ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートの懸賞生活⑭ なかなか大物は当たらないが‥‥‥。

 前回の当選から、わずか数日。

 

僕が家にいない間に荷物が届いていたようだ。

 

なんか見たことあるサイズの箱‥‥‥。

f:id:reon5653desu:20160223224425j:plain

 開けてみると‥‥‥。

f:id:reon5653desu:20160223224603j:plain

 

『サントリー!!!』

 

今回はどうやらカクテルのようだ。(家の汚さには目をつぶっていただきたい。)

f:id:reon5653desu:20160223224733j:plain

 

これでサントリーの飲み物の当選は4つ目である!!↓にこれまでのサントリーの糖セ品の記事があるので、良かったら読んでみてください。

reon5653desu.hatenablog.com

reon5653desu.hatenablog.com

 

おそらくではあるが、このサントリーの懸賞に関していえば当選率は8割ぐらい行くんじゃないだろうか??これだけ連続で当選すると下手したら応募したのが僕を含めて数人しかいないとかそんな気もしなくもない(笑)

 

まぁ、この懸賞は当選人数も多いから当たりやすい懸賞ではあるので、そこまで喜ぶほどではないのかもしれないが、毎回自分宛てに何か荷物が届くというのは嬉しいものだ。

 

『何が当たったんだろう??』

 

荷物を開けるまでのこのワクワク感は懸賞でしか味わえないものであると思う。過去まぁまぁ高額な賞品から自分的にはあまり必要のないものまで様々なものに当選したのだがどの賞品でも包みを開けるその瞬間までのワクワク感はいまだに色あせない。たとえその賞品が自分の欲しいものとは違っていても嬉しいことには変わりはない。

 

そもそも懸賞なんてものは当たると思って応募していない。応募した瞬間にもうその賞品の事はほとんど忘れている。それが高額のものであろうと低額のものであろうとそれはもうすっぱりと。

 

そうしてすっかり応募したことすら忘れたころに『ピンポーン!』と家のチャイムが鳴り、荷物が届く。サプライズである。

 

サプライズされることなんて普段あんまりないだろう。だから懸賞に当選するのは嬉しいのかもしれない。

 

今回の賞品も前回の賞品も値段からしたら1本100円程度である。当選額としては微々たるものかもしれない。

 

でも、当たるなんて思ってもなかった。それどころかすっかり応募したことすら忘れていた(笑)

 

だから、届いたときは驚いたし嬉しかった。それは値段ではないのだ。もちろん、高額のものが当たるのに越したことはないがたとえ低額のものでも十分喜べる、それが懸賞である。

 

だから僕は懸賞を辞められないのかもしれない。ニートちゃんの僕の代わり映えのない日常にサプライズを与えてくれる。なんかちょっと寂しい気もするが(笑)

 

そんなわけでこれからもニートの懸賞生活は続けていくつもり。

 

目標当選数100個。

 

目標達成まであと89個!!

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪