ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

唐コンに便乗して○○コンを考えてみることにした。

 

 

一般社団法人日本唐揚協会というところが(そんな協会があることに驚きだ)唐揚好きな未婚者を対象に「唐コン」なるイベントを開催するらしい。

 

 

唐コンつまりは唐揚合コン。こういう試み面白いなーと思う。何かを好きな人同士(この場合は唐揚)で集まれば話題も盛り上がるし初めから唐揚好きという共通点があるのでお互い親しみも持ちやすい。美味しいものを食べれば人はそれだけで幸せだし、さらに他の人と仲良くなれるのならなおさらいい。そういう場を作ろうという試みは素晴らしいと思う。ただ、ツイートにも書いてあるように胃もたれしそうだけど(笑)

 

 

僕が思うに見知らぬ者同士が集まるそこらで開催されている腹の探り合いの合コン(僕は戦場と呼んでいる)とは違って、リラックスした雰囲気で楽しめそうだ。

 

 

※ちなみに僕は合コンでは負け戦だらけ。戦果を一つも持ち帰ることができなかった負け犬だ。詳しくはこの記事とかに書いてあるので読んでみてほしい。ほんと女ってやつは‥‥‥。

 

 

まぁ、僕の負け戦の話ばかりをしていても面白くない。唐コンの話だ。要はこういうお互い好きなものが分かったうえでの懇親会とかイベントとかって楽しいよねって話。共通点がある人には親近感を持ちやすいからね。唐コンいいなと思った僕はありあまる暇な時間を利用して考えた。

 

 

「唐コン以外にもこんな合コンがあったら楽しそうじゃない?」

 

 

というわけで今回は僕が思いついた「○○コン」のアイディアをここに書き連ねてみようと思う。今回は食べ物とセットの合コンについて書いてみるつもりだ。

 

 

 

①寿司コン

f:id:reon5653desu:20160712115745j:plain

 

既にあるのかもしれないけど寿司コンというのはどうだろうか?僕が思うに懇親会では人との交流を求めている人が多いだろうし、その際にはあまり食べにくい物をチョイスするのは好ましくないと考える。食べる方に集中しちゃうからね。

 

 

寿司ならば一口サイズだし、ちょちょいとしょうゆをつけて食べるのみなので手間いらず。食べるのに集中しすぎて会話が途切れる心配などもないだろう(麺とかだといつまでも麺をすする音が途切れなそうだしつゆとかもはねそう)ネタも豊富だから飽きもこない。

 

 

会場はイベントホールみたいなところでもいいし、あるいは寿司屋を貸し切ってやるのも面白いかもしれない。目の前で大将が握ってくれた寿司を食べつつ話に花を咲かせる。最悪話が盛り上がらなくてもうまい寿司が食えればそれはそれで満足だ。「いい出会いがないならひたすらトロを食う!!」そんな参加者がいてもいい。寿司の場合唐揚ほど胃もたれや胸やけもしないだろう。

 

 

あとは普段食べれないような変わったネタなんかも提供してもらえると面白いかもしれない。邪道かもしれないけどカリフォルニアロールとかも食べれたりしたら嬉しい。ここでも負け戦が確定したら寿司を楽しむ方にシフトすることで心に深手を負わなくても済むだろう。なるべくノーダメージでいきたい。

 

 

そんなアイディアを考えていたのだが既に「鮨コン」を開催している団体が存在していた。リンク先のページ見てみるとけっこう頻繁に開催されてるみたい。男の方が明らかにお値段お高めなのが気になるぜ‥‥‥。

 

 

②粉コン

f:id:reon5653desu:20160712115933j:plain

 

 

粉といっても怪しい粉ではないをどうこうするわけでもないし、バラエティのように粉にまみれるわけでもない(^^;いわゆるお好み焼きとかタコ焼きといった小麦粉を使った料理を食べながら合コンするということ。グルテンフリーの人はダメだけど。

 

 

お好み焼き、たこ焼き、もんじゃ焼きといった粉物には親しみがある人も多いはず。この場合にもお好み焼き屋などを貸し切ってお店の人にジャンジャンお好み焼きやたこ焼きを作ってもらう。さらに食べやすいように一口サイズにカットしてもらうことで食事を楽しみながら会話も無理なくすることができるだろう。

 

 

さらに一歩踏み込んで一緒にお好み焼きやたこ焼きを作るのもありかもしれない。主催者側で料理の材料やレシピなどは用意しておいて、参加者が好みの具材などを使って粉ものを作る。

 

 

共同作業すると距離が縮まる可能性が高いし会話も生まれやすい気がする。作った料理についての感想を話し合ったりするのも楽しそう。自分で作ったという達成感みたいなものも生まれるはずだ。ただ、料理時間がどのぐらいかかるのか、あるいは料理の味がどうなるのかについては参加者の腕次第のところもあるので主催者がうまくフォローするなど工夫が必要になるだろう。

 

 

③肉コン

f:id:reon5653desu:20160712121433j:plain

 

 

これはベタにありそうな合コン。とにかく肉を焼いて焼いて焼きまくりむさぼりつく合コンだ。個人的には牛、豚、鳥の他に羊や馬など比較的珍しいお肉も食べられると嬉しいと思う。

 

 

肉についてはシンプルに網の上で焼けばいいし手間もそこまでかからない。食べやすいサイズにあらかじめカットしておけばバクバク食べながら会話を楽しむことも可能だろう。おそらく喉も乾くだろうからお酒なんかをガンガン飲んで楽しい雰囲気になるような気がする。(僕なんかはどちらかというと肉を食べる方を優先してしまいそう)

 

 

あるいは猪や熊肉などのちょいとクセのある肉限定の肉コンなんてあってもいいかもしれない。普段なかなか食べることが出来ないものを食べられるのはとても嬉しいだろう。みんなけもの臭くなりそうだけどね(笑)電車とか乗る時は注意が必要。

 

 

まぁ、あらかじめ注意書きとして「猪や熊肉はクセがあり独特の匂いがしますのでご了承ください」とでもしておけばOK。ただ念入りに会場内にファブリーズあたりを用意してあげるとありがたい。

 

 

ちなみに↓の街コンでは珍しい肉を食べられるらしい。ワニ、ラクダなどなど‥‥‥。確かに普段あまり食べられない肉ばかりだ。興味深い。

 

machicon.jp

 

 

 

④駄菓子コン

f:id:reon5653desu:20160712122917j:plain

 

 

最近は駄菓子バーなるお店もあるらしく、子供の頃に親しんだ昔懐かしい駄菓子を食べたいという人もいるだろう。

 

www.dagashi-bar.com

 

 

最近は駄菓子屋があるかどうかわからないけど、20代後半以降の人はまだ近所に一件ぐらい駄菓子屋があった人もいるんじゃないだろうか?ちなみに僕の通っていた小学校の近くにも駄菓子屋はあった。(今も営業している)

 

 

そういう人たちに子供時代を懐かしんでもらうために駄菓子コンというものをひらいてみるのも面白いかもしれない。駄菓子の中には結構味付けが濃いものもあるし意外とお酒に合いそうなものも多い。(よっちゃんとか)それに一つ一つは割とサイズが小さいものも多いから色々な種類の駄菓子を楽しむことも出来そうだ。食べるときにもそんなに手間はかからないはず。

 

 

うまい棒とか全種類コンプリートされてたら僕は全種類食べちゃいそう(笑)また当時とは味覚も違うので子供時代にはうまいと思っていたものが今食べると何だかビミョーみたいなそういうのを感じたりするのも面白いだろう。駄菓子なので比較的安い費用で済ませてもらえるとありがたい。

 

 

⑤デザコン

f:id:reon5653desu:20160712135759j:plain

 

 

デザートや甘いものと言ったら女子のイメージがあるが、最近では甘いスイーツなどを好む男性も増えていると聞く。僕も甘いものは嫌いではない。そこで、思いっきり甘めのデザート類を中心とした「デザコン」(ネーミングセンスをどうにかしたい)なんかがあると面白いかもしれない。

 

 

アイス、ケーキ、パフェ、エクレア、ドーナツ、チョコレートなどなど食べ放題。色々な種類を楽しめるようにそれぞれ一口サイズ、あるいは小さめの容器に入れて用意しておく。

 

 

また夏の暑い時期ならば「アイスコン」(やっぱりネーミングセンスをどうにかしたい)など季節限定だったり、「ケーキコン」(センスに関してもはや何も言うまい)といった具合に種類を限定して開催するのもいいだろう。

 

 

あるいは新商品のお試の場と合コンを組み合わせて使ってもいいかもしれない。デザート好きな女子や男子に企業は新商品を試してもらいアンケートを記入してもらうと、料金はかなりお安くなるといった感じ。

 

 

企業からすれば貴重な消費者の意見を聞くことができるし、参加者は新商品を試しつつ他の人とも仲良くなれるので一石二鳥だ。(まぁ、そううまくはいかないかもしれないけど)

 

 

最悪、異性とのいい出会いがなくても「新商品を色々試せた―♪」という満足感があればそれはそれでよし。さらに誰かと知り合えたり恋愛に発展すればなおさら良しといった感じ。とりあえず参加者が損しないようなイベントにしておけばリピーターも増えるはず。

 

 

まとめ

 

というわけで、適当に○○コンのアイディアをここに書いてみた。中には既存のものもあるがターゲットを変えたり、食べ物の種類を限定するなどすれば興味のある人を呼ぶことができるかもしれない。僕個人としては肉コンや駄菓子コンなどあればちょっと参加してみたいなーと思いました。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!