読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

日本語→英語→日本語に翻訳した浦島太郎が面白いらしいので僕もやってみた。

どうも、ラッキーマンです。

 

昨日夕飯を食らいながらテレビを見てい時の事、

『浦島太郎を日本語→英語→日本語に翻訳すると面白い』というニュースをやっておりました。

このニュースを見た時は、「ん?どういうこと?」という感じだったんですが、実際翻訳された浦島太郎は「背面ストライプのタロイモ」と翻訳されており、思わず吹き出しそうに(>_<)

 

これはうらしま太郎を一度英語に訳し、その英語を再度日本語に訳した結果だそうですね。以下のような流れで翻訳をしたそうです。

うらしま太郎→ Reverse side striped Taro →「背面ストライプのタロイモ

引用:背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2 

 

 「いやっ、背面ストライプのタロイモって(笑)なんでそうなってしまったん?」

と思わず突っ込みたくなるんですが、どうやら

 

うら→Reverse side(裏側)→背面

しま→ striped(縦じまとか横じまのしまね)→ストライプ

太郎→ Taro(タロー)→タロイモ(何故、タロイモなのかは不明) 

 

というほんの少しのズレ、ささやかな過ちがこの事態を引き起こしてしまったようです。翻訳ソフトもだいぶいい感じになったとはいえ、Taro→タロイモって(笑)

翻訳ソフトはプライドが高いのかね?分からない所は分からないとはっきり言いなさい!!(笑)と思わずチャチャを入れたくなっちゃいますね。

 

こちらにYouTubeで宣伝している動画がありましたので載せておきますね。

 

 出典:背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2 原倫太郎 + 原游 - YouTube

 

 

それで、この試み面白いなーなんて思って、

「そうだ、自分のブログでもやってみよー!!」と思ったんですね。

なので、このブログの過去記事を日本語→英語→日本画に訳してみて

どんな文章になるのかを実験してみたいなーと思います。

 

 

果たして面白くなるのか??

 使うのはこちらの過去記事です。

reon5653desu.hatenablog.com

 

 何となくゆるーい感じの記事を使ってみることにしました。

まずこちらが本文です。

 

今日のニート日記 暖かい日は外に出てお日様を浴びるだけでよい。

今日は5日ぶりに外に出た。

お決まりの図書館から

「予約してた本が来てますよ。早くしないと見れませんよー」

という催促のメールが来たからだ。

「しょうがない。お呼ばれしたから行ってやるか。」

日々淡々とブログを書き、本を読み筋トレをし飯を食い時々悩み寝るというシンプルイズビューティフルな生活を送っている僕は、ほんとに外に出ることがない。

 

おそらく万歩計でもつけたら

「万歩どころか千歩もいかんわ!!」

とどこからか突っ込みが入るレベル。それ位僕は歩いてないし、動いていない。

 

久々に外に出ると、すっかり景色は秋模様。木々に生い茂る葉っぱもすっかり紅葉という感じだ。僕はライトが壊れ、前かごが潰れたマイチャリ

「ニートサンダー1号」に乗り込み、図書館まで向かう。

 

走り出した当初は、少しひんやりとしたため、

「ちょっと薄着だったかなー」と思ったが、いまだに半袖の人を見かけたので、それは勘違いであると気付く。ニートサンダー1号は時々、よく分からない音を出すため、いつ壊れるのではないかとヒヤヒヤものなのだが、案外丈夫で今後も活躍してくれそうな気がしている。

 

図書館まで家から約10分程度。5冊ほど借りていたので、先にそちらを返してから本棚を物色する。「何か面白い本はないだろうか??」

 

新作コーナーをまず見て、その後はグルーっと色々なジャンルの本棚を回る。2週間に一度は来ているので、そこまで代わり映えするはずもないのだが、改めて本棚を見ているととても楽しい。僕は自分の心に正直な人間なのか「金」とか「億万長者」とか「成功」というキーワードについ反応してしまう。

 

「浅はかな自分が憎い」

 

そんな自分を振り払うように、今回借りた本は金とか成功の匂いを極力打ち消すことにした。以下タイトルを順に並べてみようと思う。

 

  • 社会人大学人見知り学部卒業見込 若林正恭
  • 超思考 北野武
  • 新 人間コク宝 吉田豪
  • あなたは常識に洗脳されている 苫米地英人
  • 世迷い事 マツコ・デラックス
  • 起業家 藤田晋
  • YouTubeで食べていく 愛場大介
  • 警察・ヤクザ・公安・スパイ 日本で一番危ない話 北芝健

起業家というタイトルを除けば、金とか成功と言ったギラギラした感じは一切出てこない。上出来である。ただ、一方で、

「私は一体何に興味があるのでしょうか??」

そう自分に問いたくなるような、タイトルのチョイスだ。

 

ここでも、ぶれている。人生と同じようにブレまくっている。

本選びでブレるから、人生もブレるのか??それとも逆なのか?

そんな事はどうでもいい事。とりあえずブレているという事実。

図書館で本を貸し出してくれる僕より20歳以上は年上のお姉さまもきっとこう思っているに違いない。

 

「こいつは何に興味があるのか?」

 

お姉さまの困惑の表情に気づいた僕は慌てて図書館を出る。

分厚い本ばかり借りたせいか、やたらバッグが肩に食い込んでいたいのだが、

まぁたまには痛みを味わうのもいいだろう。

 

穏やかな日差しの中、僕を待っていた『ニートサンダー1号』は

「待ってましたぜ、兄貴♪」と言わんばかりの従順ぶりを示し、文句ひとつ言わずに待ってくれていた。

 

図書館に来た時よりも確実に重さを増した僕に対して、彼の負担は増すばかりだが、

僕がしてやれるのは一刻も早く目的地に到達する事。そして、彼の上に乗せたでかい尻から彼を解放してやること。

 

人通りの少ない街中で、ペダルをガンガン回しスピードを上げた僕は近所のイオンに行くことにした。

 

「お金を下ろさねば」

 

毎月の年金、健康保険、食費、光熱費、ちょびっとの家賃、携帯代などなど。

ニートといえど出費はあるのだ。必要な金額を下ろし残高を見ると‥‥‥

 

「福沢諭吉46人分」

仕事を辞めた時は、100人以上はいた諭吉はどこに行ったのか??もはや半数以下がいなくなっている。家出でもしたのか?戻ってこい諭吉!!カムバック!!

 

いくら僕が叫んだところで彼は戻らない。

毎月のように諭吉が家出をする。この状況をどうにかせねばなるまい。

対策はないのか??諭吉が一発で戻ってきてくれる逆転の策は!!

 

 

ふと頭の中に「年末ジャンボ3億円〜♪♪」というとても心地のいい音楽が流れてきた。

「‥‥‥‥‥」

この後僕がどこに向かったのかは誰も知らない。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

また次回もよろしくお願いいたします!

 

 

それを英文にしたのがこちら

I go out on today's NEET diary warmth worth day and have only to take the sun.
I went out today after an interval of five days.
From the usual library
"I cannot consider it that a reserved book comes and does not do it early"
This is because the email of the という repeated demand came.
Because "there is no help for it and call it and did it, do you perform it?."
I write blog plainly every day, and, as for me who live a life that simple is to read a book, and to do a muscular workout, and to eat a meal, and to be sometimes troubled, and to sleep is beautiful, there is not really a thing going out.
Probably if I attach even a pedometer
"1,000 steps do not reach let alone making a great deal of paces, too!"
A level to contain とどこからか feed. I do not walk that much and do not work.
When it is after a long absence and goes out, the scenery is really likely in autumn. The leaf growing thick to trees is completely a feeling called colored leaves. My bicycle that a light was broken as for me, and a previous basket was destroyed
I get in "NEET sander 1" and go to the library.
Started running; because was chilly a little at first,
Because I thought that it was, "it was light clothes slightly", but still saw a short-sleeved person,
I notice that it is misunderstanding. It is a cold water cold water thing, but I am strong unexpectedly and feel like seeming to play an active part in future to make a sound not to sometimes understand NEET sander 1 well when it may be broken when.
It is around ten minutes from a house to the library. After because I borrowed five, returning that one earlier
I look for a bookshelf.
"Is there not any interesting book?"
At first I look at the new work section and surround the bookshelf of グルー っと various genres afterwards. Because once comes for two weeks, I take place to there and shine and cannot do it, but am fun at all when I see a bookshelf some other time. I just react to or it is or that it is a honest human being is "money" "billionaire" keyword called "success" in one's heart.
"Oneself shallow is hateful"
The book which I borrowed this time decided to deny a smell of the success as money as much as possible to shake off oneself such. I intend to display titles sequentially as follows.
Member of society gown knowing by sight 学部卒業見込若林正恭
Super thought Takeshi Kitano
New human being body treasure Go Yoshida
Hideto Tomabechi that you are brainwashed by common sense
World hesitation 事 Matsuko deluxe
Entrepreneur Susumu Fujita
Love place Daisuke who eats in YouTube
Story north Takeshi Shiba who is the most critical in police, yakuza, public peace, spy Japan
Except the title called the entrepreneur, the feeling that glared called money or success does not come out at all. Well done. But in one,
"On earth what will I be interested in?"
It is the choice of the title which I want to ask so oneself.
Here, I move slightly. I keep moving slightly in the same way as the life.
Because I move slightly by selection of book, is the life to move slightly, too? Or is it reverse?
Such a thing doing not matter. A fact to move slightly first of all.
As for 20 years old or more, older older sister must surely think than me who rent a book in a library in this way.
"What is this fellow interested in?"
The servant who noticed an expression of the perplexity for older sister leaves the shop library in a hurry.
A bag wants to cut into a shoulder too much probably because I borrowed only a thick book,
Oh, it will be good to sometimes taste a pain.
"NEET sander 1" which was waiting for me in calm sunlight
Without "having waited, showing an obedient yellowtail called elder brother ♪" almost, and one word saying
I waited.
For me who added to weight, the burdens on him just increase more surely than time that came in the library, but,
What I do it and can do arrive at the destination as soon as possible. And freeing him from the huge buttocks which I rode on him.
I whom I turned a pedal hard in downtown with a little pedestrian traffic and gave speed to decided to go to the neighboring ion.
"I must withdraw money"
The monthly pension, health insurance, food expenses, energy bill, ちょびっとの rent, carrying charges.
Even the NEET is the expenditure. When I withdraw a necessary amount of money and see the balance ‥‥‥
For "46 Yukichi Fukuzawa"
When I quitted work, where did Yukichi who vomited more than 100 people go? Half or less have already disappeared. Come back whether ran away from home; Yukichi! A comeback!
He does not come back in the place where I who am how much cried.
Yukichi runs away from home almost every month. You must do something for this situation.
Are there not the measures? The measures of the reversal that Yukichi returns to by a blow!
Incidentally in a brain "the good music of the feeling drifted called year-end jumbo 300 million yen ~♪♪" very much.
"‥ ‥ ‥ ‥ ‥"
Nobody knows where I went to after this.
Thank you for you seeing it till the last!
Again as for the next time thanking you in advance!

うーん、正直あんまり読む気がしない(笑)

これを再度日本語に訳したのがこちら。

 

私は日の価値がある今日のNEET日記暖かさに関して出かけて、日光浴しなければならないだけです。
私は、5日の間隔の後、今日出かけました。
普通の図書館から
「私は、予約の本が来て、早くそれをしないことを考慮することができません」
これは、というの電子メールが需要が来ると繰り返したからです。
「それと電話のための援助はそれでありませんそら、そして、それをして、あなたがそれを実行することをします?」。
私は毎日明らかにブログを書きます、そして、生きる私に関しては、とてもシンプルな生活は本を読んで、筋肉のトレーニングをすることです、そして、食事を食べるために、そして、時々困っているために、そして、眠ることは美しいです、出かけているものが本当にありません。
おそらく、私が所属するならば、万歩計を平らにしてください
「1,000歩は、また、多くのペースになることは言うまでもなく手を伸ばしません!」
とどこからかを含む1レベルは食べます。 私はそんなに歩かないで、働きません。
それが長い不在の後あって、出かけるとき、風景は秋に本当にありそうです。 木に厚くなっている葉は、完全に、紅葉と呼ばれている感覚です。 光が私と前のバスケットに関しては壊れていた私の自転車は、破壊されました
私は「NEETサンダー1」に乗って、図書館に行きます。
走らせ始められます; 少し最初は寒かったです、
私がそれがそうであると思ったので、「それは、わずかに薄着でした」、しかし、静寂は半袖の人に会いました、
私は、それが誤解であると気がつきます。 それは、冷水冷水ものです、私が予想外に強くて、遊びへの外見のような感じである時々よく、それが壊れているかもしれないNEETサンダー1を理解しないようにしようとする今後は活発な部分。
家から図書館へのおよそ10分です。 私が、以前にあれを返して、5を借りたあと、
私は、本棚を探します。
「少しの面白い本もありませんか?」
その後、最初は、私は新しい仕事部を見て、いろいろなグルーっとの本棚を囲みますジャンル。 一度が2週のために来るので、私はそこに起こって、ぱっとしていて、それをすることができません、私がまた別のときに本棚を見るとき、楽しみである。 私はちょうど反応します、または、それはそうです、または、それが正直な人間であることはその人の心臓における「成功」と呼ばれている「お金の」「億万長者」キーワードです。
「自分で、浅瀬は憎むべきです」
私が今度は借りた本は、自分でできる限りそれを振り落す金として成功のにおいを否定することに決めました。 私は、以下の通りに順番にタイトルを示すつもりです。
視力学部卒業見込若林正恭による社会ガウン知ることのメンバー
スーパー思案北野武
新しい人間体宝吉田郷
あなたが常識によって洗脳される苫米地英人
世界躊躇事マツコはデラックスです
企業家藤田亀
YouTubeで食べる愛場所ダイスケ
警察、ヤクザ、一般の平和、スパイ日本で最も重要である物語北の芝威
タイトルが企業家に電話をしたこと以外は、にらんだ感覚はお金または成功がまったく出ないと叫びました。 よくやった。 しかし、1で、
「地球上で、私は何に興味がありますか?」
それは、私が自分でそう尋ねて欲しいタイトルの選択です。
ここでは、私はわずかに動きます。 私は、生命としてわずかに同様に動き続けます。
私が本の選択によってわずかに動くので、また、生命はわずかに動くことになっていますか? または、それはリバースですか?

物質をしていないそのようなもの。 わずかにまず第一に動く事実。
20才以上に関しては、このように図書館で本を賃借する私より年をとった姉は、きっと考えなければなりません。
「中で興味を起こすこの人は、どんな人ですか?」
姉のために当惑の表現に気がついた使用人は、急いで店図書館を出ます。
私が厚い本だけを借りたので、バッグはあまりにたくさん多分肩に食い込むだろうたいです、
ああ、時々苦痛を経験することはよいです。
穏やかな日光で私を待っていた「NEETサンダー1」
ほとんど「兄♪と呼ばれている従順なイエローテールを示して、待って」、1つの語言うことなく
私は待ちました。
重さを増した私にとって、彼の負担は、図書館で来た時間より確かに、ちょうど増加します、しかし、
私がそれにして、することができるものは、できるだけ早く目的地に着きます。 そして、彼を私が彼に乗せた巨大な臀部から解放すること。
私が激しくペダルを少し歩行者の交通でダウンタウンで回して、速度を与えた私は、隣接イオンへ行くことに決めました。
「私は、お金を回収しなければなりません」
毎月の年金、健康保険、食物費、エネルギー議案、ちょびっとの使用料、繰り越し日歩。
NEETさえ、支出です。 私が必要な金額を回収して、釣合いがわかるとき、 ‥‥‥
「46人の福沢諭吉」のために
私が仕事を辞めたとき、どこに、100人以上を吐いたユキチは、行きましたか? 半分、または、より、すでに消えないでください。 家から逃げたかどうかにかかわらず、戻ってください; ユキチ! 復帰!
彼は、いくらである私が泣いた場所に戻って来ません。
ユキチは、ほぼ毎月、家から逃げます。 あなたは、この状況のために何かしなければなりません。
処置がありませんか? ユキチが風によって戻る逆転の計測!
ちなみにとても脳「年末の特大の3億円の~♪♪と呼ばれて押し流される感覚のよくできた音楽」で。
「‥‥‥‥‥」
誰も、私がこれの後をどこへ行ったかについてわかりません。
最後までそれを見て、あなた、ありがとう!
また次に関しては、前もってあなたに感謝します!

 「‥‥‥‥」

 

 

「いやっ、意味が分からん!!」

 

見事に誤訳されまくってますね。ただ読みづらいだけの文章になっちまいました。ちなみにこれはYahoo!翻訳でやってみたのですが、グーグル翻訳とかだとまた訳され方違うのかも。

 

そこまでする気力はないので、もし興味がある方は翻訳ソフト使っていろいろチャレンジしてみてくださいね(^^

 

ちなみに、ラッキーマン→Lucky man→幸せ者ってなりました。

自分でつけといてなんだけど、ちょっとほっこりしてしまいましたとさ(笑)

めでたしめでたし。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!