ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

何となく不安で眠れないなぁと思った時の考え方。

f:id:reon5653desu:20160929000914j:plain

 

半ニートの生き方-脱貧困思考のススメ-ってブログを書かれてる「Fu_Jふーじぇい(@actple00)」さんが⇩の記事を書いてたんですよ。

 

misojisai.hatenablog.jp

 

 

この記事読んだ時にね「あー、そういえば自分も寝れない時期あったなー」なんて事をおもい出したんですよね。そんで完全な便乗ですが、僕も寝れない人向けにちょいと記事を書いてみようかなぁと思いました♪「こういう考えでいるといいよー」という僕の主観ですが良かったらご覧になってみてください♪

 

 

 

 

僕の考えをかく前にまず、大前提として

 

 

「お薬を処方されてるなら用法容量を守って正しくお使いください!!」

 

 

ってことは言っておきます。僕は医者でもないし薬剤師でもないので薬のことについては語れませんからね。

 

 

僕がお伝えしたいのは

 

 

「何となく不安で眠れないなぁと思っている人」

 

 

に対してです。

 

 

僕のブログって「ニート気質な僕の生きる道」っていうふざけたタイトルなんで、ニートとかひきこもりっぽい人も見てくれたりするんですよね。

 

 

そういう人の中には、こうなんていうのかな「漠然とした不安」みたいなのを抱えてて眠れなくなっちゃう人もいるんじゃないかと思うんです。明確に「こういうことが不安だ!!」とは言えないけどなんか不安だなぁみたいな。それで悩んで眠れなくなってしまうみたいなパターン。何でそう思うかというと僕自身がそうだったから。

 

 

今でこそちゃんと寝れるようになったけど、僕も大学卒業して完全ニートというか家からほぼ出れない状態になった時は不安でしかたがなかったんですね。昼もそうだけど夜になるにつれてその不安感っていうのが強くなっていったんですよ。

 

 

だんだん夜が更けて自分の部屋のベッドに横になって目を閉じようとするとさ

 

 

「このままだと将来俺どうなっちゃうのかな?」

 

 

なんて思っちゃうんですよね。明日がくるのがこわい。とても気楽にニート生活を満喫なんかできない状態でしたね。ほんとあの時のことを思い返すとしんどい。だって当時はほんとに不安で毎晩のように涙を流してたから。

 

 

別に誰かに何かきついこと言われたわけでもないんですよ。ただただ、自分自身の将来が漠然と不安で、でも動けないのがすんごく情けなくて自然と涙がこぼれてしまう。そしてそのままずーっと悩んで結局眠れなかった‥‥‥。そんな日々を送っていた時もあったんですね。

 

 

もしかしたらこの記事を読んでいる人の中には当時の僕と同じように不安で苦しんでいる人もいるかもしれない。僕はそんな人に言いたい。

 

 

 

「漠然とした将来のことなんてどーでもいいから今は寝なさい!!!」

 

 

ってね。なんでかっていうとさ、漠然とした将来のことってその場でどうこうなるもんじゃないじゃないですか?しかも寝る寸前にいくらあーだこーだ悩んだとしても何か事態が好転するわけじゃないんですよ。むしろ深みにはまってそれこそ朝まで眠れんってなってしまうことが多い。体調面とか考えるとなんもいいことがないんですよね。

 

 

これがね、

 

 

「あー、明日の期末試験不安だわー」

 

 

っていう具体的な不安。もうめっちゃ課題がハッキリしている不安ならさ

 

 

「寝る直前にテスト範囲で自信ないところやればいい」

 

 

ってなりますよね??単語帳見たり、文法を確認したりとかさ。もうやるべきことはっきりしてるじゃない?

 

 

でも漠然とした将来のことについてその場でできることなんてないでしょ??明確に「これをやればいい」っていうのがないんだからさ、そこはもう一回悩み手放しちゃって寝ちゃいましょう。あなたができることは、

 

 

 

「ぐっすり休んで次の日のあなたがいい体調で過ごせるようにする。」

 

 

って事なんじゃない??あれこれ悩んで眠れなかったら次の日しんどいよね?ボーっとするじゃない?動きたくなくなるじゃない?そうなると「なんかしよう」ってなかなか思えないもんですよ。特に睡眠不足は超絶動きたくなくなるじゃないですか?人間の身体なんてそんなもんですよ。

 

 

だから、課題が全然明確じゃなくてほんと漠然とした不安とかだったらさ

 

 

「とりあえず今日はもう寝て明日また考えよう!!」

 

 

って思ってさ、次の日のあなた(なんか表現おかしいかもしれないけど)に任せちゃう。

そんで、次の日のあなたはしっかり寝ているから体調がいいわけですよ。体調良ければ頭も働くし、活動もしやすくなるじゃないですか?

 

 

そっから自分で解決できんなーと思ったなら誰かに相談してもいいし、ちょっと本なんかを読んでみてもいいと思う。何するにせよ眠くてボーっとした状態、寝不足で体力けずられてる状態は避けたいところですよね?だから寝る。あれこれ考えずに寝る。

 

 

「漠然とした将来が不安なら今はとにかく寝る!!!」

 

 

それが結果的にいい方向に繋がるんじゃないかなー??当時の自分を振り返ってみてもそう思うんですよね。「この課題は翌日の君に任せようぜ」って感じ。こう冷静に客観的に捉えるとそういうアドバイスを送ってあげたいです、あの時の僕に対してね。

 

 

 

それでも眠れなかった時は??

 

 

とりあえず寝ろ!!って言われてもねれねーよ!!っていう方もいると思います。そうやすやすと解決したら苦労しませんよね。そんな時にはこう考えてほしいんですよね。

 

 

「朝まで寝れなかったわー。まぁしょうがないかぁ。」

 

 

って感じで。別に深刻に捉えることなんてないんですよ。たかが一日眠れなかっただけじゃないですか??もちろん、ボーっとするだろうし頭もうまく働かないとは思う。でもだからといって

 

 

「寝れない自分ってほんとダメだなー」とか「なんで寝れないんだよ?いやになるわ。」思う必要ありません。責めちゃだめよーだめだめ。(懐かしい)

 

 

「その日はただ寝れない夜だったな。」

 

 

そう捉えましょう。ただそういう事実があっただけ。済んだことにはもう執着しない。華麗にスルーしてそこから自分ができることやっていけばいいんじゃないかな??僕はそう思います。例えば昼寝しないようにちょいと散歩行ってみるとかね。まぁ何でもいいですよ。それこそ誰かに相談に乗ってもらうとかでも何でもOK。

 

 

「今日、自分ができることを少しずつやっていく」

 

 

って事でいいと思う。寝れないことなんてずーっと続かなきゃ大した問題じゃないですよ。もちろん、ずーっと寝れなかったら病院に行って診察してもらった方がいいかもしれんけどね。病気の場合もあるからね。

 

 

 

まとめ

 

 

そんなわけで今回は

 

 

「何となく不安で眠れない人向け」の考えを書いてみました。あくまで僕の考えなのでこれが正解だなんてことは米粒ほども思わないです。ただこういう考えでいると非常に楽だし、気持ちも落ち込み過ぎなくて済むと思います♪もう言っておきますね。

 

 

「漠然とした不安なら気にせず寝るのだ!!!」

 

 

それじゃあ、いい夢見ろよ!!!!

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!!