読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

人と比べていい人、良くない人。

f:id:reon5653desu:20160929130016j:plain

 

僕はこのブログで常々

 

 

「人と比べるな!!!!」

 

 

ってことを言っています。ただ人と比べることが悪いって言ってるわけじゃないんですよね。もっと詳しく言うと‥‥‥。

 

 

「人と比べて劣等感が生まれるぐらいなら人と比べるな!!」

 

 

 

ってことを言いたいんです。人と比べること自体は悪いことでも何でもなりません。ただ人と比べたという事実があるだけです。そこに自分の主観的な考えだったりとか感情みたいなものが入ってくると厄介なんですよ。たとえば

 

 

  • あの人がうらやましい。
  • あの人に比べて自分は‥‥‥。
  • みんなはちゃんとできているのに自分はちゃんとできない。

 

 

みたいな嫉妬心とか劣等感みたいなものが膨らんでしまうのなら今の時点では人と比べなくてもいいと思うわけです。だって苦しいだけだもの、その比較ってさ。何もいいことないじゃないですか??それでますます自分に自信がなくなってしまったり自己否定感を高めてしまう。それで動けなくなってしまうぐらいなら比較なんてする必要はないというわけです。

 

 

そういう人の場合自分に自信がなかったり、自分自身が満たされていないっていうケースが多いのでね、まずは他人どうこうじゃなくて「自分をよくするには?」っていうことを第一に考えていけばいいです。

 

 

人と比べてもいい人は?

 

 

僕が思うに、人と比べても問題ないのは

 

 

  • 人と比べても嫉妬心や劣等感を抱かない
  • 人と比べても冷静に客観的に捉えることができる
  • 人と比べることでやる気が出る

 

 

っていう人なんじゃないかな?自分の友達や同年代、世間一般の人と比べた時に

 

 

「あー、自分はなんてダメなんだ。」

 

 

ってへこんだり、嫉妬するのではなく、

 

 

「なるほど、あの人は今ああいう状態なのか。だったら自分はこうしようか」

 

 

みたいな感じで比較することで今の自分の立ち位置を冷静に見極められる人、人と比べることで自分の課題を明確にできる人なんかは人と比べてもいいでしょうね。

 

 

学校の試験でいっつも満点をとるような生徒を見て「あー、あいつに比べてなんて自分はダメなんだ」じゃなくて「なるほど、あいつはああやって勉強してるのか。自分もまねしよう」って冷静に捉えられるような人。

 

 

「他人との比較はあくまで自分をよくするためだ。」

 

 

そんな風にできるなら比べてなにも問題はないと思います。

 

 

あるいは、

 

 

「あいつが頑張ってるんだから、俺も(私も)頑張るぜ!!」

 

 

って他人の状況を見てうまく自分のやる気とかモチベーションに変えられる人。自分への燃料としてうまく変換できる人なんかも人と比べてもいいんじゃないかな?たまにいるじゃないですか?他の人に触発されてめっちゃやる気になる人。そういう人も比較してOKな気はしますね。

 

 

まとめ

 

今回は人と比べていい人と良くない人がいるよねってことをお話してみました。

 

 

この記事を読んでいる人の中にも人と比較することで苦しくなってしまったりつらいなと思ってしまう人もいるかもしれません。このブログを読んでくれているニートやひきこもり系の人の中には周りの人や世間と比べて「自分はダメな奴だ」と落ち込んでしまっている場合もあるでしょう。その場合いったん他人との比較はやめちゃいましょう。そんでまずは

 

 

「自分自身をいかにいい方向にもっていくか?」

 

 

それだけを考えてみてください。他人と比べず慌てず焦らずマイペースで自分にできることから少しずつやる。そしてちょっとずつ数ミリでもいいので前進する。そうやって自信を積み重ねていきましょう♪

 

 

毎回同じこと言ってますがほんと数ミリとかでもいい。時には立ち止まったっていいんです。それでも自分なりに前進しようという気持ちは忘れないでくださいね♪

 

 

毎回のように僕自身への戒めも込めて

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!!