ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートが選ぶマンチェスターユナイテッドに所属したワールドクラスの選手とは??

 どうも、ラッキーマンです。

 

ちょっと面白い記事があったので、取り上げてみることにしました。

それがこちら

www.cyzo.com

 

この記事はベッカムが元々所属していた

マンチェスターユナイテッドの元監督、『アレックスファーガソン』が

自身の指導歴の中でワールドクラスは4人しかいないと発言し、

その中にベッカムが入っていないのはおかしいんじゃない という事からちょっとした騒動になったという話。

 

この騒動に対してベッカムが

『ファーガソンの言う通り』

『史上最高の監督と最高の選手たちとプレーする幸運に恵まれた』

みたいな感じのコメントをして

 

『ベッカムの対応神じゃね??』

っていうのを記事にしたみたいです。

 

ちなみにファーガソンが選んだのは以下の4選手

・エリック・カントナ(元フランス代表)

・ライアン・ギグス(元ウェールズ代表)

・ポール・スコールズ(元イングランド代表)

・クリスチャーノ・ロナウド(ポルトガル代表)

 

確かにどの選手も実力、実績共に申し分ない。

 

ただ、僕は思う。

『もう何人かワールドクラスの選手いるでしょ??』

 

ファーガソンが辛口なのかはわかりませんが、

彼が率いていたのはあのマンチャエスターユナイテッドですよ??

 

まず、国の代表レベルの選手でなければ基本的に

ユナイテッドに入ることすらかないません。

今、ドルトムントにいる香川選手も結局レギュラーを取る事は出来ませんでした。。

 

 

入ってもそこからさらにその選手たち同士で

競争してレギュラーを勝ち取って試合に出るわけですから、

もうそれだけでかなりのハイレベルなわけです。

 

その時点でかなり選手としては凄いんです。

そんな、レベルの選手たちを指導してしかもファーガソンって27年監督やってるんです。

 

『そんな年数監督してて、4人!?』

『そんなわけないやろ!』

 

ファーガソンのワールドクラスの基準がどんなものかはわかりませんが、

あと何人かはいるはず。

 

ということで、僕の独断と偏見で先ほどの4人以外にマンチェスターユナイテッド

の過去に在籍した選手の中でワールドクラスがいないかどうか調べてみました。

(彼が監督を務めた1986~2013の間で)

 

ちなみに僕の中での基準は3つ!!

 

①代表での活躍(個人、チームともに)

②クラブチームでの活躍(個人、チームともに)

③活躍した期間(あまりに短いのは駄目なので、凄い時期が5年ぐらいはある)

 

ポジション別で行ってみたいと思います。

 

GK部門

 ・ピーターシュマイケル

デンマーク代表。在籍期間は1991年から1999年。

シュマイケルは今の若い人は知らないかもしれないけど、

歴代のユナイテッドのGKの中でもトップ3に入るレベルだと思います。

 

実績も申し分ない。

チャンピオンズリーグも1度取ってますし、ワールドカップこそベスト8が最高ですが、

特筆すべきはユーロで優勝していることです。

ユーロ1992では、本来デンマークは出れなかったのですが、

ユーゴスラビアが紛争の影響で出場権をはく奪され、代わりに出たのがデンマーク。

 

つまりデンマークは予選敗退していて本大会にすら出られなかったのに

結果的に優勝してしまうんです。

 

その立役者がシュマイケルというわけです。

 

デンマークは優秀な選手がそろっているとはいえ、

相手はヨーロッパの強豪国ばかり。

 

チームは何度もピンチにさらされますがその度に

スーパーセーブでチームを救うあの姿はまさしく守護神!!

 

ぜひ若い人にも彼のプレーを見てほしいなと思います。

YouTubeに彼のプレー集があるのでぜひ見てほしいです。

 

出典:Peter Schmeichel - Best Saves - YouTube

 

 

・ファンデルサール

シュマイケルが99年にユナイテッドを退団して以来

ユナイテッドは長い間GK不足に悩まされることになります。

 

そこに登場したのがファンデルサールです。

 

元々母国オランダのアヤックスでチャンピオンズリーグを1度制しており、

その後イタリアのユベントスに移籍するも実力を発揮できず、イングランドのフラムというチームに移籍します。

 

※ちなみに元日本代表の中田選手がローマ時代に優勝を決めた時、

ユベントスとの大一番でGKをつとめていたのがファンデルサールです。

(中田選手が1ゴール1アシストの大活躍をした試合)

 

移籍したフラムで本来の実力を発揮したファンデルサールは

その後マンチェスターユナイテッドに移籍し、守護神として君臨することになるわけです。

 

実績ももちろん申し分なし。

 

チャンピオンズリーグ2度優勝

98年W杯ベスト4、ユーロ2000ベスト4.

 

ファンデルサールのプレイはこちら。

 

出典: デ・ヘアの先輩!エトヴィン・ファン・デル・サール★スーパーセーブ集!David de Gear seniors! Edwin van der Sar ★ super save collection! - YouTube

 

この2人のGKは間違いなくワールドクラスだと思うし、世界歴代GKでも

ベスト10~15には確実に入ると思うんですが、ファーガソンさんいかがでしょうか?

 

 

DF部門

うーん、残念ながらこの部門は該当者なし。

凄い選手はいるんですが、ワールドクラスとなると‥‥‥

という感じですかね。

 

 

MF部門

うーん、ここもスコールズとギグス以外ってなると該当者ないかも‥‥‥

ベッカムもチャンピオンズリーグこそ優勝してるけど、代表の成績はそれほどでもないしなー。

 

残念!!

 

FW部門

僕個人としてはファンニステルローイはワールドクラスかなーとも思います。

チャンピオンズリーグでも3回得点王になってますし、

イングランドでもスペインでもリーグ優勝に貢献している。

 

ただね、いかんせん

チャンピオンズリーグと代表での成績がなー‥‥‥

 

個人としてはすごい選手だと思うんですが、

頂点までチームを導いたことがないのでね。

 

うーん、悩みどころです。

一応次点扱いにしておきます。

 

 出典:ベッカムと最強のマンチェスターユナイテッドを築き上げたルート・ファンニステルローイの怪物ぶりがやばすぎる! - YouTube

 

 

FWにカントナとクリスチャーノロナウドが入るとすると、

他には該当者なしかな。

凄い選手はいるけど、ワールドクラスとなると‥‥‥という感じですね(>_<)

 

 

※ちなみにカントナもプレミアリーグは制していますが

代表やチャンピオンズリーグではそこまでの成績を残していません。

彼の場合、単純にプレーがすげぇという事でファーガソンが選んでいるんだと思います。

 

スコールズとギグスは代表の結果こそふるいませんが、チャンピオンズリーグ2回制しているので、実績としては素晴らしいですし、長くユナイテッドを支えたということも

加味してのことだと思います。

 

というわけで、歴代の選手を振り返ってみた結果

僕なりのユナイテッドワールドクラスの選手はこうなりました。

 

・ピーターシュマイケル

・エドウィンファンデルサール

・ポールスコールズ

・ライアンギグス

・エリックカントナ

・クリスチャーノロナウド

 

というわけで、そんなにファーガソンの意見と変わりませんでした(笑)

ただ、ゴールキーパーの2人は僕の中ではぜひ入れておきたい。

 

『ファーガソンさんよ、あんたこの2人に随分救われただろ??』

と心の中でつぶやいておきます。

 

でも、こうやって過去の選手の成績とかプレーとか振り返るのって面白いですね♪

YouTube見ているだけでも興奮してしまいました。

 

 

まさに、時間があるニートだからなせる業‥‥‥

 

ということで、今回は以上になります。

サッカー好き以外は置いてけぼりになってしまいましたが、

たまにはこういう記事も楽しくていいなぁ。

 

 

機会があればまたやってみたいなと思います♪

 ※もしYouTubeの動画貼るの禁止だったら言ってください(^^

直ぐに外しますので!!

 

 

それでは次回もよろしくお願いいたします!!