ニート気質な僕の生きる道

仕事を辞めて無職でニートになった僕がどう生きていくのかを綴った日記です。またニートやひきこもりなどなかなかうまくいかない人が一歩踏み出せるような、後押しができるような記事も書いていきたいと考えています。

スポンサーリンク

ニートがストレングスリーダーシップで自分がどんなタイプなのかを調べてみた。

どうも、ラッキーマンです。

 

ニートとか引きこもりになると、

『自分って何者なんだろうか??』

『自分って何が得意で何が出来るんだろうか?』

なんて事を考えることもあると思います。

 

 

僕も大学を卒業してすぐのころは自己否定に日々を送っていたの当時に

『自分って何??』

 

というまるで哲学者が考えるようなことを日々自問自答した物ものでした。

まぁ、自分が何者か??という答えは一生でないんだろうと思うんですが、

『自分がどんなタイプでどんなことが得意なのか?』

 

というのは最近だいぶ把握できるようになってきました。

 

今回はまだ

『自分がどんなタイプで何が得意なの分からない』

という方にオススメの本を一冊紹介したいと思います。

 

実は僕もこの本でだいぶ

『自分ってこういうタイプなんだな』

というのを明確化することが出来ました。

 

その本がこちら。

タイトルにあるように、リーダー向けの本かと思いきや、

リーダーとかそんなことは関係なく、

『自分がどんなタイプの人間なのかを把握する』

のにとても役立つ本です。

 

 

この本の特徴はとにかく人の

『強み』に注目していること。

 

 

色々な強みを持っている人が世の中にはいますが、

それぞれの強みごとに

・どうチームを率いていくのか

・ある強みを持つ人をどう率いればいいのか?

 

という事を具体的に教えてくれる本です。

 

 

『人を率いる??じゃあ自分には関係ないね。』

そう思う方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

 

別に、人を率いたりしなくてもいいんです。

 

 

自分の強みを活かしつつ人と接するための方法を学ぶという事だけでも

とても価値のある本だと思います。

 

 

また、意外と自分の強みを把握しておらず、

苦手であったり、自分の弱い部分を活用してしまって

何をするにも効率が悪くなってしまうような方にもおすすめです。

 

 

弱みはいくら鍛えても弱みなわけで、それを強みに変えることは出来ません。

でも、自分の強みをある程度把握することが出来ていれば、

あなたは自分の強みを活かし、何事も積極的に取り組むことが出来るでしょう。

 

 

さらに、この本に記載されているネットのページにアクセスする事で、

自分の強みは何なのか?その強みはどういう特性があるのか?

を明確に把握することが出来ます。。

 

 

ちなみにこのテストでは自分の強みを5つ教えてくれるのですが、

僕の場合

 

①内省

②学習欲

③最上志向

④調和性

⑤収集心

 

という5つの特性があるそうです。

 

簡単にまとめると

考えることが好きで、学ぶことが好きで、優秀でありたいと思い、対立ではなく調和を求め、情報や知識、物などを集めたがるのが僕だといえます。

 

確かに当たっているなぁという部分ばかりで驚いてしまったのですが、

こういった強みを知ることは、今後自分がどういうものを目指すべきなのかを考えたときの指標になると思います。

 

もちろん、100%合っている人ばかりではないと思います。

 

ただ、この本の出版者たちは、70年以上人間の行動を研究し

起業のリーダーたちのコンサルティングをしてきた、コンサルティング会社に所属し、

過去の膨大なデータをベースにしてこの本を作成しています。

 

ですので、あなたの強みをかなりの高い確率で当ててくれることでしょう。

 ぜひこの本をうまく活用し、ご自身の強みを把握してみてください(^^)

 

 

※ちなみにですが、いつもであれば

『お金のない人は図書館で借りましょう』と僕もおすすめするのですが、

この本で紹介しているネットのページで強みを知るためにはアクセスコードが必要でして、そのコードは1冊に1つしかありません。

 

つまり、中古で買うなり、借りたりしても、そのページにアクセスできない可能性が高いです。

 

その為、もし自分の強みを知りたいという方であれば

新品を買っていただくしかありません。

 

その辺りはご了承ください。

 

ただ、何度も言いますが、自分の強みというものをあ把握するという事は

今後の人生において大いに役に立ちますので、ぜひご覧になってみてください♪♪

それでは次回もよろしくお願いいたします。