ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ブログを書けないとお悩みのあなたへ。

f:id:reon5653desu:20170405191049j:plain

 

場末のはてなブロガーとして、多くのブロガーのブログを見ていると時々「ブログが書けない‥‥‥。」と真剣に悩んでいるブロガーの苦悩に出くわすことがある。

 

向上心があるからこそ悩みのだろう。僕も毎日ブログを更新しようと決めてからしばらくたったある日「オラ、ブログネタがねぇぞ‥‥‥。」と嘆き悲しみ枕を濡らしPCの前で「ネタネタネタネター!!」と長時間つぶやき続けたものだ。(嘘だ。)

 

まぁ、そんな僕だからブログを書けないという人の悩みや苦しみはよく分かる。そして多くの人はおそらくではあるが、「他のブロガーはちゃんと更新できてるのになぜ自分はできないんだ。」と比べてしまっているのだと思う。はてなブログのいいところは他のブロガーと気軽に繋がれることでもあるが、繋がった分比較対象がたくさんあるということでもあり、人によっては比べることで「なんて自分はダメなんだ。」と思ってしまうのかもしれない。

 

そんな風に自分を責めてしまう、あるいは自分はなんてダメなんだと思っている方にはこう伝えたい。

 

「別に書きたいことがなければ書かなくていいんだぞ。」

 

特に「毎日更新しなければならない」とか「1日2回は更新しなければダメなんだ。」と思い詰めている人にはそんなに肩ひじ張って必死になる必要はないのだと言いたい。

 

僕自身は1年以上毎日1記事以上更新ということをやってはいたが、実は書いていない日もあった。でもはたから見れば毎日更新しているように見えたはずだ。それはなぜか?はてなブログの予約投稿の機能を活用したからである。

 

つまり調子がいいとき、書きたいことがたくさんある時に一気に書いていたというわけ。だから毎日更新しているように見えたんだけど、実は全く書けなかったという日もあった。実は定期的に更新しているブロガーであっても予約機能をうまく活用して書けない日を乗り越えている人はいるはずだ。

 

とはいえ無理やりブログネタをひねり出すという経験も確かに必要だ。「今日は書きたいことないなー」と思っていてもPCの前に座り、他の人ブログを読んだりするとふと「あっ、そういえばこういうことを伝えたかったんだ。」というアイデアが出てくることもある。だから、最初から「今日は書かなくていいや。」という風に諦めてしまうのももったいないような気もする。ちょっとPCの前に向かってみることはしてみてもいいだろう。書き始めたら意外にスラスラと書けることもあるからだ。

 

だがPCの前でウンウン唸って、あれこれ考えてみてどうしても何も書きたいことがないのならば書く必要はない。理由はシンプルだ。だって書きたいことがないのだから。それを無理くり興味のない時事ネタなど書いたりしたところで、僕のブログのようにペラペラな記事が量産されてしまうはずだ。そのような記事ではだれの心も動かせないしそのためにあなたの貴重な時間を費やすのはもったいないだろう。そして記事を書きあげたとしても消化不良に終わるだろう。

 

では、どうすればいいのか?これまたシンプルなのだが、

 

「いったんブログから離れてみる。」

 

といいと思う。ブログからちょっと離れてあれこれやってみる。じゃあ何をやればいいの?という人もいると思うので、以前僕が「ブログが書けない」時にやっていることを↓に載せておいた。ちょびっとでも参考にしてもらえばと思う。

 

reon5653desu.hatenablog.com

 

そうやって別のことをやってみると、ふと「あれ、これブログに書くと他の人の役に立つんじゃね?」といったブログネタが浮かんでくる。そしたらそれをガッツリ書けばいい。

 

少なくとも自分が決めた通りにブログが更新できなかったからと言って自分を責めたり否定したりするのはやめよう。それをするとブログそのものが嫌になってしまい、更新するのがおっくうになってしまう。

 

人によってはブログなんてくだらないと思うかもしれないが、僕個人としては「たかがブログ、されどブログ」という感じで、ブログを書くことで時には得られるメリットもあると思っている。だから今現在ブログを書いているのであれば今後も続けてほしいなぁと思ってこの記事を書いた。

 

何はともあれ、ブログ書けないからと言ってあんまり思いつめないでほしい。僕みたいなはてなの片隅でくだをまくブロガーのアドバイスがどこまで参考になるかは疑問だが、ほんのちょっとでも役に立てば幸いである。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。

 

あとアイデアを出すのに参考になりそうな記事も貼っておきます♪

reon5653desu.hatenablog.com