ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

考えすぎてしまうニートの方へアドバイスを書いてみた。

f:id:reon5653desu:20170512143905j:plain

 

どうも、ラッキーマンです。今回も僕のブログを検索で訪れてくれた方へのアンサーのような形でブログを描いていきたいと思います。

 

今回のキーワードは「考えすぎてしまう ニート」

 

めっちゃ気持ちわかります。僕も考えすぎてしまうタイプだし、考えすぎてしまうからこそ動けなくなってしまうんですよね。

 

ニートの人はあれこれ考えちゃうから、なかなか一歩踏み出せないっていうのが現状なんじゃないかな?まじめに考えすぎちゃってる。完璧主義に陥っていると言えるかもしれません。

 

逆に能天気で「どうにかなるさ(笑)」って人はまずニートにはならないと思います。

 

そんで肝心の考えすぎてしまうことへの対応策なんだけど、これはもう簡単で「ほんのちょびっとでもいいから行動する」ってことだと思います。

 

そんでどーすりゃ行動できるの?っていうのは以前↓の記事にも書きました。

 

reon5653desu.hatenablog.com

 

超省略して書くと

 

  • 行動できるぐらいまでハードルを下げる
  • 他人の力も上手く借りてみる

 

ってことです。

 

今の自分にはできっこないと思うことやろうとするから行動できないんですよね。ビビっちゃう。ましてやニートの人とかひきこもりの人っていうのは失敗が怖いとか失敗したくないっていう人が多い気がするので、そんなら「これなら自分でも出来そうじゃん。」ってとこまでハードル下げちゃう。

 

この時のポイントは「他人がどうのこうのとか関係ねぇ。」って思いこむことです。↑の記事にも書いたけど、課題なんて人それぞれなんですよ。他人にとっては簡単なことでもあなたにとっては今は超ハードなことかもしれないわけです。まぁそれにチャレンジするのもいいんだけど、自信失う可能性も高い。

 

だったら、ひとまず他人と比較するのやめてまずは「自分でも飛び越えられそうじゃん。」ってハードルを設定して飛び越えてみる。そんでちょびっとの自信をつけてみる。そしたらハードルちょっとずつ上げる。その繰り返しです。

 

もう一個は他人の力を借りるってことなんだけど、これは「どーしても自分じゃ動けない。」「動き出すのが怖い」って人にオススメ。

 

いいんですよ、最初は他人にサポートしてもらったって。リハビリとかだって最初はサポートしてもらって徐々に機能回復していくじゃないですか?最初は自分だけじゃ歩けないのが、少しずつ訓練していくことで自分で歩けるようになる。あれとおんなじです。

 

最初はちょっと支えてもらったり補助してもらって、出来ること少しずつ増やしていく。できることが増えればそれは自信になります。そんで少しずつサポートを減らしていってもらって自分でやれるようにする。それでいいんじゃないでしょうか?

 

他人の力を借りちゃいけないなんてことないんですよ。特に今「自分はもうダメだ。」とか「人生詰んだ」なんて思っているニートの人は、他人の力をうまく借りましょう。

 

自分だけでどうしようもないなら発想切り替えて「今は他の人の力を借りよう。」でいいじゃないですか。大事なのはあなたの人生がよくなることなわけで、そこに他人に頼ったどーのこーのは関係ないわけですからね。

 

ほんとにナメクジレベルのノロノロさでもいいです。時に立ち止まってもいい。ちょっとずつでも行動していく。

 

僕自身も超ノロノロペースだし、ときには立ち止まっちゃったりもするんだけど、「ちょっとずつでも行動する」っていう意識は忘れないようにしてます。ほんとはもうちょい早くすすめればとも思うんだけどまぁこれはしかたがない(笑)

 

そんで何度も言うけど「他人と比べない」ってことが大切です。「人と比べて自分は」なんて言いだしたらキリがない。何のプラスにもなりません。

 

あなたにとってプラスにならないことはやらないようにしましょう。自分自身をよりよくするにはどーしたらいいか?今はそのことだけ考えてみてください♪そうやってだんだん自信がついていけば少しずつ見えてくる景色も考え方も変わってくると思います。

 

あなたの人生がより良い方向に進むことを願ってます♪

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。