読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

【お題】20歳に関連した記事を書いてみようと思います。

どうも、ラッキーマンです。

 

体調もやや回復してきましたが、まだまだ前回とまではいかない状況。有り余る時間が僕にはあるので、もう少し休養に努めたいと思います♪

今週のお題「20歳」という事で、僕はこのはてなが出してくれるお題には積極的に便乗していくタイプです。自分でも考えますが、たまにこうやって人からお題とかテーマ出されるとそれはそれで面白い事が書けそうな気がする。外からの刺激みたいなものもアリなんじゃないかなーなんて思っています♪

 

20歳の頃

この頃の僕は大学2年生ですね。成人式を迎えるこの年僕は何にも考えていないというか、むしろ『ぼっち大学生』として広大なキャンパスの中で一人ボッチで過ごす日々を送っていました。『自分が生きている意味』とか『自分は無意味な存在なんだ』なんて事を毎日のように考えていましたね。

 

絶賛自分嫌いになり中という、人生の中でもこれでもかという位ネガティブで前向きな気持ちになれなかった時期。まだ20歳そこらの若者なのにね。振り返るともっと色々なことしときゃよかったとしか思えない日々でした。

 

成人式の思い出を振り返った記事はこちらです。 

reon5653desu.hatenablog.com

 

それなりに遊んだりはしていたが

僕は大学のサークルにも入っていませんでしたので、あまり大学の人と遊ぶということはありませんでした。というか大学の友達なんか一人とか二人ぐらいしかおらんかったというさびちい学生。非リア充を地で行く男。それが僕でした。

 

その分遊んでたのが地元の友達。高校卒業してから再会した形ですが祭りに行ったり旅行したり、フェス行ったり月に一回は飲みに行ったりとそれなりに地元ライフは充実していたように思います。

 

大学と地元のギャップはデカかったですね。僕みたいなもんはもしかしたら大学いかない方が良かったのかもしれない‥‥‥。親にもお金出してもらっていたわけだし、それよりももっと色々チャレンジするような事をしとけば親の負担にもならなかったし、自分自身の選択肢とか視野も広がったのかなーなんて反省しております。

 

髪染めたりもしてたんです

f:id:reon5653desu:20160121162622j:plain

 

高校までは県立の高校で部活も入ってたし、基本は短髪、大体ボウズに近い髪型でした。そういうのもあったせいか大学入ってから『髪を染めたい』という欲求が高まってしまいまして、そんなに長くない期間ですが髪を染めていた時期がありました。

 

それが確か20歳ごろだったような。いやっ、19歳か??まぁ、どっちにしろその辺ですね。ただ、成人式の写真を見ると髪黒かったのでおそらく20歳の年の上半期位までかなぁ。なんせ写真があんまりないし、記憶があいまいなもので明言が出来ません(>_<)

 

初フェスが楽しかった

僕自身それまで行ったことがなかったですが、友達の中にライブとか好きなやつがいまして、「フェスいかね??」と誘われていきました♪『ロッキング・オン・グループ』が運営する『ロック・イン・ジャパン・フェスティバル というフェスです。

 

茨城県のひたちなか市の国営ひたち海浜公園というところで開催されたのですが、これは楽しかったですね♪

 

フェスの魅力は野外という開放的な空間であることと、色々なアーティストのパフォーマンスを見れることですね。ジャンルもバラバラでそこで思わぬ出会いがあったりします。

 

僕らがいった日でも、ACIDMAN、175R 、m-flo、KREVA、10-FEET、DragonAsh、Bump of chicken、マキシマムザホルモン、真心ブラザーズ、YUKI、RHYMESTER、RIPSLYMEなどなどそうそうたる顔ぶれ。

 

今はもう出てないけど、別の日はミスチルとかサザンも出てましたからね。うーん、それにしも豪華な顔ぶれです。

 

まぁ、開演時間がかぶってたりして全員を見る事は出来ないんですが、それでもかなりのアーティストの方のパフォーマンスを見る事が出来る、それがフェスの一番の魅力かなぁ。

 

あとは真夏だったんでね、それはもうね、みんな薄着だったんでね、色々とね‥‥‥

 

そんな感じで僕の20歳は過ぎていった

この時期はまだそんなにダークサイドに落ちる感じではなかったかな。大学はボッチでいることが多かったけど、地元の友達と飲みに行ったり、ファミレスでだべったりしてたのは楽しかったし、その楽しさで大学の非リア充ぶりをなんとか相殺していた感じ。

 

振り返るともっと色々できたことはあるよなぁっていう気はしますね。もし今の僕が20歳の僕にアドバイスするとしたら「何でもやりたいと思ったことやっとけ!!」って言いたい。ほんとこれに尽きる。

 

ここで色々な経験蓄積しといたり成功体験つんどけばもう少し就活とか学生生活を前向きに送れたような気もします。まぁ、今更感はありますがもし戻れるならもっと色々なことしたいですね(^^

 

今20歳ぐらいの方にも同じようなことを言いますね。「自分がやりたいことやりまくれ!!」そして、成功体験と自信を積み重ねる事。そしたらなんか見つかるんじゃない??そうしないと僕みたいに自信どんどん失っちゃうぜ。自信はほんと大事。能力よりも自信があると色々挑戦できますからね。当時を振り返ってしみじみ思います。

 

まとめ

記事書いてたらまた少し風邪の影響で鼻水が出てきてしまったの今回はこの辺で終えたいと思います。二十歳っていうのは色々可能性がありますからね。当時の僕みたいに『自分なんか』とか思わず、『自分でも出来る』って思えるような経験をしてもらいたいな。ほんとそれに尽きます。

 

ああ、鼻から洪水があぶれてきて鼻かみ過ぎて鼻回りがヒリヒリするので、そろそろおねむします(>_<)

 

「若者に幸あれ!!!」

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪