読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

結局人生の正解は自分で作るしかない。

f:id:reon5653desu:20160922181941j:plain

 

僕はニートやひきこもり系の人には本を読んでほしいと思っている。なぜなら本には他者の知識、経験、考え方などが詰まっていて、それが自分の人生を生きる上でのヒントになるからだ。

 

 

挫折からの乗り超え方、勉強の仕方、問題解決のための考え方、仕事の進め方などなど本に扱っていないジャンルはおそらくほとんどない。それらを有効活用できれば今よりもそれが悩みの解決などに繋がることもあるだろう。

 

 

同時に読書には自分の思い込みから自分自身を解き放ってくれる効果もあると思う。自分の経験や狭い範囲の知識で「こういう生き方しかない」とか「自分の人生はもうおしまいだ‥‥‥。」といった思い込み。それらを取っ払い「いやっ、もしかしたらこういう可能性もあるんじゃないか?」「こういうやり方もあるんじゃないか?」といった気付きをくれると思う。

 

 

というわけで、僕は読書を推すわけだけど一つ勘違いしないでほしいと思うことがある。それは

 

 

「本の中に人生の答えは書いていない」

 

 

ということだ。

 

 

日々生きていくうえで僕らは色々なことに悩み、迷いそして決断をしながら生きている。中には自分の将来に希望が持てない、明日が見えない、どうすればいいのかわからないと思い落ち込んでしまっている人もいるのだろう。

 

 

そして余りの辛さに

 

 

「どうすればいいのか答えを教えてくれよ!!」

 

 

と思ってしまう。どこかにこの悩みを解決してくれる教科書があればいいと思ってしまう。答えがある方がラクだからだ。その気持ちはとてもよく分かる。

 

 

かつての僕がそうだった。僕が大学を卒業してほとんど家から出れない時、「自分はこれからどうすればいいのだろうか?」と毎日毎日考えていた。他人からしたらお気楽な生活を送っていたように見えるかもしれないが、何とも言えない不安感で胸が押しつぶされそうな日々を送っていた。ほんとに苦しかった。

 

 

そんな時僕は本に出会った。僕はそれまで読書なんてほとんどしてこなかった人間だ。そんな人間が図書館で様々な本に出会い、むさぼるようにして読んだ。本を読むことで知識は増えた。知らないことを知り、わからないことがわかるようになる。その体験はとても楽しかった。そして確実に視野は広がっていった。勇気づけられもした。

 

 

「こんな生き方があるんだ。」「こうやって成功した人がいるんだ」「こんな考えを持っている人がいるんだ」「この世には面白い人がたくさんいるな」

 

 

自分が考えているよりも世界は広い。そんなことを本を通じて感じる日々だった。「僕は何と狭い世界で生きようとしていたのか」

 

 

もっと早く本と出会っていればよかった。学校の図書館なんかでもっと本を読んでみればよかった。本気でそう思っている。

 

 

だが、色々な本を読む中で同時にぼんやりとこんな事を思ってもいた。

 

 

「確かにヒントや参考にするべき点はたくさんあるが、必ずしも自分に当てはまるわけではないな。自分の悩みや苦しみを100%ドンピシャで解決してくれる本なんてこの世にはないな。」

 

 

そう、図書館を探しても本屋を探してもコンビニを探してもどこをどう探しても

「ラッキーマンが悩みや苦しみから抜け出す方法」「ラッキーマンの人生の答え」という本は置いてなかったのである。似たような悩みを持つ人はいたが、それだって完全に一致するわけではない。当たり前と言えば当たり前だが、僕はこの事実にたくさんの本を読んでから気づいたおバカちゃんだったのだ(*_*;

 

 

だがその事に気づいてからは

 

 

「結局自分の悩みや苦しみは自分で解決するしかないんだな。」

「自分の人生の答えは自分で作っていくしかないんだな」

 

 

と思えるようになった。誰かが「あなたの人生はこう生きなさい。」と答えを教えてくれるわけじゃない。本の中に答えが書いてあるわけじゃない。正解を見つけるというよりは、自分で作っていく。

 

 

それでも最初はなかなか動けなかった。不安感が強く臆病な僕はビビりながらナメクジのようにスローペースで、時に止まり時に後退もしながらすこーしずつすこーしずつ前進していった。

 

 

結果として当時のひどい自己否定の状態からは脱出することができたように思う。不安だらけで仕方がないという日々は抜け出せた。まぁ今も巡り巡って絶賛悩み中のニートちゃんではある。未熟者なので、時に立ち止まることもあるけどでも悲観はしてない。これからもこうやってアレコレ試行錯誤しながらマイペースに自分の人生というものを作り上げていくんだろうと思う。

 

 

ニートやひきこもり系の人の中には、かつての僕と同じようにもしかしたら「誰かから正解を教えてほしい」と考えている人もいるかもしれない。だが、残念ながら他人や本が教えてくれるのは知識や考え方、解決方法などのヒントにしか過ぎない。あくまで「こういう考え方があるけどいかがですか?」という提案に過ぎない。

 

 

いくら偉人が行った方法であっても素晴らしい成功者が「人生とは○○である」と語っていたとしてもそれが=あなたにとっての正解であるとは限らない。それが正解だと思い込んだとしてもおそらく「なんか違うな」という違和感が残るだろう。

 

 

「結局自分の人生の正解は自分で作るしかない。」

 

 

僕も自分の人生の正解を作り上げるためににアレコレ試行錯誤をしている。僕なんか迷いまくりなので偉そうなことは言えない。僕の生き方を参考にせよ!!なんてとても言えない(>_<)僕の生き方は非常に不器用だし効率が悪い。

 

 

まぁその迷いまくりな姿をブログにさらすことで、「自分も迷いながらでもやっていこうか」なんて少しでも思ってもらえればうれしい。

 

 

そんなわけで一人でも多くの人が「人生の正解」を自分で作り上げられればななんて思っている。慌てず焦らずマイペースに他人に振り回されず「自分だけの人生」を歩んでいきましょう♪僕も不器用にあがいていきたいと思っています。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!!