読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

一発で問題を解決しようとしないことだ。

人って何か問題を抱えている場合ついつい

 

 

「一発で解決できる打開策」

 

 

みたいなものがないか考えてしまうものです。そりゃ短い手順で問題を解決できればとても楽だしそれに越したことはありませんよね。特に追い込まれた状況にいると、「ドカーン」と一発ですむ方法はないだろうか思ってしまいます。でもね、

 

「一発で解決できる問題なんてないよ」

f:id:reon5653desu:20161110145502j:plain

 

 

1+1=2みたいな問題ならまだしも、人が抱える問題ってもっと複雑ですよね。もちろんシンプルに解決できるものもありますが、一筋縄ではいかない問題も多い。

 

 

地道にレベルを上げて問題を解決しよう

 

例えばですが僕はゲーム好きなのでゲームで例えてみますね。

ロールプレイングゲームってやったことありますか?よくある、勇者が魔王を倒して世界が平和になるやつです。あれで考えてみましょう。

 

 

この場合ゲームの主人公たちが解決するべき問題というのは、「世界を支配しようとする魔王を倒す」ってことです。じゃあいきなり「魔王倒すぞー!!」って言って魔王の居城までたどり着けるでしょうか??

 

 

おそらくこの場合途中で力尽きる可能性が高いですよね。魔王どころか小ボスぐらいにやられるか途中のザコキャラにあっけなくやられちゃう。運よく魔王までたどり着けたとしても魔王の軽い一撃で全滅です。つまり最初の時点では問題を解決するにはこちらのレベルが低くくてハードルが高すぎる状態。

 

 

ではどうするのかというと、まずは最初の町の外で地道に雑魚キャラを倒してレベルを上げたり、お金を貯めて武器を買ったり、新たな仲間を引き入れたりしていくはずです。

 

 

さらにレベルが上がったらちょっと遠くの街に出かけて、イベントが起こって小ボスを倒したりしてさらに主人公や仲間のレベルが上がっていく。魔法や必殺技も少しずつ強力なものを覚えていきます。旅がすすむにつれてお金も増えてさらに強力な武器を買えるようになります。

 

 

そうやって少しずつ小さな魔王を倒す前の小さな問題を解決していくことで、最終的には魔王を倒せるだけの力がつくわけですね。

 

 

たぶん問題を解決するのってこういうイメージだと思うんですよ。自分にとってハードルが高い問題ならちょっとずつ力をつけていく。そうすると最初は「自分には解決できないかもしれない」と思っていた問題が、「あれ?もしかしたらそうでもないかもな」と思えるようになります。

 

 

もし、何かしらの問題を抱えていてなかなか解決できないのであれば単純に自分の力が足りていないのかもしれません。その場合地道に積み上げていくということを考えてみる必要があるのではないでしょうか?

 

 

問題を解決する方法は色々ある

f:id:reon5653desu:20161110160109j:plain

 

ある程度自分が問題を解決できるレベルに達していてもなかなかうまくいかないこともあります。その場合考えられるのが

 

 

「問題を解決する方法が間違っている」

 

 

場合です。そうなるとなかなか問題が解決できず「なんでだー(>_<)」と苦労することになるかもしれません。

 

 

たとえば就活。

 

 

「あなたには高い学歴がありません。しかし大企業に入るためには高い学歴が必要であると言われています。ではあなたが大企業に入るためにはどうすればいいか考えてみてください。」

 

 

という問題が出たとしましょう。というか実際あなたがその立場になって考えてみましょう。ここでは大企業に入ることができれば問題解決です。この場合どのような解決方法があるでしょうか?

 

 

恐らく単純に履歴書を書いただけでははじかれてしまうでしょうね。学歴で差別しないと表向きにはいっていますが、膨大な数の応募者をさばくために現実には学歴ではじく大企業も多いと聞きます。

 

 

じゃあ、どうするのか??これは一つの考えですが「圧倒的な実績をつくる」というのが一つの方法として考えられます。

 

 

たとえ全然無名の大学に所属していたとしても、学生時代に「某会社で学生ながら営業成績で支店のトップに立ちました、」とか「プログラミングコンテストで日本一位になりました。」とか「スマホ用のアプリで売り上げ○○万円でした」みたいな実績をつくっちゃう。

 

 

そういう実績が履歴書や自己PR書に書いてあったらどうでしょうか??仮に学歴が低くても「この人の話を聞いてみたいな」と思ってもらえるかもしれません。面接は「会ってみたい」と思わせたものがちですからね。少なくとも書類選考ではじかれにくくなるでしょう。

 

 

このように学歴ではない部分で評価してもらうこと、そしてその企業が欲しがっている分野で実績を出すことができればたとえ学歴がなくても大企業に入ることも可能なんじゃないでしょうか?

 

 

まぁ、これはあくまで僕がパッとその場で考えついた例にすぎません。正解かどうかも分かりません。おそらくこれ以外にも大企業に入るという問題を解決するための方法は沢山あると思います。もっと素晴らしい解決策があるぜっていう人もいるでしょう。一つ言えるのは決してやり方は一つじゃないし、問題解決の方法も一つではないということです。

 

 

人生は大小問わずあらゆる問題を解決しながら生きていくものです。もちろん就活だけでなくあらゆる問題は解決方法がたくさんあるということを覚えておきましょう。「海外に安くいくにはどうしたらいいのか?」というのだって問題を解決することですよね?そしてその場合の解決方法も沢山あります。

 

 

そう思うことができれば仮に行き詰ったとしても「あ、もしかしたらこの方法は自分には合ってないのかもしれない。もしかしたら別の方法があるかもしれないな。」となるはずです。

 

 

一つの解決方法に固執しすぎないようにしましょう。ある程度一つの方法で頑張ってうまくいかなかったのなら別の方法に目を向けるというのもアリです。自分に合った方法を見つけてみてください。そうすることでこれからあなたに降りかかるであろう問題を解決することができるようになるはずです。

 

 

まとめ

 

 

  • 問題は一発で解決しようとするな!!
  • 問題を解決できるところまで自分のレベルを上げよう
  • 問題を解決する方法は一つじゃない、様々な選択肢があることを頭に入れておこう

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回もよろしくお願いいたします!!