ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートはどんな日常を過ごしているのか?

f:id:reon5653desu:20160819153511j:plain

 

ブログネタが枯渇したのでひっさびさに僕ラッキーマンの日常を書いてみようと思う。特に面白みや驚きがある日々を過ごしてはいないが「へぇー、こんな風に毎日過ごしているんだ」というのを知ってもらうのもまぁたまにはいいかなという感じだ。

 

 

ニートの日常に興味がある人はご覧あれ。興味がない人はそっと右上の閉じるボタンをクリックして欲しい。

 

 

「ニートは昼夜逆転をしてるんだろ?」

 

という人がいる。もちろんそういう生活をしている人がいることを否定はしないがそれが全てだというのは勘違いである。わりと規則正しい一日を過ごすニートちゃんがいるのも知っておいていいだろう。

 

 

ちなみに僕の場合規則正しい日もあればやや夜更かしがたたり起床が遅くなる時もある。なおこの記事を書いているのがリオ五輪の開催期間のため、特にここ2週間程度はとんでもなく睡眠のサイクルが乱れきっており、日中ボーっとしてしまうことが多い。改めて睡眠の大切を実感する次第だ。

 

 

ここからは僕の日常のスケジュールを簡単に書いてみようと思う。

 

 

 午前

 

起床は大体午前7時~7時30分ぐらいになることが多い。まぁ遅くもなくはやくもないといったところだろうか。大体目覚まし時計をかけて起きることが多いが、自然とその位の時間に目が覚めることも多い。

 

 

起きたら既に母親起きて朝ご飯の準備をしている。父親がパートに出かける日は父も大体僕と同じ時間に起きる。そのまま朝食。やや寝ぼけた状態でテレビを見る。テレビは情報番組を見るが、7時30分になるとNHKの「朝の連続テレビ小説」を見ることが我が家では定番となっている。(今はとと姉ちゃん)

 

 

朝食が済むとそのまま少しテレビを見るか、自分の部屋に戻ってPCに電源を付ける。PCを立ち上げたらまずAmazonと楽天の成果報酬が入っていないかどうかを確認する。

 

 

お気づきの方もいるだろうが、このブログにはAmazonや楽天のリンクが張ってあり、そこから誰かが商品を購入すると僕に紹介料が入るという仕組みだ。とはいえそもそもそんなに人がくるブログでもないし、何かテーマを決めたブログでもない。本やたまたま自分が使ってよかったものなどを紹介してみて、時々雀の涙、ありんこの涙(蟻が涙を流すのかは知らないが)程度の微々たる報酬が入る程度だ。それを見て僕も毎朝「ニートの涙」を流している次第である。(嘘、これでもかというぐらい淡々としている)

 

 

朝から軽く涙を流した後、次にブログを書き始めることが多い。前日に「次の日にやるリスト」みたいなものを作成してあるので、それにのっとってブログを書いていく。一応このブログの他にも趣味のブログとペットのブログも書いているので、多い時は3記事以上、気分がのらなかったり単に怠惰モードになると1~2記事で終わってしまうこともある。

 

 

ちなみにこのやるべきリストはオススメだ。僕は小さいホワイトボードを買ってきて作業机に座った時に確認できるようにしている。そして、リストに書かれたものをどんどん消していくのだ。最終的にホワイトボードが元の真っ白な状態になったらその日やるべきことは完ぺきにこなせたことになる。真っ白になると気持ちがいい。

 

f:id:reon5653desu:20160819200748j:plain

やるべきことが少なすぎて泣ける‥‥‥。

 

 

とはいえ、毎回「真っ白にしなければ」と必死こくのも余裕がなくて疲れるので、全部できなかったとしても「まぁ、3分の2ぐらいはやれたからいいかぁ」と思うようにしている。残ったやるべきことは次の日に消化するようにしている。

 

 

ブログを書く時間は記事によってまちまちだ。どのブログも1記事最低1000文字以上は書くようにしているが、場合によっては2000~3000文字ぐらいになることもある。

 

 

基本的には「大体こんな事を書こうかな」というのは決まっているが書いているうちに頭の中に書きたいことが出てきて「あれも書こう、これもいれたい」なんてアイディアが出てくると結構なボリュームになってしまう。必要な部分とそうでない部分をうまく見極めて削れるところは削らなきゃなといつも反省している。

 

 

時間は決まってないが1記事早くて30分ぐらい、長くなるとそれこそ1時間とか2時間近くかけて書くこともある。決して効率がいいとは思わないが、まぁ好き勝手書いているのでよしとしている。もっと早く文章が書きたいなとはいつも思っている。

 

 

そんなこんなであっという間にお昼だ。昼は母親がいれば作ってくれたりもするし、家にある物を使って自分でつくることもある。とはいえ、料理なんてたいそうなものは出来ないので冷凍物をチンしたり、野菜をこれでもかというぐらい不器用に切ったりする程度だ。不器用の極みだ。

 

 

僕は手から先に神経がないんじゃないかというぐらい不器用なので、無理して料理をするのはストレスでしかないし、うまく作れることはまずない。作りやすい方法で料理はすませる。あとは、納豆のパックや缶詰などをうまく活用している。時々肉を茹でたり焼いたりもする。

 

 

大体お昼を食べながら前日録画していた気になる番組を見る。見るものはバラエティ番組が多い。ご飯を食べながらケタケタと笑う。笑うのは良い。普段笑えるかどうかで自分の心の状態も分かる。最近の僕は笑えているが、本当にふさぎ込んでいた時期というのはあまり笑うことができなかった。そんな時は「ちょっと疲れてるのかな」と体を休める合図だと思うようにしている。それがさらに続くようなら病院などに行ってもいいのかもしれない。笑いは元気のバロメーターである。

 

 

午後

 

基本的には午前中と同じでブログを書くのだが、ここ最近はご飯直後に物凄い睡魔に襲われてしまう。歯を磨き部屋に戻った後「10分だけ」という謎のひとりごとを残してベッドに横たわる。

 

 

睡魔+ベッドは危険だ。とてもデンジャラス。アリの巣地獄のように僕を絡めとる「ちょっと10分だけ」で済むはずがない。意志の力が弱いというのを改めて実感する瞬間だ。気がつけば1時間、下手すりゃ2時間経過していることもある。時計を見た瞬間にはぁーとため息をつくことを何度経験したことか。ベッドは本格的に寝るとき以外は距離を置いておいた方がいいだろう。

 

 

まぁ、こんな感じでブログをしっかり書ける日もあればベッドやソファで予想外に寝てしまって作業ややるべきことがはかどらない日もある。特に前日夜更かしをしたりあまり寝れなかったりすると午後になって眠くなることが多くなり、ベッドの誘惑に負けてしまう。

 

 

特に今はリオ五輪のため日本時間の深夜以降に競技をやっていたりする。僕はできれば試合結果を生で見たいと思ってしまうたちなのだ。ちょうど日本とブラジルの時差は12時間程度。日本の夜が向こうの朝。ちょうど僕らが眠るころ向こうでは競技が始まったり佳境を迎えたりする。そうなると寝ようと思っても結果が気になって眠れない。寝るのが午前2時、3時になってしまうこともしばしば。

 

 

それなのに起きるのは7時とか暑くて眠れなくてそれ以前だったりもするわけだからそりゃ眠くなる。午前中は何とか耐えられるが午後になると‥‥‥というわけだ。こういうところでも睡眠は大事だよなと実感する。ほんと眠るって大事。眠れないのは辛すぎる。仕事があるのにオリンピックを見たい人は大変だと思う。毎朝眠い目をこすったまま会社に行く人もいるのではないだろうか?

 

 

そんなこんなでブログを書いたり、睡魔にやられて余計な時間をとられたりあるいは読書をしているとあっというまに夕方17時だ。17時を過ぎると「筋トレタイム」を設けている。僕の場合週に4日~5日程度は筋トレをすることにしている。

 

 

もちろんジムのようにマシンなどは置いてあるはずもないが、家には片方40㎏超のダンベル(プレート式なので重さの調整が可能)があるので、それで大体の部位を鍛えるのには事足りる。

 

 

筋トレは大体1時間以内に終わる。PCでYouTubeから音楽を流したりしながら行えばあっという間だ。筋トレに関しては習慣化していてもはややらないと気持ちが悪い。休むのはお盆とか年末年始、あとは体調が悪かったり用事があるときぐらいで基本的には年中やっている。とはいえそこまでゴリゴリという感じではない。節制もしていないのでそこそこ脂肪もついてしまっている(>_<)

 

 

筋トレをしていていいなと思うのはやっている間は不安感や余計なことを考えなくて済むことだ。僕の場合放置しているとうっかりネガティブな方へ考えが引きずられてしまいがちだが、筋トレをするとゴチャゴチャした考えがすっきりして気分がいい。

 

 

筋トレだとややハードすぎるということであれば散歩やジョギングなどは無理のない範囲でやれば健康維持やストレス発散できていいと思う。むしろ運動しないニートちゃんこそこういうものを取り入れていくべきだ。歩くだけでも全然体にはいい。

 

 

筋トレが終わると大体ガッツリ汗をかいているのでお風呂に入る。風呂ではマンガや本を持ち込んでのんびり過ごすことを心掛けている。活字の場合も難しいものだと頭に入らないので、小説やエッセイなどが多い。ここでもあまりゴチャゴチャ考えず「心と体のアカを洗い落とす」という感じ。僕の場合心のアカがたまりにたまっているので丹念に落とすようにしている。

 

 

また僕はカラオケも好きなので早い時間であれば結構大きめの声で熱唱する事もある(笑)風呂で歌うと反響して自分の歌がなんだかうまく聞こえるからおすすめだ。隣の家に聞こえていないかどうかだけが心配だが‥‥‥。

 

 

 

風呂からあがると晩御飯だ。晩御飯は大体ニュースがやっているのでそれを見ながらといった感じだ。スマホのアプリで大体その日にあったニュースは把握しているが、確認のためにテレビでも見るようにしている。

 

 

ご飯を食べたら部屋に戻って歯を磨ぎながら大体YouTubeを見ている。またちょっとゲーム実況動画にハマりかけている。気づいたら30分とか1時間は過ぎてしまうので、歯を磨ぎ終えると同時に見るのをやめるようにしている。

 

 

それでも時々は続きが気になってしまい、PCの前から離れられなくなってしまう。YouTubeの魔力は恐ろしい。確か半年とかぐらい前にもこんな事を言っていた気がする。YouTubeいまだ健在なり。ほんとやろうと思ったら一日中YouTubeの前にいても飽きることはないだろう。それぐらいものすごい動画量があの中にはある。

 

 

歯をみがき終えると今度は購読しているブロガーさんたちのブログを見たりTwitterを見て面白い情報がないかどうかを検索している。はてなブログならstarを残したりもするし、Twitterならリツイートして自分の意見も加えたりもする。またそういった情報の中から「自分のブログネタ」になりそうなものを探したりもする。

 

 

他の人のブログを見るだけで結構面白い。「なるほど、この視点があったか」とか「このジャンルのこと自分も書いてみよう」とか気づくことも結構ある。無料でこういうものに触れられる(実際にはネットにつなぐお金はかかっているが)今の時代は本当にありがたい。

 

 

他人のブログはネタの宝庫だ。「ネタ切れっす!!」と声高に叫ぶ前に他人のブログを見るといいアイディアが思いつくかもしれない。あとはやっぱりブログのテーマや読者を決めることが大事なんだけど、今回はブログについて細かく書くつもりはないので割愛しておく。

 

 

一応ブログネタに困った時のための記事を下に掲載はしておくので良かったら参考にしてみてほしい。

 

文章のネタを集めるにはアンテナを張ることが大切だ!! - ニート気質な僕の生きる道

ブログネタ見つからないならSmartNewsを活用するとネタがあふれててビビるぞい。 - ニート気質な僕の生きる道

 

 

 

その他読書をしたり、またちょこっとブログを書いたりする。時間は決まってないが図書館で借りてきた本を返しに行く時もある。また筋トレを17時にできなかった場合は21時ぐらいから筋トレをしたり、散歩に行ったりしてその後風呂に入るという日もある。この辺は特にこう使おうという時間にはしていない。

 

 

そんなこんなで23時~24時ぐらいにはベッドで横に慣れればベストだ。ただ、先ほども言ったように今はリオ五輪のためこのサイクルが物凄く乱されてしまっている。2時、3時ぐらいに眠ることもしばしば。そのせいかこのブログを書いていてもすこぶる眠い。多分読者の方の中には「だから文章にいつものような面白さがないのか」と気づいてもらえたと思う。そうなのだ。

 

 

「全て寝不足のせいだ!!!」

 

 

寝不足のせいで文章が面白くない。寝不足のせいで文章が長ったらしい。寝不足のせいで誤字脱字が目立つ。そう全て寝不足のせいだ。だから寝不足が解消されればすべてがうまくいくのだ‥‥‥。

 

 

「嘘でした。すいません!!!!」

 

 

僕の文章は普段からそんなに面白くないし、長ったらしいし、誤字脱字も目立ちます。お目めパッチリ頭スッキリの時でも大して変わりはしません。ドラゴンボールでいえば調子のいいヤムチャぐらい大したことないです。全てを寝不足のせいにして自分の能力向上を図ってこなかった私のせいでございます。きちんと校正をしてこなかったのが悪いんです。反省。猛省。最後に反省を示すために一句。

 

 

 

「もうしない 睡眠不足と 人のせい 」

 

 

おあとがよろしいようで。

なんかテンションがダメになってきたので今回はここで締めたいと思います。

質問などあればコメント欄にコメントください♪

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!