験を元に講演を行ったり、著書を多数出版するなどかなりの実績をお持ちの方です。

 

そういう経歴の方の書籍なので、読書の方は

『ビジネス関連の本なの??』と思うかもしれません。

 

もちろん、ビジネスでも使える内容の本でもあるんですが、それだけではなく

『僕たちの生活をよりよくするために最も大切なこと』

が書かれた本なんです。

 

まぁ、自己啓発っちゃ自己啓発なんですよ。ぶっちゃけ。書いてあることは色々ある自己啓発の本と共通する内容ではあります。ただ、この本ね、ちょっと他の本と違うところがあるんです。

 

本の内容は、ダン・S・ケネディが今までコンサルタントとしてだったり講演家として活動する中で、様々な起業家や、ビジネスオーナー、ビジネスマン何かと関わってくる中で見つけた成功法則について書いているものなんですよね。ここまでは他の本と一緒なんです。

 

違うのはここからで、この本ねその成功法則が『たった一つだけしかない』って言っちゃってるんですよ!たった一つですよ??信じられますか??

 

世間ではね、色々な本が売られてますよね?もちろん成功法則に関する本ってたくさん売られてますよ。でもそういう本って例えばですが

『成功するためにするべき○○の法則』みたいな感じだったりしませんか?(○○には数字が入る。)数字も2ケタだったりしてね、『おいおい、そんなに法則あるんかい!?』みたいになったりもすると思うんです。

 

でも、このダン・S・ケネディの本は『たった一つ』と言い切ってしまっています。

そのたった一つの法則が大切であるという事を説明するために、彼の長年の経験で関わった人の失敗談や成功談、知識などを総動員して一冊の本にしているわけです。

 

たった一つのことを言うために一冊書くんですよ!?

まず、彼のパワーというか情熱というか行動力がとてつもないと思いますよね。

 

ただ、肝心の内容はというとその通りだなと思うんです。でもその一方で、

『他の自己啓発本と大きな違いがあるか??』と聞かれると

『うーん、そんなに大きな違いはないかな』と言わざるを得ないと思います。

 

ただ、他の自己啓発本に比べるとね、ケネディの場合自分でもセールスレターを作ってものを売ったりする人なので、具体的な事例が分かりやすいっていうのはありますね。

 

僕は彼が書いたセールスレターを作るための本も持っているのですが、彼の文章の特徴は『分かりやすさです。』どうしてもね、自己啓発とかそういう系の本って小難しい話を入れたりして分かりにくく、具体的な場面をイメージしにくかったりするんですよ。そういう本だとなかなか最後まで読むの難しいと思うんですよね。

 

一回、『あー、難しい!!』ってなったらきっと挫折しちゃうと思うんです。

 

でも、ケネディは自身の著書でもセールスレター、まぁここでは文章と置き換えてもいいでしょう。そういった物を書く際には分かりやすさを重視しています。

 

そういった点では、他の自己啓発書よりも分かりやすいと思いますし、具体的なイメージというのはしやすいのではないかなと思いますね。

220ページぐらいの本ですが、僕は割とスラスラ読めちゃいましたからね♪♪

 

ただ、彼がアメリカ人だからなのか、彼自身の性格とそういうものが理由なのかは分かりませんが、ケネディが書く文章ってね、『良くも悪くもクセがあるんですよね。』

クセあるとね、まぁ人によっては合わないなーなんて言う人もいると思うんですよ。

 

僕は割としっくりきましたが、『うーん、言ってることはわかるけどちょっとね‥‥‥』なんていう人はいると思います。まぁその辺はね、万人受けする文章だと結局誰にも響かなかったりしますから、しょうがないのかなーなんて思います。

 

で、肝心の答えですよね!?

『たった一つの成功法則って一体何なの??』

f:id:reon5653desu:20151021220353j:plain

 

お待たせしました!!ここまで読んでくださったあなたのためにその

『たった一つの成功法則を教えましょう!!』

 

その成功法則とは‥‥‥‥‥‥‥

 

 

 

 

 

『行動せよ!!』

 

ただ、これだけのことです。シンプルですが究極に難しいこと。

それが行動する事。ケネディはこの大切さを説くために一冊使ってあれやこれや説明しております。

 

『なんだ勿体つけやがって!!』と思った人もいるでしょう。

でも、何かをやろうと思って行動に移せている人がどれぐらいいるでしょうか??

 

どんなにいいアイディアがあっても、どんなに素晴らしい知識があっても

どんなにいいビジネスプランがあっても‥‥‥

 

 

『行動しなければ何も起こりません』

 

当たり前でありながら、シンプルでありながら正しいといえるたった一つの法則なのではないでしょうか??

 

何度も言います!!

 

『行動しなければ何も起こらないし、何も変化は起きません!!』

 

f:id:reon5653desu:20151025223545j:plain

これは自分への戒めも込めて言っています。

僕はビビりで慎重な男で、行動力のない男です。

すぐに言い訳を見つけてしまう弱い男なんです。

だから、彼の著書を何度も見て、何度もこの法則を頭に叩き込んでいます。

 

誰かが行動してくれる。誰かが引っ張ってくれる。

誰かが助けてくれる。誰かが見つけてくれる。

 

もしかしたらこう考えている人もいるかもしれません。

でも、仮にあなた以外の誰かがそうしてくれたとしても

最終的には『あなた自身』が行動しなければそこから先へは進むことは出来ません。

 

もちろん、どうしようもなく傷ついてしまったり、逃げ場がなくて悲しみに明け暮れてしまう時もあるでしょう。そんな時は誰かに頼ったっていいのです。

常に一人ですべてを解決するなんてことは不可能ですから。

 

でも、そこから立ち直ったなら今度はあなたが行動する番です。

ケネディもこう言っています。

 

人生の手綱を握ること=責任を引き受ける事

責任=人生の手綱

 引用:大金持ちをランチに誘え!世界的グルが教える『大領行動の原則』

 

自分の人生の手綱を握るのはあなたです!

ぜひ、この事を頭に入れて行動に移していただければと思います!!

 

この本を読んでほしい方

  • 行動できない方
  • 行動したくない方
  • 行動が怖い方
  • 行動する理由を知りたい方

 

 最後までご覧いただきありがとうございました!

また次回もよろしくお願いいたします!