読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

古着を処分して断捨離と社会貢献を同時にしちゃいましょう!

時事、ニュース、季節の話題など

どうも、ラッキーマンです。

 

年末になって多くの人がしなきゃと思うのが大掃除ですよね。今年の汚れは今年のうちになんて言葉もありますが、できれば早めに身の回りをすっきりさせたいものです。

僕なんかね、ニートちゃんなのに結構着ない衣類が家にありまして、だいぶクローゼットがギュウギュウになっていてどうしよっかなーって考えていたところなんですよね。

 

服と服の感覚が狭すぎて取りにくい!!仏の僕が少しイラッとする場面です。

 

そんな時ちょうど読売新聞にね、古着のリサイクルに関する企業の取り組みというのが記事になってたんですよね。結構色々な企業がやっていていい活動だなーと思いましたので、こちらでも各企業の取り組みというのをご紹介してみたいと思います。

 

読売新聞2015年12月8日(火曜日) 朝刊12版 不用衣料品を回収する主な取り組みの表を元に筆者が作成

f:id:reon5653desu:20151209180146j:plain

 

基本的にメーカーは関係ない

こういう取り組みでネックなのが、『その企業の商品しか回収しない』って事だと思うんですよ。今回の企業で言えばワコールはワコールのブラジャーしか回収しませんよみたいなね。

 

でも、今回の取り組みではほとんどの企業がメーカーとか問わないそうです。

それなら、一気に利用者の数も増えますよね。素晴らしい。

 

こういう取り組みいいですよね♪本来であればゴミとして処分されていたはずの衣類を持っていくだけで切手とか、クーポン券をもらえちゃうわけですから。

 

しかも、家の押し入れとかタンスの中もすっきりしてまさに断捨離!!

いらないものはこの機会にどんどん処分処分!年末に向けて家の中スッキリさせちゃいましょう♪

 

消費者にとっていい取り組みをしてくれますね♪

 

古着を送るだけで社会貢献が出来る

古着や靴を回収した企業の中には、途上国のワクチン接種代金として使ったり、乳がん患者の母親を持つ高校生の学習支援活動に使うような仕組みを構築しています。

 

もちろん、募金とかでね途上国の支援をするのもいいとは思うんですが、自分たちのメリットにもなりつつ、世界の誰かの役に立っているっていうのがいいと思うんですよね。

 

あんまり肩ひじ張らずに出来る支援という事で、色々な人が気軽に参加できるでしょう。こういうのドンドン企業としてやってほしいですね。社会貢献いいんじゃないでしょうか(^^

 

※各企業の詳しい取り組みについては企業の店舗もしくはホームページなどでご確認ください。

 

まとめ

冒頭でも述べたように僕も、いらない服とか靴が結構あるんですよね。全然着なかったり履かなかったりなんだけどなんかとってあるようなものが実は結構あるんです。

 

靴に関しては家族と共有の靴入れなんでね、基本スペースがあんまりないんですよ。残念ながら。(ニートは肩身が狭いのです)

もう靴入れもだいぶギュウギュウになってきましたし、これを機にリサイクルしてみようかな。

 

皆さんも衣類とか靴の処分でお困りでしたら、ぜひリサイクルして断捨離と社会貢献同時にしちゃいましょう!家の中も心もすっきりしたいい状態で年を越せるはずです♪

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!