ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

漫画好きなら漫勉は見た方がいい。

どうも、ラッキーマンです。

 

最近録画して欠かさず見ている番組があります。

 

それがこちら

www.nhk.or.jp

 

『浦沢直樹の漫勉』

 

 

『YAWARA』『20世紀少年』等でおなじみの浦沢直樹さんが

色々な漫画家の方と、撮影した漫画制作の映像を見ながら色々と語る番組です。

 

この番組の特徴として、相手の漫画家の方の普段の制作現場が覗けてしまうこと。

 

色々な角度に固定カメラ+カメラマンを配置し、映像を撮っているので

・キャラクターをどうやって描いているのか

・どういう制作現場なのか

が丸裸になります。

 

漫画家さんの真上にも固定カメラが設置してあるのですが、

この映像が特に面白いです。

 

下書きの書き方やどういう風に書き始めるのか。

どの部分にこだわりがあるのか。

 

各漫画家の方の個性が見て取れますね。

 

僕は漫画家でもないし、漫画なんて描いたことがない

ただの漫画好きですが、そんな僕でも

『へーっ、そうやって描いてるんだ』

『あのキャラってああやって生まれたんだな』

という発見が沢山あり、毎回見るのがとても楽しみです。

 

 

僕はどの漫画家さんの回も面白いなと思ったんですが、

一番興味深かったのは

さいとう・たかをさんの回ですね。

 

さいとうさんはあの有名な

『ゴルゴ13』の作者です。

 

僕ね、ゴルゴ凄く好きで、

結構前まで家に100冊以上あったんですよ。

(今はスペースの関係上家にはありませんが)

 

ある程度パターンは決まっているんですが、

何回見ても飽きない。

 

それに、フィクションではあるけど

現在の時事問題とかよく描かれていて

凄く勉強になったりします。

 

書き始めるとゴルゴの記事になってしまうので、ここでは省略しますが

いつかブログでゴルゴについても書いてみたいと思います。

 

実際ゴルゴをさいとうさんが描く映像があるんですが、

最初は全然ゴルゴになりそうにないんですよ。

 

一瞬ですが、

『これなら俺でも描けんじゃね?』なんて思ったりして(笑)

 

 

でも、時間が経つにつれて徐々にゴルゴになっていくんです。

細かい線を足したり、輪郭を変えたりすると普段読んでいる

あのゴルゴになっていくんです。

 

その過程を見て僕は感動しまして、もう単純に

『ゴルゴになった!!』と驚いてしまうわけです。

 

そんな驚きを毎回得られる番組。それが『漫勉』

漫画好きの方にはぜひ見てほしいし、そうでない方でも楽しめる番組だと思います(^^

 

まだ見ていない方はぜひご覧ください(^^

www.nhk.or.jp

それでは次回もよろしくお願いいたします。