読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートさんへ。何かを始める理由なんてなんでもいいよ。

ニートの思考、考え ニート、引きこもりの方向けの情報

「ニートの人は完璧主義者が多い」

f:id:reon5653desu:20160612122501j:plain

 

というのが僕の実感です。これは僕も含めてね。だからなかなか物事を始めることが出来ないんじゃないかなーなんて思うわけです。はじめの一歩を踏み出しにくい。

 

 

例えば仕事をすると考えた時に気軽に踏み出すことが出来ない。それこそ、「仕事をするなら自分にとってやりがいがあって長く続けられて‥‥‥。」みたいにハードルをガンガンあげてしまうんですよね。とりあえず経験を積んでみるかなーって考えにシフトする事がなかなかできない。そういう人がニートの人の中にはいるんじゃないかなーと思うわけです。僕も結構そのタイプ。

 

 

前々から言っているようにハードルを上げすぎるとろくなことがありません。大抵不安とかビビりの感情が勝って動けなくなります。最初の一歩を踏み出す時なんてハードル低いに越したことはないんですよ。そういう意味では完璧主義は損だし出来ればそこから脱却するのがいいと思いますね。

 

 

始める理由なんて何でもいい。

 

 

よく考えなくてもわかるとは思うんですが、みんな何かを始めるきっかけなんて適当なもんです。

 

 

例えばバンドを始める人がいたとしてその人が最初から崇高な理念を掲げているかといったらそんなことはありません。「何でバンドを始めたんですか?」なんて質問されたら「バンドをやっている人がかっこよかったから」とか「友達に誘われたから」とか「女にモテたかったから」とかものすごーくシンプルな答えが返ってきたりするもんなんですよ。

 

 

そうやってなんとなくだったりとか、すんごくシンプルな理由で初めてみた結果だんだんとファンが増えたりとか人気が出てきたりして、「じゃあ、みんなを感動させられる勇気が出る曲を届けたい」みたいな高い理想に移行していくもんなんですよ。

 

 

むしろ最初から「人々を勇気づけられるような曲が作れなきゃバンドを始めちゃだめだ」なんて超絶ハードルあげてたら多分ほとんどの人がバンドしてません(笑)まだギターも弾けてないような初心がそんな理想語り出したら確実に二の足を踏みますよ。動けるはずがない。スタートほどシンプルにハードル低くっていうのは何事も大事だと思いますね。

 

 

始める理由はゲスくてもいい

 

ゲスいっていうとなんかあれなんですが、別に物事を始める理由なんてご立派なものである必要なんてないと思っています。

 

 

それこそ、「金持ちになりたい」「美味いもん食いたい」「異性にモテたい」とかそんな理由でもいいだろうし、すんごい嫌なこと言われて「ゆるせん!!ゼッタイに見返してやる!!」みたいな怒りの感情とかからスタートしてもいいと思うんです。そういうストレートでかつシンプルな理由の方が物凄い原動力になりますからね。

 

 

ほらっ、女にモテたい人の行動力って半端ないじゃないですか?あれですよ!あれ!!あんな感じで要は「自分の感情に素直になろうぜ!!」っていうことなんですね。女にモテたいと思ってないなら別にいいけど、もし思ってるんだとしたら自分に嘘つかない。これすごく大事なことなんじゃないかなと。

 

 

でも時々自分のそういうストレートな感情とか思いから目を背けて蓋をしてしまっている人っていると思うんですよね。もちろんそれが本心ならいいんですが、どうもそうではないのにそう思い込んでしまっている気がします。

 

 

それで他人のカッコいい理由とかに共感して(共感したふりをして)「自分もあんな風に立派な理由がなければならない」なんて事を考えてしまう。ハードルぶち上げるだけじゃなくてしかも他人の理由に乗っかっちゃってるわけですからそりゃなかなか動き出せませんよ。だってそれは他人が動き出す理由であって、あなたが動き出す理由じゃないもの。しっくりくるはずがない。違和感だらけです。

 

 

「他人の理由なんて関係ねぇ!!自分の理由で動け!!」

 

 

もうこれね。毎度毎度いうんだけど他人と比べても何の意味もないですからね。自分は自分だし、自分がそう思ったのならそれは抑え込む必要なんてありません。むしろ、自分の気持ちに正直にいたほうが行動しやすいですよ。絶対にね。

 

それでも行動できない時は?

 

それでもなかなか動き出せない時ってあると思うんですよ。自分の気持ちに正直になるって難しいですしね。そんな時にオススメなのは「過去、自分はどういう時に行動を起こせたのか?」っていうのを振り返ってみることだと思います。

 

 

別に最近のことじゃなくてもいいんですよ。子供の時とかでもいい。何かを始めた理由とかきっかけって誰しもあると思うんです。そういう過去の成功事例を引っ張り出してみる。「あれ?自分は何であの時動きだせたのかな?」っていうのを考えてみるといいですよ。

 

 

意外とそういう時ってシンプルに「楽しそう」とか「面白そう」とかだったりするんですよ。あとは「人に誘われたから」みたいな感じね。もうほんとにそんな感じでOK。ご立派な理由なんていらない。出来るだけハードル低く、始める理由はゲスでいいし、自分の感情とか思いにもっと素直になろうぜ!!って思いますね。

 

 

まとめ

 

特にないけど最後にもう一回だけ!!!

 

 

「始める理由は何でもいい!!ゲスでもいいし自分の感情に素直になって自分の理由で行動しよう!自分に嘘をつくな!!」

 

 

今回言いたかったのはそんな感じです。なかなか行動が出来ない方は参考にしてみてください!ほんとなんでもいいのよ理由なんてさ。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!