読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

過去に執着しないための方法を書いてみた。

「あの時ああしとけばよかった。」

「もっといい選択肢があったかもしれないのに。」

「もう一度人生をやり直したい」

 

 

こんな思考に捉われている人はいないでしょうか??自分の過去の人生やこれからの未来についてあれこれ考えてしまう。執着してしまっているんですね。僕も結構このタイプで、「もっとあの時ああしとけば自分の人生もっと良くなったのかなぁ‥‥‥。」

なんて事をよく考えたんです。以前はね。

 

 

でも時がたつにつれてそういった考えはあまり持たなくなりました。あんまり過去に執着しなくなったんですね。そうしたらすごく気持ちが楽になったんですよね。過去に執着していた自分から解放されたというかそんな感覚ですね。

 

 

じゃあ、「ラッキーマンはどうやって過去に執着しなくなったのよ?」っていうことを知りたい方も中にはいるんじゃないかな?いやっ、いないか?なんて自分の頭の中で5秒ほど脳内会議をした結果、

 

 

「1人はいる!!!!」

 

 

という結論に達しましたので、1人いるならその人向けの記事を書いてみようやないかいとなぜか関西弁で決断し今回は記事を書いた次第でございます。過去や未来に捉われてしまっている人はぜひ参考にしてもらえばなんて思います。

 

 

ある言葉がキーポイント

 

僕はものすごい過去を後悔するタイプの人間でした。過去を引きずり過去に捉われてしまうタイプ。自分の選択は常に間違いであって、あの時もっとこうしておけばというような考えを常に持っていた事もあるぐらいです。一時期はそういう考えが頭の中を離れなかった。そういう思考を持ってしまうとものすごく自分を否定してしまいたくなります。

 

 

「何であの時あんな選択をしてしまったんだろう。→あんな選択をしてしまった俺はダメだ‥‥‥。」

 

 

過去否定→今の自分を否定して自信を失う→また過去の否定→自分を否定するという否定の無限ループ。ハマりましたねー。これには。ほんとなかなか抜け出せ無くてつらかった。

 

 

ただやっぱり過去っていうのは今の自分にはどうしようもないわけですよね。いくら振り返ってあの時こうしておけばとか、こういう方法があったんじゃないかなんて事を考えたとしても、直接その方法を実践できるわけでもない。いやっ、仮に過去に違うことを選択していても果たしてその選択だって正しいかどうかなんてわからないじゃないか。いい方にすすむかもしれないし、逆にもっと悪い方にすすむことだってあり植える。いやっ、そもそも何が正解とかってないんじゃね?学校の勉強じゃないんだからさ。そもそも誰も正解とかわからんから悩むし迷ってるんじゃん。

 

 

なーんてことを頭の中で考えまくっていたんです。そうしたらねふとある言葉がポンと頭の中に浮かんできたんですよ。

 

 

「まぁ、いっか。」

 

 

なんかすごーい軽い言葉なんですけどこの言葉が頭の中に浮かんだ瞬間にね過去への執着というのかな、捉われていた自分を一気に開放することが出来たんです。

 

 

過去の自分はもしかしたら間違った選択をしたのかもしれない。もしかしたらもっといい選択を出来たのかもしれない。それでもその時はその選択しか自分にはできなかったんだ。自分の選択肢はベストでもなければベターでもなかったのかもしれない。でもそれをどうこういってもしょうがないよね。過去なんだからさなんて事を思えるようになったわけです。

 

 

過去の自分を肯定する、認める、ゆるすとでも言えばいいのかな。とにかく過去を否定しなくなったし、過去の自分の選択を後悔する事がなくなった。これはすごく大きいことでこういう考えを持つことで相当気持ちは楽になりましたね。幾分かポジティブになったような気もしています♪

 

 

いまここ思考を大切に

 

僕は過去に対しては「まぁ、いいか」と考える事で執着する事がなくなりました。これで気持ちは凄く楽になりました。ただより自分自身の日常を充実させるにはさらにもう一歩踏み込んで、「いま、ここを生きる」という思考を持つことが大切です。

 

これは大ヒットした「嫌われる勇気」という本にも書かれていた心理学者アドラーの教えでもあります。

 

 

「自分は今何がしたいのか?」

そのことを自分に問い続ける。自分に嘘をつかず他人の目など関係なく自分の本当にしたいことを考える。

 

 

修正できない過去も、不確定な未来も関係ない。そんなものを気にする必要はない!!!

 

 

「いま、ここを真剣に生きる」

 

 

この考えを常に持ち続ける事ですね。非常に難しいし僕自身もなかなか実行に移せていないのが現状です。ですので、難しいなと感じる方はまず「今を真剣に生きよう」と思うことから始めてみましょう。

 

 

とにもかくにも思わなければ始まりません。たとえすぐには実行できなくとも思っただけで確実に前進です。思いはじめたら次に「今を真剣に生きるには何をすべきか?」と考え始めるはずです。そうして少しずつ少しずつ何ミリでもいいので前にすすんでいけばいいのです。たとえ三歩すすんで二歩下がってもいいじゃないですか。結果的に一歩進んでます。それだって立派な成長ですからね。

 

 

そうやって今を真剣に生きようとすれば過去のことなんてやがて考えなくなります。過去じゃない。今だ今!!今どうするかが大事なんだ。常にその事は意識するといいでしょう。

まとめ

 

  • 「まぁ、いいか」
  • 「いまを真剣に生きる」

 

 

もし過去に執着してしまって苦しいなと感じている方はこの2つの言葉をキーワードにしてみてください。それだけかなり過去に執着することから解き放たれて気持ちが楽になるはずですよ♪

 

 

それでは今回はこの辺で!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!