ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

僕がモテるためにはどうしたらいいか?超真剣に検証してみた。

f:id:reon5653desu:20160823211305j:plain

 

ブログ上で散々皆さんに迷惑をかけてきた私ですが、ここでは本当に役立つ情報を提供したい。皆さんも求めるもの、皆さんが知りたいこと、皆さんが僕に期待するものは何なのか?

 

 

1日中考えた。朝、昼、晩。月火水木金金金金金。なぜか1週間が9日になっているぐらいその事ばかり考えていた。

 

 

ニートの僕がモテるためにはどうすればいいのか?」

 

 

今回の記事のテーマはこれだ。何でこんなテーマを持ってきたのか。それはシンプルに

夏→海→水着→モテたいという思考回路が結びついたからだ。シンプルイズベスト。

 

 

というわけでまずは「どういう男がモテるのか?」ということを知らなければならない。女性が求めるものは何なのか?どういう男の需要があるのかを知ること。それがモテる男への近道だ。

 

 あっ、ちなみに僕がモテるかモテないかでいうと‥‥‥

「未だに人生3度目のモテキが来ていない」とだけいっておこう。ちなみに1度目は幼稚園の年中。2度目は年長だ‥‥‥。

 

 

そんな悲しみの歴史には蓋をしておいて、今は現実を見よう。まずはどういう男がモテるんだ?ということでググってみた。すると、こんなサイトが出てきた。

 

 

女性目線でランキング!イケメンじゃなくても「モテる男」の条件30

 

 

イケメンじゃなくてもモテる男の条件30‥‥‥。「30も条件つけやがって何様なんだコノヤロー!!」という心の声には蓋をする。そんな事を言っていたらモテないのだ。モテるためには喜んで30の条件も受け入れよう。喜んで靴もなめよう

 

 

ちなみにこのランキング「イケメンじゃなくても」というところがありがたい。イケメンは放っておいてもモテる。肝心なのはイケメンじゃないやつがどうモテるのなのだ。真っ暗な暗闇の中に一筋の光が差したようだ。

 

 

ここで参考サイトから「モテる男の条件30」をバーッと羅列して読者の方と共有してみようと思う。

 

30位 雑誌ばかりに頼らない

29位 自慢話をしない

28位 ブランドにこだわらない

27位 チープなプレゼントができる

26位 親しき中にも礼儀あり

25位 アドバイス上手

24位 自分の感想が素直に話せる

23位 失敗を認め、見せることができる

22位 決断力がある

21位 小さいことにこだわらない

20位 直ぐに「好き」と言わない

19位 チャレンジ精神がある

18位 女性を認めている

17位 女性の話を上手に聞ける

16位 「ありがとう」が自然に言える人

15位 教え方が解り易い

14位 自分の話より相手の話を大切にできる

13位 トラブルや変化に強い

12位 女性のが意見をサラッと褒めることができる

11位 自分が似合うファッションを知っている

10位 その場にいる女性全員にやさしい

9位 会話中で適当な返事をしない

8位 他人に対して親切

7位 自分から話ができる

6位 女性に関心がある

5位 仕事に真面目

4位 誘い方がうまい

3位 基本がポジティブ

2位 女性に対して気軽に声を掛けることができる

1位 面白い人ではなく一緒にいて面白い人

引用元:女性目線でランキング!イケメンじゃなくても「モテる男」の条件30

 

 

どうだろうか?この30個の条件。あなたはどれぐらいクリアをしているだろうか?

ちなみに僕はこの条件だと主観ではあるが、大体8~10こぐらい当てはまるかなぁ??といったところだ。

 

 

だが、残念ながら10位から上の条件に僕はほとんど当てはまらなかった。さすがに30個全部検証するのは大変なので今回は10位から1位まで一個ずつ順番にこのくだらないランキングを潰していこう見ていこう。

 

 

まず10位だがその場にいる女性全員にやさしくするのは不可能だといきなりケチをつけてみる。そんな奴この世にいるのか??その場にいるのって一体何人だよ??5人いたら5人平等にやさしさを振り分けろってか??無理だ!!僕の中の優しさはせいぜいその場の1人~2人程度にしかふりまけない。それ以上はスペック的に無理だ、というか無理をしていることがあからさまにばれる。「ああ、こいつ頑張っちゃってるな」感があふれだす。女性たちの冷たい視線が突き刺さりそうだ。

 

 

9位の会話中で適当な返事をしないというのも、その場による。そりゃ、自分から質問したり興味関心があることに対して適当な返事をしたりはしない。でも、本を読んだりしている最中に話しかけられたら「ふーん」とか「へぇー」とかこれでもかというぐらいの生返事を炸裂させる。僕は器用じゃない。2つ同時に何かをできるようなマルチタスクの人間ではないのだ。

 

 

8位の他人に対して親切にというのは出来ると思う。まぁ、されて嫌なことはしないぞというスタンスだ。逆に女性の前であからさまにお年寄りは子供にやさしくするのはあざとさを感じる。(そんなこと言ってるからダメなんだ。)まぁ、席とか譲るぐらいはできるし、道を聞かれたらかなり丁寧に答える。わからなそうならちょっとついていったりもする。

 

 

7位の自分から話ができる微妙なところだ。リンク先では「おはよう」と話しかけられることだと言ってるがそれぐらいなら僕でも出来る。ただ、それはあくまでも挨拶をするというレベルであって、話しかけるというのは「この間こんな事があってさ‥‥‥。」という感じで会話を先に切り出していくことだ。それに関してはある程度親しくならなければ僕はしない。

 

 

逆に、特に仲良くもないこんなアラサーのアブラで肌がテカテカしている男にある日いきなり話しかけられたら女性はどうなのだろうか?おそらく苦虫を3回ぐらいかみつぶしたような顔をするだろう。僕はそんな目に女性を合わせたくないから潔く身を引くだろう。

 

 

6位の女性に関心があるというのは女の趣味に関心があるということらしい。そりゃねいるとか見せてきて、「うまいね」とか「綺麗だね」ぐらいは言えるが、それって関心があると言えるのだろうか??たとえそう答えていたとしても、少しでも気持ちが入っていなければ「本当にそう思ってるの?プンスカプン!!」とほほを膨らませてくるのが女性だろう(かなり極端なイメージ)

 

 

関心があるというのは「えっ?そのネイル超かわいいね♪どこの店でやってきたの??うっそ、マジであの店?いいなぁ、今度連れていってよ。僕もやりたいよぉ♪」(書いていて気持ち悪くなってきた。)というぐらいのレベルではないのか?これだったら関心がありありと女性に伝わるに違いない。ただ、このレベルまで行くと「どんだけ―♪」というところまでもう少しでたどり着いてしまいそうな気もする‥‥‥。

 

 

5位の仕事に真面目‥‥‥。

 

 

「次に行きましょうか」

 

 

4位は誘い方がうまい人らしいが、大前提として「よっぽど嫌いな相手でない限り」というのが入って来る。まぁ、普段から「人畜無害」がモットーの僕なのでよっぽど嫌われることはないとは思う。(テカってる肌が嫌じゃなければ)

 

 

でも、嫌いじゃなくても苦手だったり特になんとも思っていない野郎からいきなり「明日良かったら飯でもいかない?うまいパスタの店見つけたからさ♪」なんて爽やかなお誘いを受けたとしたらどうだろうか?

 

 

「何がパスタだ!お前には泥団子が似合いだよコノヤロー!!」

 

 

って思わないだろうか?えっ?さすがにそこまでは思わないって?なるほど。ちょっと長い間女性とそういう会話したことなかったからどうやら考えすぎてたみたい。いつの間にか「女性➡悪魔」という公式が出来上がっていたみたいだ。

 

 

まぁ、そんなことは思わなくてもこういうお誘いなんてものは相手に対して少なくとも「普通以上」の感情を持ち合わせてなければ嬉しくもなんともないだろう。そう思ってもらえている時点でその男は既にある程度成功している。そしてその地点まで行くのはとても難しい。

 

 

3位は基本がポジティブな男だ。これは僕がこの記事を書きながら全力で否定していっているところだ。僕はポジティブとは反対の世界にいる男。ポといったら「ポイズンのポ!!」と答える毒男である。

 

 

まぁ、そりゃ普段から「死にたい」とか「この世が滅びてしまえばいいのに」なんて女性の前では言いやしないよ。そこまで振り切ってはいない。それなりにポジティブな面もあると思う。そりゃ相手の嫌なところばかりチクチクついたりしない。基本は長所を見たいと思っている。

 

 

でも、よくいる「ポといったらポメラニアンのポ!!」というようなポップで明るい男ではない。常に前向きでエネルギッシュな男でもない。でなければ今こうしてこんな風に邪悪な文章に力を入れていないだろう‥‥‥。

 

 

2位の女性に対して気軽に話しかけることができるは、正直かなりハードルが高い。僕は典型的な人見知りだ。女性どころか男だって初対面の時には緊張するし、なかなか話しかけられなかったりする。自意識過剰と言われればそうなのだろう。この性格はたぶん大きくは変わらないと思う。

 

 

パーティーなんかもってのほかだ。隅っこの方で一人ちびちびと酒を飲みながら会場を眺めている方が気楽でいい。不特定多数の人間がいると明らかに消耗するし、何ら快適なことがない。

 

 

むしろ、一対一であるならばある程度話しかけることはできる。人見知りではあるがその方がまだいい。とにかく大勢だったり不特定多数の場所が苦手である。これはもうそういう男ですとしか言いようがない。

 

 

ふぅー、ようやくここまで来た。いよいよ最後。第一位は面白い人ではなく一緒に居て面白い人だそうだ。ちなみに参考にしているサイトによるとこういう人が該当するらしい。

 

  • 話を聞いてほしい時は聞いてくれる。
  • 映画館に行きたいな〜と言ったら「何観ようか?」とノッてくれる。
  • 寒いから今日はゆっくりしたいと言ったら、マッタリを楽しんでくれる。
  • 急に海が見たくなった〜と言えば、面倒臭がらずに「行ってみる?」と提案してくれるちょっと遠いけど美味しいパン屋さん見つけたんだ!と話したら、今から行こう!と興味を持ってくれる
  • デートの用意でメイクに手間取っても、急がなくて良いよ〜と待つ時間も楽しんでくれる

女性が楽しいと思う空間を一緒に楽しんでくれる男性こそ、一緒に居て面白い人と言えます。

引用元:女性目線でランキング!イケメンじゃなくても「モテる男」の条件30

 

 

ふむふむ、なるほどね。

 

 

 

「ただの女に都合のいい男じゃねぇか!!!!!!!!!」

f:id:reon5653desu:20160823210639j:plain

 

 という感じで怒りマックスの僕だけど、冷静に考えればさ働いてない男はモテんよなぁ‥‥‥。トホホ(:_;)なんだかこの世で一番無駄な時間の使い方をした気がしますが、無駄があってこそ人という、誰かが言っていたかもしれない言葉を胸にこの不毛な戦いに幕を下ろしたいと思う。

 

 

結論

 

 

「僕はモテない!!!!!以上!!!」

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!(泣)

次回もよろしくお願いします!!(泣)