ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

気軽にできる寄付。ホテルの予約はビッグイシューのサイトからしてみましょう。

先日、新宿で購入したビッグイシュー。ホームレスになった方の自立支援のために発行されている雑誌です。

f:id:reon5653desu:20160308214855j:plain

読んでみると、普通に面白い雑誌だったんですよね。内容もホームレスの方をサポートする目的のために発行されている雑誌なので独特な感じ。

 

ホームレスの人生相談とか、ライターの方がホームレスの方の生活を体験してみたとか、貧困とか弱者の方に近い内容の記事になってますね。成功者の本を読んだりするのもいいんだけど、同時にこういうの学校とかに置いて学生とかが読んだら人生の幅が広がる気がするなー。

 

そのビッグイシューは色々な人の寄付金などで支えられています。当然それらがなければ運営は成り立たない状態です。ただ、実際問題寄付をするという行為はなかなか浸透していないし、関心はあってもそこまで余裕がある人ばかりではないでしょう。

 

なかなか寄付金を集まりにくいというのが現状ですよね。

そこで、ビッグイシューではホテルの検索サイトとコラボをしてある取り組みを行っています。それは

 

『ビッグイシューのホームページからHotels4Change & ビッグイシュー日本版にアクセスして、そこからホテルの予約をすると宿泊代金の一部がビッグイシュー日本とINSP(国際ストリートペーパーネットワーク)に寄付される』というものです。

 

ビッグイシューのホームページはこちらです。

www.bigissue.jp

 

このページの左下にあるリンクからホテルを予約してもらうと、寄付金が自動的に寄付されるんですね。寄付する側はホテルを予約するだけでその他の手間は一切かからない仕組みです。

 

僕はニートちゃんなので、なかなかホテルを予約する機会はありません。ですので今のところここから寄付をするということには結びつかないんです。でも旅好きの方とかホテルとか結構泊まるぜーっていう方で、もし寄付に興味があるっていう方がいればこういうサイトを利用して寄付するのもありなんじゃないかなんて思うんです。めんどくささとかないですし。

 

僕自身は本格的に貧困問題に取り組んでるわけじゃないですし、人生かけてるわけじゃありません。たまたまビッグイシューを買って、この仕組みを知ったからこうやって紹介してるわけです。大した志もないんです。

 

それでもやっぱ困ってる方とか弱者の方とかが生きやすいとか、それをサポートする人たちがきちんと活動できるのは重要だよなーって思うんですよね。自分だって弱者にいつなるのかなんて分かりませんしね。全く無関係なんて事はないし、こういう制度で困った方が救われるようになれば、自分も困った時に生きやすくなるという自分本位な考えではあるんですが。

 

そう考えたときに微力でも支えになる事って何だろうって考えたらビッグイシューを買うことだったり寄付行為をする事だったり、あるいは寄付とまではいかないけどこういうシステムを利用する事なんじゃないかななんて思うんですよね。

 

まぁ、とはいえ寄付とかそれに準ずる行為は自発的にっていうのが大事ですよね。強制的になんて寄付じゃないでしょう。なので、まずこういう仕組みがあるって事を知ってもらう事、そしてその中から少しでも寄付してもいいかもって思ってもらえればななんて思うんです。大事なのはまず知ってもらう事。

 

僕自身ニートなので、今のところ弱者の方を支えるのは難しい状態です。せいぜいビッグイシューを買ってホームレスの方の賃金の足しにしてもらうこうやって記事に書いて活動を知ってもらうことぐらいです。

 

でもしっかり自立できたらいくばくかでも寄付したりとか弱者の人とか困った人に何かできればなーなんて考えてます。海外のセレブみたいにドーンと何億寄付!!みたいなカッコいいことは言えませんが、微力でも何かしたいですね。

 

最後は僕の意志表明みたいになっちゃいましたが、ビッグイシューの取り組みについて多少は知ってもらえたと思います。もし寄付行為とかに興味があるけど何したらいいかわからんなーなんて思っている方は、今回ご紹介した

Hotels4Change & ビッグイシュー日本版を利用してみてくださいね(^^

 

旅行好きの方とかホテル頻繁に利用する方はぜひ!!

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪