読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートや引きこもりの人は自分の欲しいという気持ちを大切にしよう。

「欲しいと思うことは悪いことじゃない」

 

どうも、ラッキーマンです。

ニート、ひきこもり関連の人の中には「全く欲しいものがない」っていう人がたまにいます。でも僕はそういう人を見るたびに

 

「それって本当か?」

 

本当に欲しいものないの??マジで??うそでしょ??なんてことを思ってしまうんですね。

 

というのも何かを「欲しいな」と思うことっていたって自然なことじゃないですか?本がほしいとか、服がほしいとか、時間が欲しいとかまぁほしいものは人それぞれだとしてみんな何かしら「欲しいもの」ってあるはずなんですよ。僕もこのブログでほしいものリスト公開してますし(笑)

 

じゃあ何で「自分にはほしいものがない」かってことなんですが、これはシンプルに「自分が欲しいと思う感情を押し殺してしまっているから」なんじゃないかと思うわけです。

 

ニートやひきこもりになるとお金がない人が多いです。そうなると当然ですがテレビや雑誌を見たりして「ああ、あれ欲しいな」と思っても手に入らないじゃないですか?だってお金がないんだから買いようがない。自分に手に入れられない、無理だと諦めてしまう。段々とそれが癖になっていってしまう。

 

それを繰り返してくうちに自分が本当に欲しいものがわからなくなってきてしまうんじゃないかな?もしかしたら本当は欲しいはずなのに無理だと思い込んでいるから、無意識のうちに「欲しい」と思う気持ちが抑え込まれてしまう。

 

 

欲しいと思うことは当たり前なんだぜ。

f:id:reon5653desu:20161201135741p:plain

 

自分に嘘つかなくていいんですよ。だって自分が「欲しい」とか「こうしたいな。」みたいに思うことって大事じゃないですか?自分の原動力になるじゃないですか?でも、その気持ちを抑え込んじゃったら原動力がなくなってしまう。動くきっかけがなくなってしまう気がするんです。

 

別にニートになろうがひきこもっていようが何かを欲することは悪いことじゃないんですよ。それは本当に自然なことなんだから。働いてなかったら何かを求めちゃいけないんですか??そんなことないでしょ?

 

ちなみに僕が言う「欲しい」とか「○○したい」っていうのは別に世界一周したいとか大金持ちになりてぇ!!とか美女をはべらせてぇ!!みたいなでかいことじゃなくていいんです。

 

「あの店の小物が買いたいな」とか「ちょっとあのイベント気になるから行きたいな」とかそういうレベルでOKです。そういうちょっとした欲しいとか行きたいみたいなことに対して「いやっ、自分は欲しくないし、いきたくないし」って嘘つかない。いいんですよ、認めて。本当はいきたいんでしょ??それは悪いことでも何でもない。

 

「自分に嘘つくな!!」

 

欲しいものを欲しくない、行きたいのに行きたくない。そんなことを繰り返してたら本当にしたいことや自分が欲しいものを見失います。別にバカでかい願望じゃなくていい。小さな願望でもいい。でも自分に嘘つかない。欲しいものは欲しいしやりたいことはやりたい。その正直な気持ちを大切にしましょう。

 

そうやって自分に正直になれば本当に自分が欲しいもの、したいことがだんだんはっきりしてくるはずです。もしかしたらそれをきっかけに動き出せるかもしれない。だからまずは自分の気持ちに正直になるところから始めましょう。

 

ニートだからとかひきこもってるからだとか関係ない。「ニートだから欲しがっちゃいけない」とか「ひきこもってるから欲しがっちゃいけない」なんて思わない。

 

たとえどんな立場にいようが素直に欲しいと思っていいし、その気持ちに嘘をつかないこと。別に欲にまみれろと言いたいわけじゃありません。自分にとって「本当に欲しい」と思うものがあるならその気持ちは押し殺すなってことを言いたい。

 

ちなみに僕もお金ないですが現在欲しいものだらけです(笑)

www.amazon.co.jp

 

もちろん欲しいものがないという人は無理に欲しいものをつくり出す必要はありません。でも多くのニートやひきこもりの人は知らず知らずのうちに自分の願望とかに嘘ついちゃってるんじゃないの?なんて思ったので書いてみました。

 

自分に素直に正直になりましょう。そうじゃないと自分がかわいそうですよ。(自分への戒めも込めて)

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回もよろしくお願いいたします♪