読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

つまらない日常にちょこっとだけ刺激を与えてくれる考え方。

雑記、ゆる記事

どうも、ラッキーマンです。

 

久々のブログになってしまいました。

 

ここ最近家に閉じこもりっぱなしで軽く自分の人生に絶望していた僕ですが、イカンイカンと気を取り直してブログを書いております。

 

さて今回のタイトルは「つまらない日常にちょっとだけ刺激を与えてくれる考え方」です。とはいっても何も特別なことじゃない。ほんとに簡単なことでちょこっとだけ人生は変わる。今回はそんなことを書いてみようと思います♪

 

まずいきなり答えを言っちゃいます。それは

 

「偶然に頼ること」

 

です。もうほんとこれだけ。偶然に頼るだけで日常はちょこっと変わります。ちょこっとだけ刺激が加わります。なぜなのかはこれから説明していきますね♪

 

あなたの日常はパターン化している

f:id:reon5653desu:20170130230335j:plain

僕たちが過ごす日常ってあらゆるものがパターン化していると思うんですよね。たとえばビジネスマンだったら朝起きて会社に行ってから夜仕事を終えて帰宅するまである程度やることって決まっています。

 

まぁ物事を進める上ではパターン化されていた方がいいんですよ。なぜなら余計な労力を使わなくて済むから。こう来たらこうって決まっていた方が物事はスムーズに進行していくしラクなんですね。朝の通勤とか毎回変化させるの面倒じゃないですか?だから大体通る道とかってパターン化されてるはずです。

 

ただパターン化されてるってことは僕らはそのことに慣れちゃってるわけです。慣れてるから変に頭使わなくてすむんだけど刺激っていうものは足りなくなってきます。人は刺激に慣れる生き物ですからね。

 

「じゃあ意識的にそのパターンからはずれればいいんじゃない?」

 

って思うかもしれない。まさにその通りなんです!!自分のパターンからはずれることが大事なんですよ!!でもそれってすんごく難しいことでもあるんです。

 

たとえばあなたがちょっと刺激を得るためにどこかに出かけたいなぁと考えるとするじゃないですか?その時ってどこに行くことを思い浮かべますか?大体パターンが決まってません?近場の動物園とか遊園地とかあるいはちょっと遠くの温泉地とかそういう感じ。

 

動物園に行くこと自体は刺激的かもしれんけど、何回か行ったことあるところなら大体もうどんな動物がいるかとかわかっちゃってるじゃないですか?動物園に入ってしばらくしたらこの動物がいて右には猿のコーナー、左には小動物のコーナーで‥‥‥みたいな。それってあまり刺激的とは言えないですよね?

 

日常に刺激を加えたくてパターン化された考えから脱出したいと思って出かけるのにそのために向かう場所すらパターン化されてしまっている。「出かけるならココだよね。だって安パイだもん」となってしまっている。

 

このように「いつもと違うことをやろう!!」って思ってもそのこと自体あなたが見聞きしたもののや知識として知っているもののなかからひねり出したに過ぎないんです。つまりそれはあなた自身が自分のパターンから抜け出せていないってこと。そうするとある程度予想したとおりの事が起こるので結果として刺激というのは少なくなります。

 

じゃあどうすりゃいいの?っていう話でそれが先ほど書いた「偶然に頼ること」なんです。

 

偶然に頼って自分のパターンから抜け出せ!

f:id:reon5653desu:20170130232624j:plain

偶然っていうのは基本的に自分からは起こすことができません。それは先ほども述べた通りで自分が考えること、やることっていうのは全て自分の持っている知識や経験からひねり出されるもの、つまりある程度パターン化されたものだからです。

 

そうなると頼るべきは自分の外にある何かです。その何かっていうのは基本的に何でもOK。簡単に羅列すると

 

  • 他人
  • テレビ
  • ブログ
  • Twitter
  • Youtube
  • 映画
  • ニュース etc

 

みたいな感じになります。たとえば人から「今度○○っていうイベントあるんだけどいってみない?」って誘われたとしましょう。でもそのイベントは普段のあなたなら選択肢にも入らないようなイベントかもしれない。知ってはいるけど好きってほどではないアーティストのライブとかね。もしかしたらマイナーなアイドルのライブとかかもしれない。そういう誘いに一回乗ってみる。

 

するとまぁ刺激的ですよ。だって普段のあなたのパターンにないものだから。普段あなたがきく音楽の中にない曲ばかりだから。ライブの盛り上がり方からお客さんの熱気から何から何まで違うわけです。そんでそのライブに参加することでもしかしたらそのアーティストのファンになったりあるいは好きな曲に出会えるかもしれない。それってあなたのパターンから飛び出したってことになるじゃないですか?二回目以降いくか行かないかはとりあえず一回やってから決めればいい。

 

ちなみに僕はそういう経験を実際にしてます。

 

友達にDragonAshっていうグループが大好きだっていうやつがいたんですよね。僕の世代(30代前半)なら知ってる人も多いグループ。一世風靡しましたからね。ただ僕の場合曲は知ってるんだけどファンっていうほどではなかったんです。だからライブに行くっていう発想は自分の中にはまったくありませんでした。そんな僕に友達がこんなことを言ってきたんですよ。

 

「今度やるDragonAshのライブ一緒にいかね?」

 

普段の僕ならうーん、どうしようかってなります。でもまぁ友達の誘いだしライブおもしそうだしってことで行くことに。そしたらそのライブがめちゃめちゃ楽しいんですよ。

 

DragonAshのライブってけっこう激しくてみんな叫んだり飛び跳ねたりしまくるわけです。そんで僕も友達と一緒に飛び跳ねまくり。ライブの前の方だと人がいっぱいで押しつぶされそうになるんですが、友達と一緒にその中にはいって「ウォー!!」って叫びまくったりしていました(笑)

 

汗もダラダラでライブ終わるころにはぐったりです。でも楽しかったしすんごい刺激的だった。「ライブっていいなぁ」って気づきを得ることができたんです。これは確実にそいつに誘ってもらったおかげ。それからDragonAshのライブにはその友達と一緒に数回行きましたね♪

 

他にももうそいつに誘ってもらったおかげで友人たちとロッキンオンジャパンフェスっていうロックフェスにも2年連続で参戦しました。ロックフェスにいくなんてそれまでの僕のパターンの中にないわけです。当然こちらでも飛び跳ねまくりました(笑)僕の人生にはなかったパターンですね。

 

その友人に誘ってもらうという偶然のおかげで自分のパターンの外から出ることができたと思っています。

 

ちなみにそいつには10代の頃浜崎あゆみのライブにも誘ってもらいました(笑)アユのライブは1回きりでしたがその一回だって自分だったら一生選ばなかったかもしれない一回です。行ってみたら楽しめたしいい経験になりましたね。

 

こんな感じで人からの誘いみたいなものにポンとのってみるのは自分の日常に刺激を与えてくれる一つの手ですね。これはぜひ試してみてほしいかなぁ。

 

特に自分と趣味が違うとか行動パターンが違う知り合いとか友達の誘いっていうのはオススメです♪その人の誘いにうまくのっかってみる。僕がDragonAsh好きの友人の誘いにのったように。そうするともしかしたらいつもと違った刺激を味わうことができるかもしれませんよ♪

 

ちなみに上に羅列したテレビとかブログとかYouTubeについては気を付けないと見る番組やサイトが知らぬ間にパターン化されている可能性もあります。何気なしにチャンネルを回しているようでも「この時間にはこのニュース番組」とか「自分はバラエティしかみない」みたいなパターンの中で行動しちゃってる可能性も高い。

 

そうなるとそれって偶然に頼るとは言えないと思います。そこは注意が必要ってことはお伝えしておきます。

  

まとめ

今回はちょこっとだけあなたの日常に刺激を与えてくれる考え方について書いてみました。それは偶然に頼ることが大事だということもお伝えしました。

 

もちろん何でもかんでも刺激を求めればいいというわけではありません。冒頭でも述べたようにパターン化された方が物事はスムーズにいくしあなた自身の疲労も少ないはず。ある程度ルーチン化しちゃった方が楽なのも事実です。

 

でも時には僕がお伝えした様ように「偶然に頼って自分のパターンから抜け出してみる」っていうことをやってみてください。そうするとマンネリ化した刺激のない日常に新たな出会い、新たな気づき、新たな経験が得られるはずです。そしてそれはあなたにとってはふだん味わったことのない新鮮な刺激となるでしょう。

 

ぜひ刺激が足りない、ちょっとだけ日常に刺激がほしいという方はぜひ試してみてくださいね♪

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回もよろしくお願いします!!