読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

給食と僕の思い出を語ってみる。

雑記、ゆる記事 ニートの思い出

今週のお題「給食」

 

ネタがつきかけてブログ寿命も絶え絶えなので、ありがたくお題に飛びつかせてもらうことにする。

 

給食という響きがまず懐かしいよね。

 

僕の場合かれこれ15年も前に給食とはおさらばしているし、それ以後は今日まで給食を食べたという記憶はない。まぁ、学校の教師にでもなれば別だがほとんどの人が義務教育終了と共に給食とは縁のない生活を送ることになる。

好き嫌いが多かった

f:id:reon5653desu:20160304173728j:plain

僕は好き嫌いが結構多くて給食の時には好物ばかりで全種類おかわりするような日もあれば、これでもかという位嫌いなものばかりの日もあって、テンションを2段階ぐらい下げていた時もあった。

 

特に僕が嫌いなのはトマト、卵、ナス、グリンピース、かぼちゃ、ブロッコリーといったお子様仕様。特にトマトの野郎とはいまだに絶縁を決め込んでいて、我が家の自宅に生のトマトが出る事はまずない。仮に出たとしても僕は「母上、それだけはご勘弁を。」と涙ながらに懇願し、僕だけ別のメニューにしてもらう。

 

他の食材は年を重ねるにつれてだいぶ食べれるようになった。だが卵だったら茹で卵はいまだにNGだし、ナスやグリンピース、かぼちゃもそのまんま生でいくことはできない。何らかの味付けをしていたり、原形をとどめていないパターンならどうにかこうにか食すことが出来る。

 

トマトの場合も当然生は断固拒否!!ケチャップであったりほんとにぐずぐずに崩れてトマトということに気づかないレベルでなければ僕の舌は反応し、防御システムが作動してしまう。「トマトが侵入してきました。速やかに排除してください。」僕はその声に従い、速やかにやつを口内から排除した‥‥‥。

 

あと、トマトに関連して思うのだが、

 

「トマトジュースってうまいかね??」

 

いやっ、僕がトマト嫌いっていう事を差し引いてもあの強烈な匂いとか受け付けない人も多いんじゃないかと思うんだどうなんでしょうか?よせばいいものをかなり昔にためしに一口飲んでみたりしたのだが、口に含んだ瞬間まるでドラゴンボールで孫悟空が超神水を飲んだごとく、

「うっぎゃぁぁぁぁ‐!!」と叫んでしまったほどだ。

 

僕の場合、悟空のように限界を超えたレベルを引き出す必要もなかったので「オラ、負けるもんかぁぁぁ!!」とはならず速やかに吐き出したが、僕にとってはまさに猛毒レベル。一時的に鼻と口は使い物にならなかった。もしあの時トマトジュースを飲みこんでいれば僕ももう一段階上のレベルに行けたのかもしれない。

 

話がそれた。給食の話だ。

 

僕が好き嫌いが多かったというのはお分かりいただけたかと思うが、だからといって給食で苦労したなーと感じる事はそれほどなかった。

 

というのも、学校にもよると思うが僕の世代ぐらいから別に給食を残しても、咎められることもなかったからだ。給食が終わる時間にバンバン残す人間もいたし、僕も嫌いなものは残したりした。もしくは隣でよだれをダラダラ垂らしていた食いしん坊に餌付けあげたりもしていた。

 

僕よりさらに前の世代の人たちだと給食を残す事が許されなかったケースもあったそうだね。食が細い人や好き嫌いが多い人の場合、給食の時間が終わり昼休みになっても食べさせられる時代もあったらしい。ちょっとした拷問だよ。みんなが外に遊びに行っている間に、自分は食べたくもないものと向き合わないといけないなんてさ。

 

その時代だったらかなりの確率で昼まで給食食べてただろうなー。絶対トマトとか無理だったもん。ちょっと生まれるの遅くてよかったわーと心から思った。

 

子供だったなと思う話。

ただ、僕が小1位の頃は先生がそれなりに厳しくてあまり給食を残してはいけなかった思い出がある。それでも隙を見てトマトやらなんやらを友達に挙げてしのいだりしていたのだが、苦手な食べ物の中でどうしても友達にあげるのが難しかったものが存在する。それが

 

『グリンピース』だった。

 

トマトや卵、かぼちゃ等はある程度ものが大きいので、いざとなれば配膳係に避けてもらう事ができる。もしくはスプーンですくってそのまま隣の友人のお皿に移し替える事も可能だ。「これ好きでしょ??あげるね。」と爽やかに譲ればOK。譲り合いは大切だ。

 

だが、グリンピースは違う。あれだけ小粒でしかも量が多いものだと全てを避けて盛り付けしてもらうのは難しい。またグリンピースの場合ご飯に混ぜられていたりスープの中に混ざっていたりするので、それを友人に譲るのは至難の業だ‥‥‥。

 

「譲り合いの精神が通用しない‥‥‥。」

 

その事実を知った僕はIQ180-80の知能を使って必死に考えた。

 

「そうだ、捨てればいいじゃないか。」

 

サイテーである。

 

僕はまず配膳してもらう際になるべく最小限のグリンピースしか混入しないように配膳係にお願いをした。そして、給食が始まるとおもむろにグリンピースをスプーンですくい、物が落ちたふりをして机の下に潜り込みそのまま自分の後ろにグリンピースを投げ捨てていた!!

 

それも一度ではなく何度も何度も繰り返していたのだ。いくらなんでも不自然極まりない行動だ。絶対おかしい。「ラッキーマンなにしてんの??」とよく言われなかったもんだ。

f:id:reon5653desu:20160304174621j:plain

ああっ、何という浅知恵だろうか。いくら小学1年生の思いついたこととはいえこれはひどい。

 

「食べ物を粗末にすんじゃねぇ!!」と当時の僕をしかってやりたい気分。ただ、少年の僕はどうしてもグリンピースが駄目だったのだ。それを回避するための苦肉の策だったのだろう

 

案の定、給食後に僕の後ろ側に無数のグリンピースが転がっていたのは言うまでもない。

 

とはいえ、この行為は数回で終わった記憶がある。なぜなら、グリンピースを噛まずに飲み込むというスペシャルなスキルを覚えたからだ!!僕はグリンピースを噛んで潰した瞬間の味がとても苦手であった。だったら噛まなければいい。

 

グリンピースだけ飲み込んでしまえばいいのだ。それを思いついたとき僕は天にも昇る気分だった。一つの苦しみから解放されたのだ。スープを軽く口に含みグリンピースと一緒に飲み込む。

 

問題解決!!万々歳なり!!

 

という感じで僕の給食ライフを語ってみた。

またはてなのお題が出たら便乗してみようと思う。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪