読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートの人はハードル下げまくること。適切なハードルを設けることが大事。

元ニートブロガーの「地雷屋さん」が書籍の中でこんな事を書いていました。

 

陸上の高跳びで、3mを飛べなかったらどうします?普通は2mに下げますよね?でもニート的な人は4mに挙げるんです。ダメな時期に入っていると、やってしまうのです。まあ、基本的にニートには完璧主義者が多いから、ミスを前提にしたり、ミスを受け止めて考えることが出来ないんですよね。あと、意外と周りを気にしていないように見えて、物凄く他人と比べるんですよね。自分が25歳なら「平均的な25際は今頃‥‥‥」とか。その比較が、ハードルをぶち上げさせる。

引用:元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアルp38

 

「まさにその通り!!!」

完全同意ですね!!地雷屋さんよく分かってらっしゃるとしか言いようがないレベルでニートの事を分かっています。

 

焦るな、危険

 

ニートやひきこもりの状態になるととにかく焦りが出てきます。表面的にはわからない人もいるだろうけど、内面ではめちゃめちゃ焦ってます。

 

 

「すぐ抜け出せると思ってたのにもう○○年かよ‥‥‥。」

 

 

この焦りっていうのは厄介でして、焦りまくるとどうなるかと言うとすぐに結果を求めるようになるんですよね(^^;

 

 

今までのニートやひきこもりだった期間を一気にチャラにしてやりたい!!人生大逆転したい!!もう逆転満塁サヨナラホームランを狙って全力でフルスイングする勢い。いやいや、今までそんなことやってなかったのにいきなりフルスイングしたら怪我するがな(^^;

 

ドカーンと一発ね。いい結果を欲しくなるんです。今までのダメだったりうまくいかなかった自分の鬱屈だったりとかそういうものを一発で吹き飛ばしてくれるような結果がね。その気持ちよく分かりますよ。僕もほんと同じ心境だったもの。自分の人生がすぐよくなるような何かがあるならそれ欲しいと思ったもの。

 

 

でも、焦りは禁物です。焦ると何もかもうまくいきません。周りと比べるのも禁物。特に自信がない、うまくいってない時なんていうのは、周りとの比較がどれだけ自分のダメージとなることか。

 

 

比較なんて言うのは自分にいい影響が出るときにだけうまく利用すりゃいいんです。たとえば、勉強とかスポーツとかさ「アイツが頑張ってるんだから俺も」っていう競争心とかやる気をかきたてるような比較ならOK!!でも自分をボコボコにしちゃう比較はいらないです。

 

 

つらい時期には世間とか周りの目とか全てスルーしちゃっていいです。比較して自分の人生とか嘆いてもきついだけ、自分を責めるだけのドMプレーにしかなりません。ドンドン自信失うだけでもったいないですもん。

 

 

焦らない、焦らない。いま気づいて何かをやりたいと思っている時点で一歩踏み出しているわけですから、まずはその一歩を大事にしてみてください。

 

 

 

ハードルを下げまくることのススメ

 

僕は何度も何度も飽きるぐらいに語ってますが、まず何かを始めようと思ったら

「ハードルを下げまくってレベルを落とそうぜ!!」って思ってます。

 

 

同じニート状態の人でも色々な人がいるわけですよね?あとは、もう書類出して面接受けるだけの人もいれば、もう自信が全くなくて履歴書なんて書けやしない。自信がなさ過ぎて家から出れないレベル。もう人それぞれなんですよ。当たり前のことなんだけどそれを以外と認識していない人が多い気がします。

 

 

同じサラリーマンだって新入社員とか課長じゃやること違うでしょ?ニートだっておんなじですよ。同じ肩書?でも人によってやることは違います。それをまず認識するべきです。

 

 

「その人に合った段階でやっていけばいい」

これ大事です。自分に合った段階でやればいいんです。

 

 

自信がなくて何もできないレベルの人なら、まずやるべきことなのは働くことではなくて自信をつける事です。ある程度の自信がなければ当たり前ですが行動なんてできません。

 

 

働くことというのが超絶的にハードルが高いのであれば、ハードルをメチャメチャ下げてください。まずは、家から5分出ることからでもいいかもしれません。図書館に行って何かの本を読んでみる事かもしれません。

 

 

そうやってできる事を少しずつ増やしていく。積み重ねていく。そうしたらさらにできる事が増えていく。その繰り返しです。そしたら、いつの間にか家から出ることが余裕で出来るようになっているかもしれないんです。

 

 

家出れるようになったら次は駅まで歩くとか自宅の近くのコンビニまで行くとかでもいいんですよ。そうやって出来る範囲広げていければそれは自信につながりますからね。

 

 

周りとか関係ありません。自分が自信をつけることが最優先。まずはそのことにだけ注力しましょう!

 

 

それが一気に高いハードルのままでそれを飛び越えようとするからみんな痛い目を見てしまう。余計に自信を失ってしまうわけですよ。それは実にもったいないと思うわけです。自信ない状態でさらに痛い目にあったらそりゃ自身はさらになくなるし、下手すりゃ元の位置まで回復するのに相当な時間を要してしまうかもしれない。

 

 

そうやって無茶なチャレンジする事じゃなくて、ほんとに小さなことから積み重ねるんです。ほんとこれにつきますよ。ちょっとずつちょっとずつ。そうやって自信をつけていってみてください♪

 

 

まとめ

 

もう何回も何回もおんなじこと言ってます。手を変え品を変え。ハードル下げてできることからやって、自信を積み重ねろ!!ってことね。

 

 

でもこれが多分最短ルートなんですよね。地味に積み上げていくことっていうのがそれこそニートやひきこもり、うまくいってない人こそ大事なんだと思います。

 

 

逆転満塁サヨナラホームランはありません。そんな劇的なことはほぼないと思ってもいい。でも、ヒット積み重ねて地味にランナーすすめていつの間にか逆転していたなんてケースは世の中ザラです。

 

 

僕らはそっち目指しましょう。地味にコツコツと積み重ねていく。そうしたらきっと少しずつでも成長するし、少しずつですが結果は出てくるはずです。

 

 

僕もエラそうなこと言ってるけどニートです(笑)でも、少しずつ学び積み重ねて生きた経験があるからこそ、こういうことを発信しています。

 

 

まず、自信つけていくこと。そっから始めてください。まずはそこからです。

 

 

最後に今回紹介した地雷屋さんの本について。この本は非常にニートやひきこもりの方には参考になります。僕はニートの方のバイブルになるような本だと思ってます♪ニートの方は図書館で借りても何でもいいから読んでみてくださいね♪

 

 

 

それでは今回はこの辺で!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!