ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトってサイト単位で審査しないといけないという事を知らなかったので申請してみました。

どうも、ラッキーマンです。 

 

先日僕が拝見させていただいている、アリカワさんという方のブログで

↓のような記事が投稿されていました。

www.arikawashuhei.com

 

アリカワさんいわく

Amazonアソシエイト』は新たにブログを作った際には、まずそのサイトにAmazonアソシエイトのリンクを貼ってもいいかどうかをAmazonに審査してもらい、OKが出たら

初めてリンクを貼ることが出来るとのこと。

 

新しいブログをつくったり、URLを変更するたびに申請しなくてならず、

その申請を怠って、勝手にサイトやブログなどにリンクを貼ると、

『運営規約違反

となってしまい、最悪Amazonアソシエイトを利用する事が出来なくなってしまうそうです。

 

この記事を見た時に僕は

『もしかしたらマズいかも(*_*;』と思いました。

 

何故なら、僕はこの運営規約をよく理解しておらず、サイトを追加する際には

その度に自分で追加していけばいいと思い込んでいたんですね。

読者の方の中でも、こういう思い込みをしている方が実はいるんじゃないかなと思います。

 

そのまま放置していてもしばらくは問題ないかもしれませんが、Amazonさんがそれを発見したらマズいです。実際それで紹介料が支払われないケースもあるとのこと。

 

その恐ろしい結末にビビりにビビりまくってしまった僕は早速Amazonさんに

サイト申請を出してみることにしました。

 

申請を出して1~2時間後Amazonさんから返信が来たのですが、

その返信には驚愕の事実が!?

 

僕はこのブログの他にもう1つ別ブログを運営していまして、てっきりそちらのURLで最初の登録をしていたと思ったんです。ところがAmazonさんいわく全く別のURLが申請に出されているとのこと。

 

そのURLは僕がかなり前に作ったブログのURLだと思うんですが、すぐに消してしまっていたため、僕の記憶にすら残っていないレベル。

 

ということは、このままこのブログや別ブログにリンクを貼り続けているのはマズイ。

そこで、そっこー返信のメールを書きました。

 

返信メールでは

    1. 自分の不注意で運営規約に抵触する行為をしたことへの謝罪
    2. 二度と同じことをしないという誓いと、毎回サイト申請をする事の約束
    3. 改めて、リンクを貼りつけたいサイトのURLを申請

     

     という内容で、Amazonさんに送ってみました。

すると、本来であれば無許可でリンクを貼っていた場合、そのリンクをすべて外して改めてサイトの申請をしなければならないのですが、今回は大目に見ていただきリンクを貼ったままでも許可をいただくことが出来ました。Amazonさんの寛大なる処置に感謝する次第です。

 

ただ、今後これを繰り返してしまうと、アソシエイトを利用する事が出来なくなってしまいますので、今後はサイトをつくったり、URLを変えたりした場合にはすぐに申請を

しようと思います。

 

読者の方の中にも、もしかしたら僕と同じように申請をしていないにもかかわらず、リンクを貼ってしまっている方がいるかもしれません。

 

その場合は、速やかにAmazonさんに連絡をしましょう。しっかり謝罪して今後規約を順守する旨を伝えればAmazonさんはおそらく寛大な処置をしてくれるのではないでしょうか?

 

間違った行為をしたら

『まず謝罪!!』

f:id:reon5653desu:20151029164839j:plain

どの世界でも大事ですね。

 

ぜひ、みなさんが気持ちよくAmazonアソシエイトを使うためにも、

サイト申請をしっかりと出来ているかどうか確認してみてください(^^)

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!