読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

人生はネタ作りなのだと思うとすんごい気持ちが楽になる。

ニートの思考、考え

f:id:reon5653desu:20160621220347j:plain

 

 

「人生はネタ作りである」

 

 

 最近の僕はうまくいかないことがあったりなかなか前にすすめない時にこう思うようにしています。単に苦しいとか辛いとか思ってるだけだとしんどいんですよね。もちろん、時に悩み苦しみ事も必要なのかもしれないけどそれもいき過ぎると今度は自己否定につながってしまう。そんな時に「人生はネタ作りである」と思えるとすんごく気持ちが楽になる、僕はそんな気がしています。

 ちなみに僕の中ではネタというのは「自分の経験で人を笑わせたり楽しませたり人の役に立つようなこと」だと捉えています。まぁ、人の心を動かすものといってもいいのかな。それは失敗談も成功談も関係ないと思っています。

 

芸人さんの場合

 

ネタということでいえばお笑い芸人さんなんてまさにネタの宝庫ですよね。自分の人生のあらゆるものを「ネタ」としてとらえる事でそれをうまく笑いにしています。特に芸人さんが失敗した話とか貧乏話とかそういうのって凄く僕らを惹きつけます。多分人って誰かの成功話を延々と聞かされるよりも人の失敗談とかそういうのを聞きたいんじゃないかな?

 

 

「何人連続でフラれました!」とか「貧乏すぎて公園の草食べてました!!」とかって多分当時のご本人からするとしんどいことだったと思うんですよ。ネタになるなんて考えられなかったかもしれない。でも、それが時間がたつことでネタとして生きてくる可能性がある。辛いことでも悩んでいた事でもへこんだことでもネタになるんじゃないの??なんてちょっとでも頭によぎったらもうこっちのもんですよね。その瞬間、今生きている事すら楽しくなるんじゃないでしょうか。

 

 

まぁ、僕らは芸人さんではないのであそこまでプライベートをさらけ出す必要はないのかもしれないけど、そういう話をした方が場も和むような気がするし、たとえ自分的には「失敗だったなー」っていうような事でも人にとってはそれが笑いに変わりなんだか元気になるならそれはそれでいいじゃないかな。まぁ、笑いには出来なくてもそれは経験として同じように悩む人とかを助ける際に役立ちますよね。

 

 

ニートならニートの経験が役立つだろうしひきこもりならひきこもりの経験が役に立つ。経験が役に立つ=過去の経験はネタとして使えるなんて図式が成り立つんじゃないかと勝手に思ってます(笑)

 

 

じゃあそんな僕自身の人生はうまくいってるのか?といわれたらそんなことないんですよ。ご存知の通りニートだしお金ないし30歳超えたしで時々嫌になってしまうこともあるんですが、じゃあそこで「もう俺はおしまいだー」ってへこんでどうしようもなく打ちひしがれるんじゃなくて

「今の状況から前進できたらこれまでの事は全てネタとして提供できるぞ!!」っていうスタンス。ネタとまではいかなくても少なくともこの経験は無駄ではないと思うと、凄く楽だし今苦しい思いしてる人にもちょっとでもそういう気持ちを持ってもらえたらすんごい楽になるような気がしてるんです。

 

 

へこんだり落ち込んだりして気持ちが重くなるとねやっぱ動きにくくなるんですよね。ほんと自己否定しまくるとなーんもできなくなる。僕も長い時間何もできない日々を過ごしてきたし、出来れば他の人には何年もつらい気持ちでいてほしくないななんて思うわけです。

 

 

辛い思いなんてしなくて済むならその方がいいしね。自分を認めて自分の人生や経験は無駄じゃないと捉える。簡単じゃないのかもしれないけど、それこそ芸人さんのように「自分の人生をネタとしてとらえる」スタンスでいるといいんじゃないかなと思っています。

 

 

悩み苦しんでる時こそネタ作りの真っ最中

 

「いやっ、本当に今しんどいからそんなこと考えられないよ」

と思う方もいるかもしれません。確かにほんとにつらい時苦しい時というのは「これはネタになるぜ!へへへ!」なんて思えないものです。僕もそう思います。今はあがいてる真っ最中なのかもしれません。

 

 

でも、何年かたった後もう一度その時の事を思い出してみてください。悩みや苦しみから抜け出した自分を想像してみてください。きっとその時に悩んでいた事や苦しんでいた事はだいぶネガティブじゃないものになっているはずです。それこそ人に話せるレベルになっているかもしれない。

 

 

つまり、今悩んでいたり苦しんでいる迷っているなんていう経験はネタなんです。ネタをこねくり回してる最中って感じです。そのネタはきっと誰かの役に立ちます。自分的にうまくいかなかったことすら、隠したいと思うぐらいに失敗してしまった過去すら全てはネタとして昇華されてきます。

 

 

悩んだり苦しんだり迷ったりうまくいかなかったりすればするほどネタは増えていきます。あなたいいネタ持ってますね(笑)そのネタきっといつか役に立ちます♪大切になくさないように持っていてください♪でもネタ作りばかりしていてももったいないので、いつかそのネタを披露できるようになるといいですね♪

 

 

まとめ

 

一気に書きなぐったのでまとめもくそもありませんが、ほんとに人生なんてもんは重くとらえすぎるとしんどいです。動けなくなります。失敗したくないと思ってしまいますからね。完璧な人生、理想的な人生を追い求める真面目な人ほど人生を真面目に捉えすぎて辛くなってしまうこともあります。

 

 

そんな時にこの言葉を思い出してみてください。

 

 

「人生はネタ作りである」

 

 

真面目に生きるのもいいです。成功を追い求めて生きるのもいいです。でもうまくいかないことや苦しんだこと悩んだことも無駄じゃない、それらはむしろ成功談よりも人を楽しませたり感動させるネタになるかもしれないです。生きてる限り自分の経験は全てネタになります。あなたのネタは誰かを救うかもしれません。誰かに勇気を与える事もあるかもしれません。誰かを癒すこともあるでしょう。自分の人生を無駄だと思っている方はそのことをお忘れなく。ほんとあなたのネタは役に立ちますぜ!

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!