ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

デート前に飯を済ませてくるオンナについて僕なりの感想を語ってみる。

 先日興味のある記事を発見したので紹介してみようと思う。

rocketnews24.com

 

この記事を簡単に要約すると、

『女性をデートに誘ったんだけど、女性が既に飯食ってやがった。こっちはディナーの時にデートに誘ったんだから、メシ食べてこないでよ。こういう女性ってどーすか?』っていう話。

 

この記事に対する僕の感想。

 

「メシ食べてきてくれてありがとう。その分他にお金回せるからね。」

 

デートでディナーをするってなったらなんだだかんだで男側は気合を入れなければならないような風潮がある。ファストフードや牛丼チェーンでというわけにはおそらくいかないだろう。

 

人によって普段自分が食事に出しているレベルよりもかなり高い金額を出す必要があるかもしれない。無理にハードルを上げてしまうとのちのち大変になってしまうだろう。

一人数千円、下手すれば数万円の出費なんて事もあるはずだ。ニートの僕は想像しただけでも震えてしまう。

 

でも、予め女性が食べてきてくれているのならば、これはもうありがたい。女性におこる、もしくは多めに払うはずだった食事代を払わなくて済むからだ。その分、映画を見たり、いい感じのバーに行ったりすればよい。(行ったことはないが)

 

ちなみに記事の男性は、女性が夕ご飯を食べてきたことに対して愚痴をこぼしているようだ。しかし本当にディナーに行きたいのであれば、事前に「明日のデートなんだけどさ、まず食事行きたいんだけどどう??」というとても単純で誰でも思いつくような文章をメールなりLINEなりで送ればいいはずだ。

連絡先は交換しているはずなので、それが出来ないはずがない。

 

それを一方的に『ディナーの時間にデートの約束をしたのだから、飯を食べてこないのが当然でしょ!プンプン』と自分勝手な理屈で愚痴を言うのは少しおかしい気がする。

この男性の勝手な思い込みにしか過ぎないのだから。

 

女性が仮にこの愚痴を直接聞いたのなら

「ハッ??何でご飯食べてきちゃいけないわけ??我が家では休日は18時にメシなんだよ!!(ここは勝手な想像)ディナーしたいんなら事前に言えや!」

とお怒りになるはずである。一緒に飯を食いたいのならば事前に言えばいいじゃん。誰だってそう思うはずだ。

 

さらに、ここからは僕の想像にすぎないが、女性はもしかしたら『ディナー代を払いたくなかったのかもしれない』

考えられる理由は2つ。

 

①男におごらせたくなかった。

f:id:reon5653desu:20151116232325j:plain

この女性はもしかすると、デートで男におごらせたくないタイプの人なのかもしれない。借りを作るのが嫌なのか、あるいは気を使われるのが嫌なのか、その辺は恋愛偏差値40の僕には想像することは出来ないが、そういった可能性もあるのではないかと思う。人は何かをしてもらうと『お返しをしなければならない』という心理的な法則を持っているからこれを避けたかったのかも。

 

②自分がお金を払いたくなかった。

f:id:reon5653desu:20151116232526j:plain

画像の金額がやけにリアル(笑)

 

ディナーともなればある程度の金額が発生するのが大人のデート。男性がおごってくれるのであれば御の字だが、もしかすると割り勘ということも考えられる。その際の出費は少なくとも1000円以上、多ければ数千円~といったところだろうか。

 

この記事では女性がどんな職業なのかは書かれていないが、仮に一般的なOLだとすると、この出費はまぁまぁのダメージをとなるだろう。ちなみに僕なら涙を流すだろう。

それを回避する一番の手段は『ご飯を食べてきちゃう』ことだ。自炊ならばディナーの料金よりもかなり出費を抑えることが出来る。

 

ちなみに、僕も19時や20時に居酒屋集合などの場合、事前に食事を済ませておくことが多い。居酒屋で軽いつまみと飲み物だけを注文し、出費を抑えるためだ。もしかしたら、この時の女性も僕と同じ戦法で出費を抑えようとしたのかもしれない。

 

以上が僕のこの記事に関する感想だ。ただ、シンプルに言えば、

 

「一緒にディナーしたいんなら事前に言っておけばよくね!?」

これに尽きる。恋愛偏差値40の僕に突っ込まれているようでは、きっと女性とのデートもうまくいかなかったに違いない。(うまくいってたらごめんなさい。)

 

それにしてもデートがしたい‥‥‥

 

また次回もご覧いただければ幸いです。