読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

キングコング西野さんの芸人引退をテレビで見て肩書なんてどーでもいいじゃんと改めて思った。

テレビ、ラジオ、映画など 雑記、ゆる記事

 

 

僕この番組たまたま見てたんですよ。ぽちっとテレビつけたらちょうどやってたんでね。それで見てみたら番組の企画自体がとても面白くてついつい最後まで見てしまったというわけです。

 

 

この企画簡単にいうとネットで芸能人に辛口の意見をいう人にその芸能人が直接会って真意をきいてみようという趣旨で、めでたく選ばれたのがネットでたびたび炎上?しているキングコング西野さんだったというわけ。

 

 

西野さんがTwitter経由で普段から辛辣なコメントを浴びせてくる一般の方にメッセージを送り、話し合いの場を設けることに。その結果二人の一般の方が西野さんと対面することになったんです。

 

 

 

 

素人の方が西野さんのどこに苛立っているのか?

 

僕は別に西野さんが大好きというわけではないので普段西野さんと素人の方がどういうやり取りをしているのかとかどっから炎上しているのかっていうのを詳しくは知らないんですよね。追跡しているわけでもないですし。でも、わざわざテレビの前に顔さらしてまでも言いたいことがあるって事はよっぽど文句があるんだろーななんて思いながら見ていたんです。そしたら素人の方的には

 

 

「芸人なのに絵本の方に注力しているのが納得できない」

 

 

 とのこと。芸人なら芸人らしくひな壇座ってガヤしたり、コントや漫才やったりクイズ番組でて情報番組のコメンテーターしろよっていうのが今回来たお二人の主な意見‥‥‥。

 

 

「しょーもな!!!!!」

 

 

いやっ、僕はもっとこうすんごい理由があると思ったんですよ。だってわざわざTwitterとかに直接コメントぶつけてしかもかなりガッツリ辛口というか時には怒りに近い感情をぶつけるわけじゃないですか?僕からしたらよっぽど許せないこととか気に食わないことがあるんだろうなって感じだったんです。それこそすんごいエネルギー使って人を批判したり怒りをぶつけてるわけじゃないですか。貴重な自分の時間を使ってやってるんですよ。

 

 

それが‥‥‥。

 

 

 

「芸人という肩書きには違和感がある。納得できない!!!!」

 

 

っていう理由だけですよ。嘘でしょ!??そんなことが許せないの?世の中やまほど肩書き以外の仕事している人いるけど?芸能の世界で言えば肩書は歌手だけどコメンテーターとかバラエティの仕事しかしてない人もいるし、俳優と名乗りつつもはや映画もドラマもほぼ出ていない人だっているでしょうに。芸人って名乗ってるけど俳優での露出度の方が高い人だっているし芥川賞とった大先生だっているじゃないか。弁護士だけど月~金までコメンテーターとして出てる人もいるぞ。そこには食い付かないのかな??それとも別のところではちゃっかり食い付いているのだろうか?

 

 

僕はこういうあいまいさってすごく大事だと思うんですよ。だって苦しいじゃないですか。今回登場した一般の方は「肩書通りに生きなければならない」とか「肩書をはっきりさせなければならない」っていう感じだとおもうんだけど、その縛り付けるような考えってさすんごく息苦しいんだよね。「○○しなければならない」って決めつけちゃってるわけで。白か黒かはっきりさせろっていう考え。グレーは許さないみたいなね。

 

 

でも、しょうがないよね。西野さんは絵本だってやりたいし芸人だってやりたい。じゃあ彼が自分で「芸人だから絵本はやってはいけない」なんて考えたらどうでしょうか?「俺はどっちかしかやっちゃいけないんだー!!」って苦悩してたりしたらさなんかすごく不自然じゃない?何でそんなしばりつけちゃうの??そんなの自由じゃんって思うでしょ。そこ肩書きにこだわる必要なくね?両方ともやればよくね?ってなりませんかね?

 

 

今回登場した素人の方がどんな職業からわからんけども仮に会社員だとしてさ、じゃあ会社員やりながら別の仕事したいとか思っちゃダメなのかな??やっちゃダメなのかな??そっちの方にも同じぐらい情熱傾けちゃダメなのかな??それって苦しすぎないかな?何で自分で自分をしばりつけちゃうんだ?そしてそれを他人にも強要しようとするんだ?僕はそれが理解できないんですよね。

 

 

しかも極みつきは彼らの言い分。これは西野さんのブログから引用。

 

 

彼らの言い分を要約すると、こうです。聞けば、芸人が絵本を描くのはアウトだけれど、絵本作家がテレビに出るのはアリだと、彼らは言います。

引用元:キングコング 西野 オフィシャルダイアリー - 【お笑い芸人】キングコング西野、引退 - Powered by LINE

 

 

「なんだその言い分!?」

 

 

おいおいおいおい!それで納得しちゃうのか??絵本作家って肩書きにしてテレビ出るのはOK??どんな論理だよ??だってそしたらそのうちさ、絶対さ。

 

 

「絵本作家なのになんでお笑いやってるの?」

 

 

ってなるに決まってるじゃん。逆パターンになるじゃん。永遠のイタチごっこじゃん。僕には彼らの絵本作家としてならテレビに出てもいいという考えが全く理解できないのですが誰か教えていただけないでしょうか??論理的に破たんしていると思うのですが‥‥‥。

 

 

僕的には西野さんが芸人をやめて絵本作家になるといった時に「何でこの人たちのいうこと聞いちゃうんだろう?」と思いましたが、よく考えれば肩書にそんなにこだわっていないからこそできることですし、「さすがだな!」と感じましたね。そういう執着みたいなのが一切ないところに潔さを感じます。

 

 

逆に素人の方の考えに全く共感できなくて焦ってしまいました。何でそこまで肩書きにこだわるのか??何がそこまで気に食わないのか?あいまいなのが嫌なのか??僕には「??」って感じでしたね。

 

 

肩書なんてどーでもよくね??

 

 

確かに立派な肩書があったりすれば一瞬「おお!!」ってなるかもしれません。分かりやすく言えばドクターとか、国会議員とか、弁護士とかさ。どうしても先入観とかで「立派だ」とか「素晴らしい人だ」とか思いこんじゃいますよね。

 

 

でも、同時に僕らは散々と言っていいほど「ほんと肩書ってくだらえねぇな」っていう出来事をたくさん見てきてるじゃないですか。

平気で税金ちょろまかす都知事とかさ、ダメだって言われてるのに金を受け取る国会議員とかさ、会社の金使いこむ社長とかね。なんか金ばっかですね(笑)もちろん全員が全員じゃないけどさ。肩書すごーーい!!行動‥‥‥。みたいなね。

 

 

逆に立派な肩書なんかついちゃいないけど、人を救うような活動をしている人だったり尊敬に値するようなことをしている人っていうのも確実にいるわけですよ。この世の中にはさ。どっちがいいんだろうね?

 

 

僕的には

「肩書きなんてどーでもいい!!!それよりその人の主義主張、行動を見ようぜ!!」

 

 

 って感じ。難しいけどね。肩書きにとらわれすぎずその人の考えとか行動を見て判断したいなと改めて思いましたとさ。上っ面に騙されないように。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!